見出し画像

9/15渋谷GARRET +ライブ撮影について

Summer of Deception FEST2019、ありがとうございました。あれだけのバンドを集めてイベントを行うVictim of Deception、ただただ敬意を表するしかないです。本当にスゴい。

画像2


セットリスト

画像1

セットリストを事前公開していると、迷い(直前になっての「やっぱり2曲目は〇〇に変えるか?!」みたいな)が排除されるので最高です。自然とライブへの集中力が上がる。


セッティング


弦:WARWICK / RED LABEL / 45-135/ ニッケル弦
ピック:Ibanez / ELASTOMER(BEL18HD12)


エフェクターボード

画像3


アンプ

画像4

例によって本番前転換につき、ケーブルが整理前ですいません…!

転換中、ラインチェックを兼ねてマスターを0にしていたんですが、0から戻し忘れたまま本番を始めてしまいました(!)。※画像は0にする前の。

その結果2曲目くらいまで、ベースの中音鳴っていませんでした。外音のベース音だけでも十分聴こえて快適だったので、気づかなかったという…。

自分のシステムは、アンプのボリュームが外音に干渉しないので、こういうときにストレスを感じなくて助かります。


🌠ライブ撮影について

最近、お客さんの携帯を借りるのにハマり中。オンリーワンな映像になるから喜んでくれるかな? と思ってやってます(携帯の選択は無作為)。

SBTWはライブ撮影OKです。タグ付けしてくれれば、なるべく反応するようにしてます。

※撮影NGなバンドもいるので、イベント/バンドごとにご注意を

言及をあまり見たことないですが、ライブ映像には、見えなかった人のために「ステージで何が起きていたのか」を補完してくれる役割もあると思います。

あと、携帯の画面が、後ろにいる人向けの「簡易モニター」になることも。

特に今回のようなソールドの日にその意味を感じる。角度的に見えないときもあれば、人がいっぱいゆえモニターで見るしかないときもあるから。

「近くで見たいけど遠くで見たい人」もいるでしょう。ライブ後に見て余韻に浸ることもあるでしょう。「第三の目」として撮っている人もいるでしょう。

これからも(ルールの範囲で)好きなように楽しんでもらえたら嬉しいです。


祝120,000回再生突破!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

▼無料コラムが20本ほど読めます https://note.mu/bitokubass/m/mba7555194c5f ▼使用機材と音作りをすべて解説したnote https://note.mu/bitokubass/m/mff92d4405d49

danke
2
ミュージシャン/Sailing Before The Windのベーシスト。音作りや曲作りに関するコラムが読めます。バンドのPVやライブ映像はこちら➞https://www.youtube.com/c/SailingBeforeThewind