見出し画像

【マエボン2/制作の裏側第9回 山岸あゆみ】あゆみが褒めるよ!絶賛するよ!マエボン2の仲間たち  part1

前デの活動ではいつもヒヨっていて、「あぁ‥やりたい‥でも時間が‥あぁ‥やりたかった‥」となりがちなあゆみですが、今回は!!!頑張りました!!!細かいものを省略すると、おなら大丈夫イス、おっぱい星人虚構新聞、前田デザイン室案内、桃太郎漫画リレー。4つの企画に関わることができました。初めてプロジェクトにフルコミットできたと感じています。殻を破れて嬉しいです!

さて。けっこう多くの企画に関われたので、「これやった!これもやった!見て!!」と言いたいところなのですが、一番嬉しいのはそんなことより「たくさんの人とコミュニケーションを取れたこと」。マエボンを通して関わった、ステキクリエイターの皆さんを褒めまくるnoteにしようと思います☺️(わたし、いつも自分語りしがちだしね)

①プロジェクトHE おなら大丈夫イス開発秘話:ページデザイン担当

イラスト6

チームメンバーの連携が最強、なぜかみんなおならイスの未来から目を離せない謎のコミット感、最高でした!このチームが強くなったのはなぜか‥?間違いなく、リーダーのアソウさん、アートディレクターのかなえちゃんの力だと言い切れます。

デザイナー募集がかかる前から、かなえちゃんは参考デザインを共有してくれたり、ラフデザインをあげたりしてくれていました。アソウさんも、3見開きにわたるコーナー全体の構成を考え、テキストのたたきも作ってくれていました。それを見て、作業感がイメージできたし、「ここやりたい!」と思えました。

スクリーンショット 2020-05-21 19.45.39

スクリーンショット 2020-05-21 19.44.14

こういうやりとり見るとわくわくしちゃうわよね。ディレクションの理想像を見せていただいたと思っています。私がいつかリーダー的立場になって戸惑うことがあったら、このお二人のことを思い出すでしょう。

この狂ったコンテンツを実現した天才研究者タカノさん、ノリノリなデザイナー裕子さんみきママさん、ユニークなライティングのこっとんくんさんたっくすさんとともに、楽しく駆け抜けられました!ほんとうに連帯感がよくて、このコーナーに関してはまったく焦ることがなくて、楽しかったなあ〜!

あ、そういやコーナーの題字書きました!気に入ってます。

おならいす題字

(プロジェクトX感意識)

字を書くことは地味な趣味のひとつなのですが、それも前デで活かすことができてうれしいです!

②おっぱい星人:不穏なおっぱい星人のイラスト担当

おっぱい星人


このページのアートディレクターははっちゃん。月刊ムーといういかがわしさ極まりない雑誌に目をつけ、参考デザインを早い段階であげてくれていました。さすがです。

今回、そんなはっちゃんを見ていて、ディレクションがユニークな方だなと改めて感じました。別のコーナーになりますが、おっぱいダサTのコーナーで、はっちゃんのこんなディレクションコメントを目にしました。それがとても印象深いです。

「文体のイメージですが、ハイブランドのファッション誌でよくある、自信満々で確信的な感じでお願いします」

スクリーンショット 2020-05-21 19.53.48

すごい、と思いました。デザイン引用の検索力と、ユニークかつ的確な言語化。前田さんが彼女についておっしゃった「世界観構築がうまい」は、こういうところを言っているのかな、と思います。

わたしがここのページで担当したのは「おっぱい星人の不穏な絵」。なんでそんなことになったかというと‥ぶっちゃけよくわかりません笑。ガヤで、おっぱい星人の落書きをしてアップしたのがはからずも原案になってしまい、その流れです。

画像5

(後にも先にもこんな絵を描くことはきっとないでしょう)

わたしの原案をもとにおっぱい星人の人形製作と撮影をしてくれたのはスーパーカメラマンちひろさん。優しくてきゅんとする写真を撮られる方ですが、よもやまさかおっぱい星人の目撃写真を撮ることになるとは…。いつかちひろさんにお会いできたら、「おっぱい星人、いつもの作風と違いすぎて意味わかんなかったですね」ていう話をしたいです。

ライターは言わずと知れた童心ライターこっとんくん。彼とは高校時代の同級生で偶然オンライン上で再会したのですが、高校時代の異性のクラスメイトと「おなら」に続き「おっぱい」の話ができる日が来るとは。人生わかりません。こっとんくんの豊満な世界観を引き継いだガミさんのライティングも個人的にツボで、よくPCの前で拍手してました笑!

そしてデザイナーはマミさん。おっぱい星のなぞグラフィック、どうなるのかな‥?と楽しみにしていたのですが、最高でした!どうやって作ったんだろ?マミさんに今度会ったらこの話を聞きたいです笑。

ーーーーーーーーーーーーー

さて、長くなるので今日はこんなところで。「前田デザイン室案内」と「桃太郎漫画リレー」のことも、別の記事で続きを書かせてもらいます😊

ーーーーーーーーーーーーー

6月1日からいよいよWeb販売と青山ブックセンターで書店販売がスタート予定です。クラウドファンディングで手に入れらなかった方はぜひ!

https://maeda-design-room.stores.jp/

http://www.aoyamabc.jp/

※上記のスケジュールは都合により変更となる可能性があります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ほっこり、安心、ワクワクドキドキするイラストを届けていきます!また読んでいただけたらうれしいです!

また見にきてね
14
アパレルメーカーのインハウスデザイナーです。絵を描きます!夢は新潟に移住して、イラストデザインの仕事をすること。ダンスと愉快な夫が趣味。

こちらでもピックアップされています

【マエボン2】制作の裏側
【マエボン2】制作の裏側
  • 12本

オンラインサロン「前田デザイン室」が制作した雑誌『マエボン2』。時間・場所・スキルが異なるメンバーたちでどのようにして作られたのか!? 様々な役割で分かれていた制作過程を、クリエイター各メンバーの目線から、語ります!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。