べべさんの本だより

臨床心理士、公認心理師、NPO理事。心理、社会問題など興味ある分野の本を読んで感じたことを書き留めています。noteを応援してくださる方がいれば、ぜひこちらの事業にご支援をお願いいたします。 https://tfk.yumeshokunin.org/
固定された記事

noteをはじめた理由

私がnoteをはじめた理由を簡単にまとめておく。 outputの習慣をつける。ひとつめの理由は、outputの習慣をつけるため。 手帳や日記張、ノートなど紙を買うのは好きだけど…

本だより(4)「脱・心理学」入門―10代からの文化心理学」新原将義

今回ご紹介するのは、日常の世界の「当たり前」を心理学的に捉え直そうと試みた一冊。著者は帝京大学高等教育開発センター講師で文化心理学、状況的学習論を専門とする新原…

本だより(3)「秋葉原事件 加藤智大の軌跡」中島岳志

今回取り上げるのは、2008年6月に起きた秋葉原無差別殺傷事件の加害者を題材にした「秋葉原事件」です。著者は政治・歴史学者の中島岳志氏。加害者である加藤がなぜあのよ…

本だより(2)「子どもの脳を傷つける親たち」友田明美

今回ご紹介するのは、小児精神科医の友田明美氏による「子どもの脳を傷つける親たち」です。 「親が子どもの脳を傷つける」という、なかなか刺激的なタイトルですが、虐待…

本だより(1) 「母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き」 信田さよ子

この本を手に取ったきっかけは、他でもなく私自身の母親だった。母本人から手渡されるというのは相当なプレッシャーではあるが、母自身が本書の内容を正確に受け止めていた…