見出し画像

BDDNEWSレター 2021.4.1 NO.42

◇◆◇地域経済圏◇◆◇

画像1

 バングラデシュは地域の社会経済発展のため、隣接したインド、ブータン、ネパールとのBBIN(各国の頭文字)イニシアティブという枠組みを作っている。これまで定期的な会合を開き、交通や発電、水資源管理、関税見直し、貨物輸送、自動車協定など、話し合ってきた。

 一方、バングラデシュはベンガル湾の中心地でもある。昨年6月にはシンガポールとマレーシアを結ぶコンテナ船を就航させ、3月からは新たにスリランカと航路を結ぶ。

画像2

 さらに、ベンガル湾沿岸国と隣接地域の7カ国で構成される「BIMSTEC(ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ)」メンバーでもある。

 今回、BBINイニシアティブなど地域経済圏や各国とのかかわりについて、以前のニュースを含めて取り上げてみたい。

【BBINの位置関係】

BBIN地図

【BBIN各国の一般データ】

BBIN一般データ

【ネパールに水力発電所提案】

この続きをみるには

この続き: 10,008文字 / 画像33枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
各ニュース項目ごとに、関連ニュースの再編集やまとめ、グラフや図など使っていますので、翻訳ニュースだけの無料版では読めないマガジンになっています。

BDDNEWSレター

月額1,000円

バングラデシュの現地新聞3社(Prothom Alo、The Daily Star、Financial Express)からニュースや写真…

または、記事単体で購入する

BDDNEWSレター 2021.4.1 NO.42

BDDNEWS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもおねがいします。
1
2014年からBDD(バングラデシュデジタル)ニュースというサイトを運営しています。noteマガジンでは現地新聞3社の記事をもとに、バングラデシュの今や昔がわかるコラムや記事、経済指標を載せています。