見出し画像

格差に慣れていない日本人、と6月3日の日記

最近、特に外国人のお客様が多いので、ずっと気になることがありまして。

多くの欧米人のお客様が「あまり値段を気にしないで、好きな物を好きなだけ注文する」という傾向があるんです。

これ、理由としてはやっぱり今、日本の飲食店の料理や飲み物が安いからなのかなって思ったのですが、どうも様子が違うんです。

話がちょっと変ですが、逆に「欧米人のお客様って、お金のことをすごく気にする」んです。

例えば「チャージ」や「お通し」みたいなのに対してクレームをつけるし、伝票をチェックして、あっているかどうかっていうのを確認したりするんです。

あるいは、bar bossaに入ったところで、僕が「いらっしゃいませ。2名様ですか?」って言うと、「とりあえずメニュー見せて」って言うことがあるんです。

それでメニューを見て、「あ、これは高いお店だ。やめよう」みたいなことを言って、「じゃあ、やめとく」みたいなことを言って、帰ることもあるんです。

※この文章だけ単品で100円で買えますが、400円でこちらのマガジンを購入すると、一か月分約30本くらい読めるので1本13円です。そちらがお得です。

この続きをみるには

この続き:2,136文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話の2019年6月の1か月分をまとめて購入できます。

または、記事単体で購入する

格差に慣れていない日本人、と6月3日の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
103
渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n