フロントエンドエンジニアになって3ヶ月の振り返り

フロントエンドエンジニアになって約3ヶ月が経ちました。
転職してから本当に濃い毎日だったので、振り返っておきたいと思います。

エンジニアになるまでの話はこちら
https://note.mu/ayapon1230/n/neaf70c0ada60

仕事内容

・スマートフォン向けwebサービスのフロント部分を担当
・私を入れて5人のチームで開発しています

(最初の2週間)
joinする案件のコードを読んだり、ある1ページを自分で実装しながらVue.js/Nuxt.jsの勉強

(〜2ヶ月)
私が入社してすぐサービスがリリースされたため、バグの修正やstyleの修正など改善対応を行う

(〜3ヶ月)
追加機能を実装

所感

1日があっという間におわる
集中してコードを書いていると時間が経つのがあっという間。自分が対応
できるチケットがないときも他の人のコードを読んだり勉強をしているので
転職してから、仕事の中で暇な時間・眠い時間がほとんどなくなりました。

「実務が一番勉強になる」を実感
入社する前も自分で勉強していたけど、実務でコードを書き始めてからの方が成長スピードはぐんと早くなったように感じています。
今のチームでは、出したプルリクに対して2人以上がApproveしないとマージできないようにしていて、マージされるまでにたくさん指摘をもらいます。それによって自分のコードで書き方がよくなかった部分などがわかるので、とても勉強になっています。
また、1人で勉強していたときは他人のコードを読むことをしてこなかったので、できるエンジニアのコードを読むのも勉強になっています。

毎日成長してる感
社長との最終面接の中で、「毎日どんな風に過ごしたいか」という質問に
対して「毎日少しずつでも成長していたいです」と答えたのですが、
エンジニアになってから日々新しい学びがあって、レベルアップしているのを実感できています。

毎日楽しい!
入社前はついていけるかなーと少し不安だったけど、周りの人にも恵まれて毎日楽しく過ごしています。

仕事をする上で意識していたこと

適当なタイミングで質問する
入社した直後、わからないことがたくさんあるけど、いつ質問したらいいのか、どのくらい調べたら質問したらいいのかわからず、、、チームの人たちに聞いて以下のタイミングで質問するように意識しました。
 ・30分調べてもわからないとき
 ・30分経ってないけどググり方も分からず手が止まってしまったとき
早めに質問することで手が動いていない時間が減ったり、質問したこと+αのことも教えてもらえたりして良かったです。

自分がやっている/やろうとしているタスクをslackで呟く
1日や一週間の単位などで、自分がどのチケットをやっているか、何の勉強をしているかなどを定期的にslackで呟くようにしていました。
もともとは私がエンジニア未経験だったのもあって、やっていることが見えた方がリーダーやチームメンバーも安心かなと思ってやっていたのですが、
勉強したいことに対して参考サイトや本などを教えてもらったり、アドバイスをもらったりしています。

できるか微妙なタスクでもやってみる
できるだけ早くスキルアップしたいと考え、できるかわからないチケットにチャレンジしたり、やってみたい案件に手を挙げたりしました。やりたいと言ったことは全部やらせてもらって、そのあともわからないところは教えてもらったり稼働を気にしてもらったりサポートしてもらって、周囲の人には本当に感謝しています。

今後

チームメンバーや社内にはすごい人ばかりで焦りもあるけど
引き続き毎日楽しみながら、自分なりに成長していけたらなと思います。
また、フロントエンドの技術を磨いていくことはもちろん、
フロントエンド+αのスキルも何か見つけて勉強していきたいです。
(今はデザインやUI/UXなどに興味があるので、その辺りの勉強をしようと思っています)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
フロントエンドエンジニア2年生になりました。

こちらでもピックアップされています

ゆめみの日常
ゆめみの日常
  • 64本

ゆめみの制度やイベントレポート、何気ない日常などを不定期でお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。