「ブレーク・イーブン・パーセンテージ(2)」The Logic of Sports Betting Part1-2 (和訳)
見出し画像

「ブレーク・イーブン・パーセンテージ(2)」The Logic of Sports Betting Part1-2 (和訳)

ブックおじさん

The Logic Of Sports Betting 連載4回目

ベッター向けお勧め本「The Logic Of Sports Betting」の和訳記事です。

<過去の連載はこちら>
Vol1. イントロ
Vol2. スポーツベッティングはマルチプレイヤーゲーム
Vol.3 ブレーク・イーブン・パーセンテージ(1)

全3部作の当書のパート1「BETS AND BOOKS」ではスポーツブックを徹底的に検証しています。

今回のテーマも前回に続き”ブレーク・イーブン・パーセンテージ”についてです。

話はオッズ表記についてやホールドについてがメインとなっております。当書はアメリカのスポーツブックについて書かれているため、我々日本人ベッターにあまり馴染みのないアメリカンオッズで話が進んできました。今回は日本人ベッターがメインで使用しているデシマルオッズや欧州で使用されることの多いフラクショナルオッズの紹介がされております。

また、ホールドの計算についても事例を交えて解説してくれておりますので、しっかりと理解をしておきたいところです。

※翻訳に関して:当方は専門家ではありません。機械翻訳と人の目によるチェックでニュアンスは伝わるように和訳しておりますが、所々粗い訳もあります。事前にご了承下さい。

用語集

各連載ごとに出てくる用語を極力拾い解説する用語集です。もし、読み進めていき用語集に出ていない言葉で理解できない用語あればご連絡下さい。リストに順次追加していきたいと思います。

・フェイバリット
勝者になる可能性が高いと見なされているチーム。または選手。(⇔アンダードッグ)

・アンダードッグ
勝ち目がないと思われているチーム。または選手。(⇔フェイバリット)

・ホールド
ブックメーカーが設定するベットを行うための手数料。ジュースやコミッションも同じ意味。

・プッシュ
スプレッドを加味した後の結果で引き分けになること。その場合は、賭けた金額が返金となる。

・スポーツベッティング
スポーツへ合法的に賭けをすること。全世界で330兆円規模(世界のスポーツ興行市場の14倍)の市場規模を誇る。欧州では発祥のイギリスを中心に人々の生活に根付いており、アメリカでは2018年に米国最高裁判所が法的解釈を変え、禁止が覆されたことで各州で解禁が進んでいる。日本も解禁に向け新経済連盟などが政府へ提言をしている。

・スポーツブック
ブックメーカー。スポーツベッティングを提供しているサイト・企業のこと。当書内ではスポーツベッティングと近い形で使用されている。

ブックおじさん's check point

画像1

記事を読み進める前にちょっとしたチェックポイントをおじさんの視点からお届けするコーナーです。

・アメリカンオッズとデシマルオッズは最低限当書を読み進めるにあたって理解しておきましょう。
・ホールドはスポーツブックやマーケット、タイミングによって異なっています。一番ホールドの低いスポーツブックやマーケットは何か考えてみてください。
・あなたが良いベッターになるためには、ホールドを意識することは避けては通れません。

The Logic Of Sports Betting(和訳)

Part1-2 BETS AND BOOKS

デシマルオッズとフラクショナルオッズ

私たちアメリカ人は人と違うことが好きです。私たちは、インチ、ポンド、パイント、華氏が好きです。

世界の他の国々は、私たちのことを少しおかしいと思っています。

世界の他の国々が、私たちのスポーツベッティングのやり方を少しおかしいと思っていることは、驚くべきことではありません。

アメリカのオッズシステムの代わりに、デシマルオッズとフラクショナルオッズという2つのシステムを使う傾向があります。

アメリカでもこれらの形式を目にすることがありますので、少しだけご紹介します。

デシマルオッズは、1.9、2.5、6などの1つの数字で表示されます。この数字が意味するのは、1ドルを賭けて勝利した場合に回収できる金額(賭け金を含む)です。つまり、1ドルを2.5倍に賭けた場合、元の1ドルに1.5ドルを加えた2.50ドルが勝利した際の賞金となります。

したがって、2はイーブンマネー・ベットを意味します。

1と2の間の数字はフェイバリットを表します。また、2以上の数字はアンダードッグを表します。

アメリカの「標準」である-110は、デシマルオッズでは1.91です。また、+230は3.3となります。

デシマルオッズの良いところは、ブレーク・イーブン・パーセンテージを求めるのに、その逆数を取るだけで良いことです。

1.91のブレーク・イーブン・パーセンテージは、1 / 1.91 = 52.4%です。3.3のブレーク・イーブン・パーセンテージは、1 / 3.3 = 30%とといった具合になります。

このように、プラスとマイナスの計算式を使い分ける必要はありません。フラクショナルオッズについては、すでにご存知のことと思います。

7/4のオッズというのは、4(分母)を賭けると7(分子)を獲得できるという意味です。アメリカでは、7/4は+175です。デシマルオッズでは2.75となります。

フラクショナルオッズでは、-110を10/11と表現します。

以下は、いくつかの数字について、これらすべてのオッズ形式を同等の損益分岐点パーセンテージに変換したクイックリファレンスチャートです。

画像2

More on Hold

ブックは、賭け金をいくらで購入し、いくらで販売するかのスプレッドであるホールドを介して収益を得ています。

もしあなたが多くのスポーツベッターのように、悪い賭けの中から良い賭けを見つける能力がないのであれば、このスプレッドの大きさを見ることで、それぞれの賭けでどれくらいの損失が予想されるかを簡単に見積もることができます。

