見出し画像

第四回 セクシュアル・ヘルス塾 「なかなか聞けないセクシュアル・ファンタジー(性的空想)の探し方」-AV男優 一徹さん-

 "セクシュアル・ファンタジー"という言葉をご存知でしょうか? いわゆる"おかず"と呼ばれるもので、女性の間ではあまり聞きなじみがないかもしれない。それは、性欲やファンタジーをより増進させ、充実したセクシュアル・ライフをおくる為にもとても大切な要素。今回は「自分の好みの"セクシュアル・ファンタジー"は何だろう? 」をテーマに、講師を務めるラブライフアドバイザーのオリビアさんと"女性のためのAV"の立役者でもあり、人気AV男優の一徹さんに伺いました。

<セクシュアル・ファンタジーはどんな時に必要?>


 自分がどのように体を触ったら気持ちよくなるのか、快感やオーガズムがわからない場合。また、パートナーとのセックスの時にイマイチ気持ちが盛り上がらない。そんな体験がある方も多いのではないでしょうか。そういう時に自分の気持ちを高めるためにも"セクシュアル・ファンタジー"を見つけるのはオススメなんだとか。

オリビアさん「"セクシュアル・ファンタジー"は、性的感受性を高めるというメリットがあります。体だけを触っていてもなかなか気持ちが高まらないという場合、性的空想をしながら脳の興奮と体の性感帯をセットにしてアドバイスをすることがあります。体だけではなく自分の気持ちを高めるために、脳を興奮させる方法も必要と考えています」

 他にも"セクシュアル・ファンタジー"のメリットとして、性経験を伴わない場合でも心や体の準備を整えることができるのだそう。性的興奮がちょっと足りなくて潤い不足のときも体の反応を促すことできるので、例えばマンネリを感じているカップルにも有効。一人で楽しむためにも、パートナーとセックスを楽しむためにも、自分の好みの"セクシュアル・ファンタジー"を見つけたいところです。


<男性の間では当然の"おかず"の貸し借り!?>


一徹さん「"セクシュアル・ファンタジー"という言葉は使ったことがなかったのですが"おかず"は男性だったら誰しもに通じますね。たぶん小学校高学年とか中学生とかになるとみんなやってますよ、"おかず"探し。当時は恥ずかしくて性欲をもっていないふりなんかをして、橋の下に落ちている雨に濡れたエッチな本を探してましたけど。高校生くらいから当たり前のように"おかず"を探して、どの女優さんが好きかを友達とシェアしたりして、"おかず"の貸し借りもしてましたね」


 最近では女子会で一徹さんのAV鑑賞会が開かれるなど、女性の間でも"セクシュアル・ファンタジー"をシェアして楽しむ女性たちも増えているのだそうです。「私はこういうファンタジーが好き」と、新しい情報を交換し自分の好みの"セクシュアル・ファンタジー"を探求するのもよいかもしれません。


<五感別で探すセクシュアル・ファンタジー>


オリビアさん「女性は、どんな"セクシュアル・ファンタジー"を抱くのかを調べてみた結果、五感別ファンタジーがあると分かりました。視覚的に興奮をする方だと映像やマンガを見るのが好きだったり。嗅覚の方だと匂いがその感覚をダイレクトに刺激してくれるので、彼の着た洋服とか寝ていたベッドに忍び込んで"セルフ・プレジャー"をする方もいました。人それぞれそのポイントはさまざま」

 聴覚を刺激する“ASMR”もその一つで、自立感覚絶頂反応といわれる、音声・咀嚼音などで興奮する方もいるのだそう。また、身体感覚に集中して快感を追求する方もいて、感じ方は実にさまざま。自分が視覚的に興奮するタイプなのか、音に反応するのか、嗅覚なのか。五感を探求するのもお気に入りのファンタジーを探すきっかけになりそうです。


<一番人気の"思い出系"セクシュアル・ファンタジー>


一徹さん「僕の体感なんですけど、当時の彼氏と一番よかったエッチを思い出してするっていう方が、聞いていて一番多かったですね」

オリビアさん「思い出し・思い出系は多いですね。今付き合っているパートナーじゃなくて、前のパートナーを思い出したりする」

一徹さん「そうそう。なんだか悲しいんですけど、旦那さんとしているときに目を閉じて、好きな相手を思い浮かべるという方もいるようですよ」

オリビアさん「ちょっと今日はあんまり興奮しなくて潤いが足りないなというときに“脳の中は別の男性を”というのは、私はありだと思っています」

一徹さん「男側からしたら、教えてくれなければありです(笑)」


<備えあれば憂いなし、セクシュアル・ファンタジーをストックする>


一徹さん「仕事中に"勃ち待ち"ってあるんです。本当に申し訳ないんですけど、勃たないことがあるんですよ。そのときに男優ってみんな自分を奮い立たせるための武器というか、ストックを持っているんです。女優さんには失礼なんですけど、よかったAVを思い出したり。空想で"今この人とエッチをしないと、これから先はエッチができない"なんてシチュエーションを自分の中で作って追い込んで興奮させたりとか」

