見出し画像

BDDNEWSレター 2023.6.1 NO.94

◇◆◇進展する対日関係◇◆◇

【日本経由の米西海岸便検討】

 9月1日からダッカ-成田線を再開するナショナル・フラッグ・キャリアのビマン・バングラデシュ航空は、他の航空会社とのコードシェア便を通じて、日本経由で米国西海岸まで乗客を運ぶことを検討している。BSS報道。

 「日本経由でさまざまなルートを乗客に提供できるよう、他の航空会社との連携やコードシェア便を検討してます」
 ビマンのシャフィウル・アジム社長兼最高経営責任者(CEO)が21日、ダッカのバラカ・ババン本社で記者団に述べた。

 ダッカー成田線の週3便の運行再開に関してバングラデシュと日本の間で航空交通協定が締結された。

 ビマンは市場での競争力を高めるため、コードシェア便を通じて米国やオーストラリアなど様々なルートの運行を計画している。

Prothom Alo May 22 2023

【日本は戦略的パートナー】

ハシナ首相

 「今回の日本訪問により、バングラデシュと日本の関係は戦略的パートナーシップに到達しました。これが私たちの最大の成果です」
 シェイク・ハシナ首相は15日、4月25日から4日間の日本への公式訪問の成果について述べた。

 首相は日本、米国、英国の3カ国訪問を終えて5月9日に帰国、首相公邸で15日間に及んだ外遊に関する記者会見に臨んだ。

 ハシナ首相は東京滞在中、岸田文雄首相と投資や貿易関係の強化、電力・エネルギー分野の協力、安全保障協力、ロヒンギャなど、相互利益に関わる問題について話し合った。

 会談後は両首脳の立ち会いのもと、農業やメトロ鉄道、産業アップグレード、船舶リサイクル、関税問題、知的財産、防衛協力、ICTおよびサイバーセキュリティ協力に関する8つの協定と覚書を締結した。

 また、皇居に徳仁天皇を表敬訪問し、その後、日本ーバングラデシュ商業経済協力委員会の國分文也委員長と会談した。

 さらに、赤坂の迎賓館で、林芳正外務相やJICAの田中明彦理事長、ジェトロの石黒憲彦理事長、日本ーバングラデシュ友好連盟会長の麻生太郎氏とも会談した。

Financial Express May 16 2023

【日本とB2Bイベント開始】

 22日、ビジネス拡大を目的としたバングラデシュと日本の1週間にわたる企業間(B2B)マッチングイベントが始まった。

ここから先は

6,262字 / 24画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?