国税専門官に【最終合格】する、そして【採用漏れ】をせずに【希望の土地へ配属される】方法。マル秘人事の裏側。逆転できる採用面接攻略法も

こんにちは、今回はあまり世に広まると困るので有料としてこちらの記事を書かせていただきました。

なんだよ、うさんくさい。どうせくだらない情報商材だろ、と思う方はすぐに閉じてもらって大丈夫です。

信じて実行していただかなければ、効果があるものも効果が発揮できません。


某SNSや掲示板に内容が出回ってしまうと非常に困る(みんなに知れ渡ると国税側の対応が変わるかもしれない&みんな使えばテクニックとして使える部分が意味が無くなる)のでこういう形を取ったことをお許しください。

公務員予備校の真実。予備校は味方ではない!?

正直、予備校で得られる情報も全く間違っているとは言いませんが、割と話半分に聞き流しておく必要がある点もあります。

何故なら、予備校はそもそも自分たちの教室で教える筆記、面接、論述試験の対策をしておけば公務員になれる、と思ってもらわないと困るからです。

なので、最終合格後に採用漏れがある、とはなかなか言いづらいんですね。

商売柄なので仕方ないですが……。

また、最終合格せずに翌年も予備校を受けてくれると授業料も入ってきますからね。

純粋に言うと、予備校は生徒にとって完全に味方ではないんです。

加えて、人事の貴重な情報も予備校に流れる確率はほぼないでしょう。

テクニックによって合格してしまう受験者を、自治体や国の機関は歓迎しないからですね。

それよりも地力のある本質的な人間力を持った人間を雇いたいのが本音。

そうするためにどうすれば良いかというのを国税や国家公務員の人事を知り尽くした私が解説していきたいと思います。

(機密保持のために無料部分で詳しく身分を明かせないのはご了承ください)

内部の噂などは絶対外に漏れないので、貴重な情報になっています。

もし、聞いたことのある内容ばかりであれば返金しますので是非連絡してください。

情報を制するものは、試験を制する。

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」というのが孫氏の兵法の言葉です。

それを実行するための内容です。

国税専門官に関する内容ですが、他の国家公務員にも使えるテクニックだと思います。

よほどこのnoteが使えねーよ、と思った方は理由をメールしていただければ返金を検討します。

限定部数が売れれば、値上げしますので悪しからず。欲しい方はお早めにお願いします。(安くで放出してやり方が広まると意味が無くなってしまうからです)

この続きをみるには

この続き: 6,403文字 / 画像1枚

国税専門官に【最終合格】する、そして【採用漏れ】をせずに【希望の土地へ配属される】方法。マル秘人事の裏側。逆転できる採用面接攻略法も

Hyde

2,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4