 興奮できないと言えば、同じパートナーとずっとセックスしていると、どうしてもマンネリ化してしまうこともあります。そんな局面を打破したいときにも、"セクシュアル・ファンタジー"は役に立つようです。

<マンネリのオススメ解消法>


オリビアさん「昔のパートナーの写真を見て興奮を促すことは効果的だとカウンセリングの現場で感じます。思い出し系の中でも、思い出系ですね。付き合い始めた当時の写真を見て、自分の知らないパートナーを想像したり。思い出写真はマンネリに悩むカップルにオススメしたい解消法」

一徹さん「新しいですね」

オリビアさん「パートナーのことを性的な目で見れないという場合。今のパートナーはそう見れないかもしれないけど、時計を巻き戻したら興奮できるという方もいらっしゃっいましたよ」

一徹さん「僕のファンの方でも"2008年の一徹さん"が好きですって言ってくれる方もいらっしゃいます(笑)」


<女性向けAVの歴史>


一徹さん「昔もちょくちょくあったんですけど"いわゆる女性向けAV"という形で定着しはじめたのが、2009年の雑誌 an・an のセックス特集。そちらで付録のDVDで出させていただいた、シルクラボ (SILK LABO)の女性向けの作品がきっかけになったと言ってもいいんじゃないですかね。そのくらいがちょうどネットといい感じに融合した時期だったんだと思います。パソコンで観られるようになったことが大きな転機になった。CDやDVDをダウンロードすれば、女性も抵抗なく観られるようになったのかなと思います」


 オリビアさんが監修する女性向けの動画サイトのハウツーものや、一徹さんが出演しているガールズCH (GIRL’S CH)、女性にも嫌悪感なく見てもらえるために工夫を凝らしてつくられたシルクラボ(SILK LABO)の作品なども"AVは男の人が見るもの"という従来のイメージを覆して、人気に火がついたんだとか。


<女性はきゅんきゅん・男性はムラムラ>


一徹さん「ざっくり分けると女性向けは"きゅんきゅん"を目指すもの。男性向けは"ムラムラ"を目指すもの。今までのAVに登場する"AV男優像"って一過性の傾向があるんです。女性からしたらよりキャスティングに不自然な印象があったようで、それを払拭するためにもできるだけ"普通の男の人"をキャスティングしていますね」

 AV男優さんもこれまでとは変わって、色黒でテカテカ・ムキムキしすぎず、一般的な雰囲気を持っている方などへキャスティングが変化。それに伴って女性も自然に親しめる形になってきているようです。さらには、AVの中でも女性向けに変わった"パフォーマンス"があるようです。

一徹さん「AVのパフォーマンスとして取り入れていた、潮吹きだったり、顔射だったり、ごっくんとか。当時作ってた女性チームが"これ女の人からしたらいらない行為だよね"という行為を外してみました。あとはコンドームをつけるシーンも、つけた方がいいよねと採用しました」

オリビアさん「男性向けではコンドームをつけてないことを演出しているのが多かったですよね。女性にとっては、コンドームをつけることでより安心して興奮できるという感覚。それから顔射など、現実的に女性が好まないプレイは排除したんですよね」

一徹さん「それまでのAVだと、インタビューした後にベッドに女の子が一人心配そうに座っていて、きょろきょろした後、"パンイチ"の男の人が出てきて、緊張してる?とか言って、後ろから急にわさわさわさっていうパターンが多いんです。なんでこの人、こんな流れでセックスしてるんだろう? というのも多いので、そこはちゃんとドラマ性をもって、2人の関係性を描くようになったんです。その辺りから女の人も観やすくなったのかもしれません」


<男性・女性で鑑賞法もさまざま、AVの楽しみ方>


 お話を聞くほどさまざまな進化を遂げたAVの世界。趣向別にオススメを紹介していただくと、2009年にできたシルクラボ(SILK LABO)は性に対してまだ自分の性的指向が分からなかったりする人向けで、学校で言うと予備校みたいな感じ。

ガールズCH(GIRL’S CH)は専属のイケメン男優がいて、その中で男性的なファンタジーも取り入れていて、女性向けだと物足りない方向け。逆に、イケメンだとぜんぜん萌えないなんていう方には、男性向けのAVがオススメなんだとか。

一徹さん「最近びっくりしたのは子供を送り出した後に、食器を片付けたりしているときにそこにiPadをおいて流してます、なんていう方がいたんです。ヒーリングミュージックみたいに聞かれる方もいるとか・・・本当?って。僕は男なので、そういうの観るときは実用的なことなんです。今日はこの子でお願いしますって感じなんですけど。女性の場合はそういった観念もなく楽しまれている方がいるんだなと驚きました」

