見出し画像

人をバカだと思う時は、人にバカにされるようなことをしてみる


どうも、やさぐれたアルパカです。

今日もビールを飲みながらやさぐれています。

すみません、嘘をつきました。
ビールでなく発泡酒でした。

しかし、貧乏をするというのは恐ろしいですね。
今はビールを買えるくらいの収入はあるんですけど、スーパーに行くとやはり発泡酒に手が伸びます。しかも、P Bを買ってしまうことが度々あるという、悲しい中年の独り身です。

なんで、こんな人生になっているのだろう?

今日は反省をしています。

なんかね、僕は人をバカにしてきたんですね。
そんなことに気づきました。


人が人をバカにしてしまう理由

言い訳をすると悪気はなかったんです。
口の利き方が、人をバカにするように聞こえるんですね。
と言いたいのですが、実際に人をバカにしていたと思います。

本当に、バカだったなと思います。

40代まで、自分が賢いと思っていたので、必然的に相手を馬鹿にしてしまうわけです。

実際に賢いのかというと、そんなことはありません。
仕事もうまく行ってなかったし、何より貧乏でした。

で、今日は人をバカにする人の特徴と心理を考えてみたいと思います。


人をバカにする人の特徴

賢くないのに自分を賢いと思う人の特徴は、

ひとつめ
何かに不満がある

不満があるから、人に当たるわけですね。

ふたつめ
口が達者だということです。

それっぽいことを言う。

要は、何かに不満があって、口が達者な人が人を馬鹿にするわけです。
まさに、俺。

で、どんな心理かと言いますと、

自分が正しいと思っている。
これは明かな勉強不足ですね。

さらに、能力は生まれつき備わっているもので、後天的に上がるものではないと思っています。


で、自分に能力が備わっていると錯覚するので人を見下すのです。

結局のところ、大して努力もしていないから結果も出ていないのに、自分には能力があると思っているので、人を見下すしかないんですね。まさに、俺。

ということで、人を馬鹿にしていると気づいたら、自分は馬鹿だなと思う方がいいですね。


「人をバカという人の方がバカだ」ということわざもありますね。

人生、人をバカにするよりもバカにされる方がいいです。

実際、大きな物事を成し遂げる人は、たいてい「バカじゃないの」と言われています。
しかし、彼らは自分の能力に限界を感じていないんですね。人が無理だと思うことをやれると思ってしまう。これ、すごい才能ですね。

もちろん、能力の限界にチャレンジするのですから失敗します。失敗をしたらバカだなと言われます。それでもへこたれないんですね。

これすごいことですね。

ということで、今日の結論は
人をバカにしたくなったら、バカにされるようなことにチャレンジしてみる。

これ、結構いいですよ。
人生に飽きないですから。

では、明日もやさぐれず、気持ちのいい1日を。

YouTubeでもお話をしています。

ぜひ、チャンネル登録といいねボタンをお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
株式会社 経営戦略パートナーズ代表。

こちらでもピックアップされています

やさぐれたアルパカ
やさぐれたアルパカ
  • 5本

昼間コンサルタントとして仕事をしている50歳のおっさんが、夜はお酒を飲みながらやさぐれたアルパカになって人生について語ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。