BDDNEWSレター 2022.4.15 NO.67
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

BDDNEWSレター 2022.4.15 NO.67

BDDNEWS

◇◆◇ラマダンとイード◇◆◇

【織物工場イードに期待】

 新型コロナウィルスが一段落したことで、国内織物工場はバングラデシュ最大のショッピング・シーズンである「イード・アル・フィトル」での大幅な売り上げ増加に期待している。

 イード祝祭は今年、ベンガル新年の「ボヘラ・ボイシャク」と重なった。そのうえここへ来て感染者は激減、国内消費者のほとんどがイードのために衣服を購入するので、ここ数年不調だった売り上げが取り戻せる可能性は非常に高い。

 衣料品工場は来週始まる断食月(ラマダン)第1週に完成品を供給できることを目標としている。そのため、紡績工場はラマダン開始の2カ月以上前から織物工場に糸を売り始める。

 通常、織物工場はサリーやルンギ、サルワールカミューズ、ズボン、シャツを作るための素材を、イード・アル・フィトル前日までに2500億タカ(3463億円)程度販売する。

 バングラデシュ織物工場協会(BTMA)のモンズール・アーメドCEOは、このうち約150億タカ(208億円)分が「ザカート」として寄付されると述べた。

 ザカートとは、イスラム教徒が毎年、富の一定割合を慈善活動に寄付する義務をいう。

 「全面的な経済再開のおかげでこの半年間、売り上げは上昇傾向にあります。コロナ状況が改善されたこともあり、今年のイード売上に大いに期待しています」

 サリーやルンギを多く販売する衣料品メーカー、アマナト・シャウ(Amanat Shah)グループのヘラル・ミア会長は述べた。

 昨年はボヘラ・ボイシャク向けに作られた製品の35%が売れ残ったが、今年こそはすべての商品の売り切れを期待している。

 BTMAのモハンマド・アリ・ココン会長によると、バングラデシュの布地の年間消費量は69.2億メートル、売上は90.2億ドル(1兆713億円)で、一次織物産業で200万人の直接雇用があるという。

 だが、4月14日のボヘラ・ボイシャクはラマダン中であるため、売上が完全に回復しない可能性がある。

 衣料品販売業者は通常ボヘラ・ボイシャク前に150~200億タカ(208~277億円)売り上げるが、ラマダンのため40%程度になるとの予測もある。

 一方、糸価格高騰が一次織物産業の頭痛の種として浮上してきた。

 紡績工場は需要急増に伴う国際市場での綿花価格上昇のため、8月以降、糸の価格を60%引き上げた。

 ロシアとウクライナの戦争によるサプライチェーンの混乱で、先週、綿花価格が10年ぶりの高値になったため、さらに値上がりする可能性もある。バングラデシュでは国内生産が乏しいため、綿花を世界市場に頼っているのが現状だ。

 その結果、多くの家内工業や小規模織物工場、染色工場が、事業回復にもかかわらず、経営に苦慮している。

 「綿花の高騰は衣料品事業の収益性に影響を及ぼしています」

 前述のヘラル・ミア会長は述べた。

The Daily Star Mar 29 2022

【ラマダン始まる】

この続きをみるには

この続き: 7,715文字 / 画像30枚
記事を購入する

BDDNEWSレター 2022.4.15 NO.67

BDDNEWS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
BDDNEWS
2014年からBDD(バングラデシュデジタル)ニュースというサイトを運営しています。noteマガジンでは現地新聞3社の記事をもとに、バングラデシュの今や昔がわかるコラムや記事、経済指標を載せています。