見出し画像

2020ラグビー観戦デビュー【スポーツ】

自分にとって久々の会場でのラグビー観戦に行ってきました。

毎年1回から2回くらいは、スタジアムで、他は以前まではJsportsや、NHK各局の中継など、テレビを通じてラグビーに触れてきました。

昨年のワールドカップの盛り上がりから、今回はそのままいくかな?と思った通り、ラグビーのトップリーグの開幕戦のチケットがまさかの、ネット、電話での争奪戦。

残念ながらチケットが購入できず、その後各地へ戦いの場を移していて、やっと東京秩父宮に戻ってきた今回、観戦に行くことが出来ました。

試合内容はもちろん満足が行くものでしたが、感想として、残念なことと、感動の両方を味わいました。

感動したこと、会場の一体感、マナー。

特に、相手の良いプレーを褒める拍手には感動しきりでした。

また、普通はどちらかのチーム側に座るのがスポーツの常ですが、割とほんとに、ラグビーのファンという感じでどちらのチームを応援することなく、というのも面白かったです。

感動2。

シームレスというか、チケットラグビーさんの、LINEチケット発見と、その入場打ち消しが、ユーザー体験として、良かった。チケット確認の方のオペレーション含め、感動。

画像1

画像2

気づき。

ワールドカップに出場した選手はやはりスターになっていて、ファンがその選手目当てで集まってくる、というのは実際にある。

ラグビー経験者のパパに連れられた子供ではなく、子供がワールドカップでファンになって、家族で初めて来たパターンが結構いそうだ。

松島幸太郎選手は、子供たちのスーパースターだった。

松島と呼びつけることもなく、幸太郎くんのチームはどっち?幸太郎は出てないの?コウタローーー。

と、子供たちは、松島幸太郎選手が大好き。

Jリーグ開幕した当時の自分のような感じで、これは、ラグビーの裾野拡大にほんとに期待できるな、と感動。

残念なこと、本当にほんとに、一部なんだろうけど、ウルサイ、言葉の汚い、数人組の、しかもラグビー経験者がいて、萎えました。僕は18から観戦のみのファンなので、ルールも完璧じゃないですし、という18年くらいにわかを続けているファンですが、

去年のラグビーの盛り上がりで、背景や、姿勢を見るにつけ、プレイもして関わってきたサッカーとの大きな違いを感じていました。

名言しませんが、あぁいう残念な経験者、コアファンは、ラグビーの発展を阻害します。

しかも、試合中に電話に出て、一般のお客様と話をされていましたが、その言葉と先程までの会話とのギャップから、本当に全て残念でした。

恐らく、話の内容から秩父宮で対戦したどこのチームの関係のある会社ではなく、選手の大学時代を知っていることや、プレイのジャッジが的確かつ、素早く、恐らく経験者なのだろうと思った次第です。

個人的には、今日はサントリーサンゴリアスの外国人選手全員がすごい良いプレーをいくつも見せてくれて感動。

特に、マットギタウ選手がイカしてた。

妻が激写したペナルティキックの写真を添えて。

画像3

画像4

画像5


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
ジェフ千葉ファン(93~)。尊敬する人オシムさん、カズさん。テレビ、食、旅行、映画、英語、芸術、広告に興味。マーケティング、お笑いを少々。ファンベース、コーポレートブランディング、企業ファン、企業文化、NFC研究中。社会人13年目。さとなおラボ十期。#1000日チャレンジ中
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。