見出し画像

2020年3月14日(土)17〜19時 「本と暮らす/本で生きる」 tsugubooksとlighthouseの作戦会議

とても楽しみなイベントの開催が決定しました。さまざまな本の活動をしているtsugubooksさんを小屋にお招きして、いろいろお話ししてもらう、そして僕らはそれを聴いて自分の生活に落とし込む、という催しです。はやくも本音を言ってしまいますが、いちばん楽しみにしているのは店主です。いちばん生活に落とし込もうとしているのは店主です。ぐへへ......。


概要

日程:2020年3月14日(土)17:00~19:00
場所:本屋lighthouse店内
定員:5人
参加費:500円(当日現金支払い)
申込方法:メール(books.lighthouse@gmail.com)またはlighthouseのツイッターへDM


tsugubooksさんの活動は一言で紹介できるほどの質・量ではないのですが、間借り本屋住み開き本屋の2つは外せないかと思います。間借り本屋はここのところ数も増えてきていますが、僕のなかではtsugubooksさんが嚆矢のような感覚でいます。数年前、まだ学生だった頃に存在を知って「ほげー!」と驚いた記憶があります。そんなやりかたがあったとはー!!

そしてその間借り本屋をグレードアップさせたかのような住み開き本屋。これはもう全本好き民の夢なのではないか。生活のなかに本がある、というレベルをもはや超えている......。

とはいえ楽しい話だけではないでしょう。実際に間借り本屋や住み開き本屋を運営していくなかでの苦労や課題などもお話ししてもらいます。お金の話も赤裸々にしたい、と言ってましたし。自分も間借り/住み開きをやってみたい、というひとは必聴かと。

また、間借りと住み開きをさらにグレードアップしたかのような取り組み、というか「生活」である、読む団地についても詳しくお話を聴ければと思います。個人的に店主が楽しみにしているのはこれです。この仕組み、というか生活、店主もやってみたいし、なんなら運営する側にまわりたいので。幕張に読む団地作りてぇ......。カネェ......。

参加者の皆さんより店主のほうが前のめりになっている自信があります。ああ楽しみだ。ぐへへ......。

(ここであらためてイベントタイトルをご確認ください。)
(ということで店主も登壇側なので小屋のことについてもちゃんと話します、たぶん...たぶんね......)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

本の仕入れ代金、つまりより多くのステキな本をより多くの読者の皆さまに届けるために使います。「恩」と「本」は回します。返すのはたまに。

おすすめ本⑦『主婦病』(森美樹)
7
千葉市幕張の本屋lighthouse(ライトハウス)の店主です。だいたい本のことを書きます。たぶん。webサイト(永遠のアンダーコンストラクション)→https://books-lighthouse.wixsite.com/shortstop
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。