見出し画像

人に好かれるためには、距離をコントロールしよう


どうも。やさぐれたアルパカです。

昼間の僕はコンサルタントっていう仕事をしておりまして、

色んな企業さんにお邪魔しております。

そこでは、毎日色んなことがあります。

そのたんびに、色んなことを考えて提案して
問題をなんとか収めるのが僕の仕事です。

で、仕事終わって夜になると、
アルパカになって、やさぐれた話をしています。

50歳のおっさんです。
しかも、独身。


今日のテーマは人に好かれるということですね。


僕はあまり人に好かれていません。
やさぐれていて、ひねくれています。

多くの人は人に好かれたいと思うようですね。
ひねくれてはいますが、僕も例外ではありません。

そこで調べました。

すると、理論的に人に好かれる方法というのはあるようです。

人に好かれる人とは、次のような人のことのようです。

・裏表がない
・オープンな性格で話やすい
・悪口や噂話をしない
・率先して物事をする
・自分の話よりも人の話を聞く
・笑顔である

要は、性格のいい人ですね。

しかし、アルパカは性格がよくありません。

で、さらに調べました。

すると、性格をよくする方法というのがあったのです。

メンタリストのDaiGoさんが話している、
他人に親切にしたことを思い出すということです。

その日の出来事を思い出すと、だいたいが嫌なことをされたことを思います。
そんなことを繰り返していると、性格が悪くなりますわね。


ただ、人に好かれる人というのは、
都合のいい人になってしまうこともあります。


いい人を演じるのもつらい


実際、いい人を演じて心の病気になる人も多いわけです。

円滑なコミニュケーションというのは、
人に嫌われない
かつ、適度に好かれる
好きになって欲しい人に好かれる

注意しておくと、愛ではないですよ。
アルパカは、恋人の作り方とかわかりません。

それは僕が教えて欲しいくらいです。


アルパカが人に好かれていないけれど、嫌われていない理由

僕はそんなに人に好かれているわけではありません。
さりとて嫌われているわけでもありません。多分。

なぜかというと、距離で調整をしているからです。

たとえば、犬のうんこが道端に落ちているとします。それが10メートル先なら気付かないかもしれないし、気づいても汚いとは思いませんね。しかし、距離を短くして行くと汚いという気持ちが強くなる。


好き嫌いは距離に比例します。

たとえば、週に1回顔を合わせる恋人はそんなにケンカをしない。
しかし、結婚をして毎日一緒にいるようになるとケンカをし始める。

ので、不倫とかしてしまう事ですが、
同じことが起こります。

釣った魚に餌をやらない。
どんどん餌を欲しがる。
価値観が違うとかになる。

人に嫌われない人というのは距離の取り方が上手。

気持ち悪がられたら離れる。
気持ちが悪いと感じたら離れる。


仕事の距離
友人の距離
恋人の距離
結婚の距離

人に好かれたいと思ったら、性格をよくするのか
距離を保つ

やさぐれている人は、性格が悪いか
距離感を誤っている人が多い。

では、適度な距離で今日もよい1日を。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
株式会社 経営戦略パートナーズ代表。

こちらでもピックアップされています

やさぐれたアルパカ
やさぐれたアルパカ
  • 5本

昼間コンサルタントとして仕事をしている50歳のおっさんが、夜はお酒を飲みながらやさぐれたアルパカになって人生について語ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。