BDDNEWSレター 2022.4.1 NO.66
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

BDDNEWSレター 2022.4.1 NO.66

BDDNEWS

◇◆◇新輸出政策◇◆◇

【14分野優先の新輸出政策】

14分野優先の新輸出政策

 政府は外貨獲得量を増やすため、14分野を最優先で取り組む「新輸出政策2021-24」を発効させた。

 新政策は、後発開発途上国卒業後の課題の克服、第4次産業革命、研究開発活動、コロナ禍の打撃への対処をその中核に据えている。

 27日、商業省(MoC)が官報にて公表した。

 新政策は、2021年から2024年にかけての年間輸出収益を800億ドル(9兆5013億円)とする目標を掲げる。

 未開拓の輸出可能性を含む優先分野は、付加価値の高いアパレル、デニム、人造繊維、衣料アクセサリー、医薬品、プラスチック製品、靴(革・合成)、ジュートおよびジュート製品、軽工業、造船および外航トロール船、家具、ホームテキスタイルおよびインテリア、鞄、原薬・試薬品となっている。

 「輸出企業は、輸出収益の一定額を外貨預金口座に預けることができるようになる。バングラデシュ銀行(BB)はその金額を随時決定する」
 商業省は政策声明で述べた。

 新政策によると、輸出業者は回収不能な信用状または確認済み契約書に記載された金額の90%までの借入が可能となる。

 商業銀行はBBの指示に従い、この問題を優先的に扱うことになる。

 研究開発活動については、政府は輸出企業の年間売上高の一定割合を支出として認める政策的支援を行うことが可能になる。また、皮革製品輸出企業は輸出準備基金から財政支援を受けることができる。

 内閣は1月に新輸出政策を承認し、輸出の多様化、資金援助、簡素化のための期限付きの行動計画と実施戦略を策定した。

Financial Express Mar 28 2022

【先進国への医薬品輸出増加】

先進国へ医薬品輸出増加

 高品質医薬品を廉価で製造する能力が評価され、米国、欧州などの規制当局の承認を得たバングラデシュの先進国への医薬品輸出は着実に増加している。

 過去3年で米国、英国、オーストラリア、カナダ、デンマーク市場への出荷量が大幅に増加した。

 医薬品業界はこれまでアジア・アフリカ市場や国内市場に大きく依存していたため、これは大きな変化と言えるだろう。


■2019年度医薬品輸出先

Source:EBL証券 バングラデシュの医薬品産業第3版
※2019会計年度当初9カ月 単位100万ドル 

この続きをみるには

この続き: 6,882文字 / 画像25枚
記事を購入する

BDDNEWSレター 2022.4.1 NO.66

BDDNEWS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
BDDNEWS
2014年からBDD(バングラデシュデジタル)ニュースというサイトを運営しています。noteマガジンでは現地新聞3社の記事をもとに、バングラデシュの今や昔がわかるコラムや記事、経済指標を載せています。