オリビアさん「それは"セルフ・プレジャー"とも別なイメージですね。体も触らず、ただ流しておくものとしての鑑賞法」

一徹さん「だから、イルカの映像を見てる感覚って言ってました。本当か?って。女子会でみんなでAVを鑑賞するだけっていうのも、僕の周りの男性にはない感覚です。貸し借りはあるんですけど、みんなで観てたらできなくないですか?その感覚が男性の僕には分からない。別々に観た後で感想を言う合う方がよくない?って思うんですけど。僕なんて、スキップスキップで観たいところだけ観ちゃうタイプだから、みんなと観るなんてとんでもない(笑)」

<セクシュアル・ファンタジーの見つけ方>


 自分の"セクシュアルファンタジー"が分からない場合や、お気に入りの"セクシュアルファンタジー"を見つけたい場合は、どうすればいいのだろうか?

一徹さん「①入門編 ②それでは物足りない人 ③男性向け みたいな感じなんですけど。だいたい女性向けAVとかイケメンAVとかの検索で僕にたどりついた、という方が多いです。ドラマのセクシーなシーンを動画で見ていたらシルクラボ(SILK LABO)ガールズCH(GIRL’S CH)にたどりついたとか。検索していたらヒットしたという方が多いんですよね」

 3,000~4,000本にのぼる一徹さんの出演作品。人気のカテゴリー別に分かれているので、自分の好きな作品をカテゴリーから見つけるのも楽しいかもしれません。一徹さんのTwitter や一徹の部屋の診断チャートなどをチェックしてみましょう。

<女性にダントツ人気のラブラブもの>


一徹さん「基本ラブラブが好きな人が一番多いんですよ。仕事で疲れてたら癒されたい。優しくしてくれるとか癒してくれるジャンルの作品がたくさんあるんです。ハッシュタグでいうと、#優徹 とか #癒徹 になります。もう一つ人気があるのはちょっと強引な感じ。そちらは #S徹 です。少女漫画の流れなのか、ありませんか? ちょっと強引なんだけど一途な人と、優しい王子様みたいな人。この2つのキャラクターって鉄板なんだなって、ユーザーさんの声を聞いて実感しました。ハッシュタグだと、#S徹 #悪徹 #怒り徹 #壁ドン #いじわる #ツンデレ っていうくくりで言われていますね」

 他にも、コスプレ要素が入った #スタイル徹 #芋徹 #甘え徹 のハッシュタグででてくる「かわいい徹」など、ジャンルが選べるようになっている。

一徹さん「たとえば一生懸命仕事を頑張っているキャリアウーマン。仕事で疲れて帰ってきたときに、ご飯作って、お風呂わかして、髪もといて待っててくれたりとか。普段の疲れを癒すようなシチュエーションですね。「芋徹」っていうのは、昔の僕のあだ名。シルクラボ (SILK LABO)の作品で、"4畳半ダーリン"というのがああるんです。貧乏な学生なんですけど彼女のためにケチケチしてたんですよ。それで彼女とケンカになるんですけど、実は理由があって。自分の部屋は四畳半で、風呂なしで汚いところだから、はじめてのエッチはおしゃれなホテルで過ごしたい。だけどお金がないから、貯めるしかないって。それでなんで黙ってたの?とケンカになって、でも実はそういうことしたかったっていう、そんなきゅんきゅんするオチなんですけど」

 知らない世界をのぞきたい方には、不倫・3P・爆笑・寝取られ・禁断の恋など、男性向けの要素が多いジャンルもオススメ。ちなみに、こちらは男性向けの間で一番人気のジャンルといいます。


<自分の好みのセクシュアル・ファンタジーを探ろう>


 映画や漫画、小説なども、自分好みの"セクシュアル・ファンタジー"を見つける上では、大切なソースになっている。みんなの恋愛映画100選のエロティック映画から、自分の好きなセックスシーンを見つけるのも楽しそう。


 他にもオリビアさんのオススメする"官能小説用語辞典"や、占星術から見る"星座別セクシュアル・ファンタジー"など、いろんなところにヒントが隠れていそうです。この機会に、自分の好みの"セクシュアル・ファンタジー"を見つけてみましょう。

画像1

写真左から ラブライフアドバイザー オリビアさん / bda ORGANICを運営する スパイス アンリミテッド 代表 鈴木 美樹さん / 人気AV男優 一徹さん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16
私。荻野 月子、39歳。独身。 かれこれどのくらいセックスしていないんだろう? bda ORGANIC presents ”セクシュアル・ヘルス通信”では、セックスにまつわるさまざまなトピックスをお届けします。 https://www.bdaorganic.jp