ほとんどのスポーツブックでは、ブラックジャック、ビデオポーカー、クラップスなどの他のギャンブルや、ルーレットのような比較的プレイヤーに優しくないゲームと比較して、このホールドが最初は衝撃的に大きく見えることに注意してください。

標準的なホールドを例にとると、ほぼ50対50のベットのどちらかのサイドが-110となっています。110のブレーク・イーブン・パーセンテージは、110/210=52.4%です。

もう一度ホールド率の計算をしてみると、あるブックがこのマーケットのどちらかのサイドに110ドルのベットを2つ取ったとします。どちらが勝っても、勝った方に100ドルを支払い、負けた方から110ドルを受け取り、合計220ドルのベットに対して10ドルの利益を得ることになります。

したがって、この「標準的な」マーケットのホールドは、10 / 220 = 4.5%となります。

参考までに,ブラックジャック,クラップス,バカラ,ビデオポーカーなどのゲームで,それなりに上手にプレイした場合のホールド率(同様の方法で計算した場合)は,1〜3%の範囲です。

もちろん、ブラックジャックの1ハンドは30秒ですが、スポーツベットの場合は1ゲーム中ずっとアクションを起こし続けることができます。

ですから、これらのタイプのギャンブルを比較すると、リンゴとオレンジの関係になってしまうのは確かです。

しかし、これが意味するところは、スポーツ・ベットでダーツを投げたとしても、それは素晴らしいギャンブルではないということです。

かなりの確率で負けることになるでしょう。

もしあなたが他の人(スポーツブックの従業員を含む)よりもはるかに優れたプレイをすれば、このホールドを無効にして、あなたの側に有利にすることができるのです。

また、スポーツベッティングのホールドにはもう一つの特徴があります。

上の計算は、あなたがベットをプッシュしないことを前提にしています。スポーツブックはプッシュの際にベット全額を返しますので、プッシュの回数が増えるとスポーツブックのホールドは下がります。

NFLの試合で-3.5のベットと-3のベットを比較してみましょう。3.5のベットはプッシュしないので、-110の価格となり、ホールドは4.5%となります。

しかし、-3のベットはプッシュします。

議論のために、10%の確率でプッシュするとします。もしあなたが-110の-3にアドバンテージなしで$110を賭けた場合、45%は$110を失い、45%は$100を獲得し、10%は$0の勝利でお金を取り戻すことになります。

$110の平均的な結果は、

EV = 0.45 × -$110 + 0.45 × $100 + 0.1 × $0 = -$4.50となり、ベット額の4.5/110 = 4.1%の平均的な損失となります。

3点でベットを押すチャンスがあることで、ホールド率は4.5%から4.1%に下がりました。

もしあなたがスポーツブックでランダムにベットしているのであれば、プッシュのチャンスはあなたの助けになります。

もし、あなたが優位に立っているなら、それは不利になります。どちらにしても、気をつけなければなりません。

最後に、アメリカのスポーツブックはマーケットによってホールドが異なり、同じ日の同じスポーツでも試合ごとにホールドが異なることがよくあります。

その理由の一つは、アメリカのオッズシステムの特徴にあります。スポーツブックは、ホールドをアメリカのオッズの「セント」で計算することが多いのです。

例えば、NHLの場合、「20セントライン」となっていることがあります。もし、両チームが互角であれば、それぞれ-110となり、ホールドは上記で計算した4.5%となります。

しかし、片方のチームが人気のあるチームであれば、そのチームは-150、劣勢のチームは「20セント悪い」、つまり+130の価格がつけられます。その場合のホールドは3.4%となります。4.5%と3.4%では大きな違いですね。

ブックはこの効果を当然知っているから、このようなブレークはある程度までしかしてくれない。

しばらくすると、彼らは-200や+170といった「30セント」のラインに切り替える。そして、片方の人気が高くなると、-300や+250といったセントをどんどん追加していくのです。

繰り返しになりますが、セント単位での計算は不正確です。スポーツベッティングに真剣に取り組みたいのであれば、自然に身につくまで、これらすべてのマーケットにおけるホールド率を自分で計算する必要があります。

勝ちたいのであれば、3%のホールドと5%のホールドの違いは非常に大きなものです。試しに、-200/+170と-300/+250のマーケットで、私が説明した方法を使ってホールドを計算してみてください。

これをやってみると、ホールド率に大きな差があることがわかります。MLBの-160/+150のマーケット(1.5%のホールド)やプロップの-120/120のマーケット(8.3%のホールド)があるかもしれません。

各マーケットのホールド率を把握することは、良い賭けを見つけるための第一歩です。

Miller, Ed; Davidow, Matthew. The Logic Of Sports Betting (p.24-29). Kindle 版.

(次回へ続く)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ブックおじさん
普通のサラリーマンが副業でNBAベットやってます。NBAベットとはNBAを中心にブックメーカーを嗜むこと。推しチームは西はクリッパーズ、東はセルティックス。推しメンはクリス・ポールです。 ブックメーカーやスポーツベッティングに関する事、NBAの予想などをnoteに投稿しています。