GeForce NOW(β)をやってみる。(今更)

あっきー

こんにちは。

今回はNVIDIAのサービス、GeForceNOW(Powered by SoftBank)(以下、GNOW)のクローズドベータが当たっていたのでそれを書きます。

これって?

Dead by DaylightとかPUBGとかFortniteとかの重ためのゲームが動かないパソコンや、スマホでそういった高クオリティなゲームが遊べるよってサービス。

仕様的にはNVIDIAのサーバーでゲームを動かして、その映像を見ながらゲームをする感じ。

で肝心のゲームはGNOWで買うんじゃなくて...

Steamとかで買ったゲームが遊べます。

わざわざ二回目のお支払いはしなくて済むのがGNOWの特徴。

「使ってみたい!」

それが日本ではまだ正式リリースされておらず、事前に登録をして、その中から選ばれし者たちが先行して遊べるんですよ。
それに当たったからこれ書いてるわけだけども。

使うにはどうすれば良いか

正式リリースがどうなるかわからないけどもベータテストのやり方を残しておきます。

まず事前登録しておいたメールアドレスに当選メールが来ると、そのメールにはアカウント登録のURLが載っていたのでそこから登録。
そのアカウントを使ってログインします。

次にソフトのインストール。

対応端末はWindows、macOS、Android。
iOSはのけものです。スマホの検証ができないのです。Appleモバイルしか持ってないから。

インストールしたらさっきのアカウントでログイン!
これで遊べるようになります。

遊ぶぜ

自分のライブラリに持ってるゲームを追加して、プレイを押すと、フルスクリーンで画面が変わり、Steamログインを求められるのでログインします。

するとゲームが起動するので楽しみましょう。

遊んだ感じどうだった?

実感できるラグはほぼありませんでした。

PUBGも(トレーニングだけど)目立って遅れて撃っている印象はありませんでしたが、もっと反応速度が求められる場面ではわかりませんね...

設定項目

他のサイトでも載っていますが一応。

ストリーミングの品質には、バランス、データセーバー、コンペティティブ、カスタムの4種類があります。

バランスは回線速度に応じて画質が上下します。1時間あたり10GB。
データセーバーは720pの60FPSです。1時間あたり4GB。
コンペティティブは720pで120FPS。低遅延重視ですね。1時間あたり6GB。
カスタムは自分で設定出来ます。フレームレートは30と60。画質は16:9と16:10でフルHDからHDまで選べます。

サーバーはJP East S1の一つのみです。

まとめ

本当に持っているゲームをサーバーで動かして遊ぶという思った通りのサービス内容でハイエンドパソコンが買えない人にとっては良いサービスと思います。

動いている場所が遠いことを考えると、
それを感じさせない映像クオリティを出せ、スマホでパソコンと同じクオリティのゲームを遊べるのはとてもすごいと感じました。(小並)

(RTX2070Superとi7-9700Kを持っているのであまり遊ばないですが。)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!