BDDNEWSレター 2021.8.1 NO.50
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

BDDNEWSレター 2021.8.1 NO.50

◇◆◇新型コロナウィルス◇◆◇

【ロックダウンなの?】

画像34

 新型コロナウィルスの感染者と死者が増加する中、ダッカをはじめとする全国の通りでは、一般歩行者や車両の移動が日を追うごとに増加し、「厳格なロックダウン」が緩んでいるように見える。

 この2週間、国内では1日に200人近い死者が出ている。だが、多くの国民が健康規則を無視し、市街地の通りは人や車で混雑している。

 14日間の「厳格なロックダウン」の7日目、29日も同様だった。

 悪天候にもかかわらず、多くの人が正当な理由もなくうろうろしている姿が見られた。また、通りを走る自家用車の数は大幅に増加していた。

 政府による規制で、公共交通機関は運休している。

 朝、オフィスへ出勤する市民は、リキシャやバイク、自家用車で移動していた。長い距離を歩く人も多くいた。

 モハンマドプールからモティジールに通勤するサービス業のシャムスディン・アンワールさんは、この6日間でこれほど多くの自家用車を見たことはないと話した。

 ビジョイ・サラニ地区に駐在する交通監視員によると、イード明けに銀行やその他の緊急サービスが再開されたため、車両数が増加したという。

 「我々はランダムに車両をチェックし、家を出る正当な理由を示さなかった者には罰金を科しています。また、ロックダウンのルールに違反した多くの市民を告発しています」

 警察、緊急行動隊(RAB)、国境警備隊(BGB)、陸軍などが、市内主要地点に駐在所を設置して車両をチェックしていた。だが、複数の検問所の監視は甘かった。

 一方、警察は29日、正当な理由なく屋外にいたとして568人を拘束、移動式法廷は206人の個人と店舗に合わせて34万タカ(43.9万円)の罰金を科した。

 ダッカ警視庁交通課は431人の運転手に合計99.7万タカ(128.8万円)の罰金を科した。

 制限があったにもかかわらず、故郷に帰省していた数百人もの帰省客やサービス業の人たちが、さまざまな入口や交通手段でダッカに入り続けている。

 彼らは荷物とともに、ガブトリやトンギ、シャニラクラ 、ジャトラバリからダッカへ帰ってきた。中には迂回し、歩いて目的地へ向かう者もおり、多くの者が警察の取り調べを受けた。

 一方、悪天候にもかかわらず、数百人がドウラトディア-ポツリア、バングラバザール-シムリア間のフェリーでパドマ川を渡った。

 だが、バングラバザール-シムリア間のフェリーは正午から3時間、悪天候で運行を停止した。そのため、少なくとも600台の車両が待機していた。

 シムリアフェリーターミナルでは、政府機関の偽ステッカーを貼った自家用車に1万タカ(1.3万円)の罰金が科せられた。フェリーで川を渡ろうとしていた乗客のうち3人は送り返された。

 バングラバザールでは、フェリーの運航を停止しているにもかかわらず、ダッカ行きの乗客がフェリーに殺到した。ムンシゴンジ側にいた特派員によると、誰も健康規則に注意を払っていなかったという。

 ドウラトディア-ポツリア間フェリーでも同じような光景が見られた。

The Daily Star Jul 30 2021

【24時間の感染者数過去最多に】

画像11

 保健サービス総局(DGHS)によると、28日午前8時までの24時間、迅速抗原検査を含む5万6157件を検査した結果、新型コロナウィルス新規感染者はこれまで最多の1万6230人となった。これにより国内の累計感染者は121万982人に増加した。

 24時間の感染率は30.12%、これまで全体の感染率は15.91%となった。

 この間、237人が死亡、累計死亡者数は2万人を超え、2万16人に達した。一方、この24時間で1万3470人が回復、累計回復者は103万5884人になった。28日現在の回復率は85.54%、死亡率は1.65%となっている。

 死亡した237人は男性が149人、女性が88人。累計では男性が1万3627人(68.08%)、女性が6389人(31.92%)となった。

 バングラデシュでは昨年3月8日に最初のコロナウイルス感染者、3月18日に最初の死者が明らかになっている。

Prothom Alo Jul 28 2021

【直近1カ月の感染者数と感染率】

Source:保健サービス総局(DGHS)

直近1カ月の感染者

【新規感染者推移】

感染者数

【死亡者推移】

死亡者数

【ワクチン接種推移】

ワクチン

【検査推移】

検査数

◇◆◇写真で見るバングラデシュ◇◆◇

画像1

販売する牛を船に満載してやってきた飼い主たち:ランガマティ県

画像2

田植えに追われる農家:マニクゴンジ県ショドル郡

画像3

犠牲動物のと殺や肉の加工に使われる包丁:シレット県

画像4

数カ月間家に閉じこもっていた子どもたちはイード帰省に大喜び:コムラプール駅

画像5

イード休暇で南部地方に帰省する大勢の人:ムンシゴンジ県シムリアフェリーターミナル

画像6

雨とイードラッシュでボナニ~トンギ橋は朝から夕方まで大渋滞が続いた:カウラ橋

画像7

販売用の作物を船で運ぶ農家:ランガマティ県

画像8

イード前、人道支援を受けるため、距離を取って並ぶ人たち:ブラフモンバリア県

画像9

世界有数の高人口密度都市ダッカは「厳格なロックダウン」で閑散としている:ジャトラバリ

画像10

入場するバングラデシュ選手団:東京オリンピック開会式

◇◆◇経済◇◆◇

【賃金低水準、インフレ率上昇】

賃金低水準

 昨2021会計年度、所得の伸びが6年ぶりの低水準に落ち込んだ一方、インフレ率の上昇に伴って生活費が増加し、賃金労働者にとって大変な1年だったことが明らかになった。

この続きをみるには

この続き: 6,483文字 / 画像16枚
記事を購入する

BDDNEWSレター 2021.8.1 NO.50

BDDNEWS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
2014年からBDD(バングラデシュデジタル)ニュースというサイトを運営しています。noteマガジンでは現地新聞3社の記事をもとに、バングラデシュの今や昔がわかるコラムや記事、経済指標を載せています。