BDDNEWSレター 2021.12.1 NO.58
見出し画像

BDDNEWSレター 2021.12.1 NO.58

BDDNEWS

◇◆◇経済◇◆◇

【21会計年度GDPは34.84兆タカ】

21会計年度GDP

 バングラデシュ統計局(BBS)の暫定推計によると、昨2020-21会計年度の国内総生産(GDP)の規模は、2015-16年の新基準年に基づく現在価格で34兆8400億タカ(46兆7396億円)となった。GDP成長率は5.43%だった。

 また、新基準年換算で2019-20会計年度に2326ドル(26万7748円)だった1人当たりの所得は、2554ドル(29万3993円)となった。

 BBSは、GDP基準年を2005-06年から2015-16年に更新するために必要な作業をすでに完了した。

 23日、MAマンナン計画相は、国家経済会議実行委員会(ECNEC)に提出されたBBSの最新暫定数値を明らかにし、基準年を更新したことで、新たな地域が計算対象になったと述べた。

 「その結果、全体のGDP規模が拡大し、1人当たりの所得も増加しました」

 また、外貨準備高は500億ドル(5兆7556億円)に近づき、15歳以上の識字率は75.2%に達したことも明らかにした。 さらに、貧困率は20.5%にとどまり、平均寿命は72.8歳になったと述べた。

 マンナン氏は、コロナパンデミックにも関わらず、昨会計年度(21年度)のGDP成長率が5.43%に達し、南アジアで最も高い成長率を示したことも明らかにした。

 BBSデータによると、これまで基準年だった2005-06年から2015-16年会計年度にかけてGDP規模は19.8%増加した。また、2015-16年から2020-21会計年度にかけては17%増加した。

 昨会計年度のGDP規模34兆8400億タカの内訳は、農業部門が4兆610億タカ(5兆4480億円)、工業部門が11兆3620億タカ(15兆2427億円)、サービス部門が18兆980億タカ(24兆2794億円)だった。

 GDPに対する投資比率は30.76%、貯蓄比率は32.15%だった。

Prothom Alo Nov 24 2021

■産業別GDPシェア

Source:バングラデシュ統計局、経済関係局

産業別GDPシェア

■対GDP投資率

Source:世界銀行

この続きをみるには

この続き: 6,642文字 / 画像30枚
記事を購入する

BDDNEWSレター 2021.12.1 NO.58

BDDNEWS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。
BDDNEWS
2014年からBDD(バングラデシュデジタル)ニュースというサイトを運営しています。noteマガジンでは現地新聞3社の記事をもとに、バングラデシュの今や昔がわかるコラムや記事、経済指標を載せています。