過去

なんか書きたい

過去

なんか書きたい

    最近の記事

    「カシマさん」の、異聞

    -The Mask- こんにちは。 めっきり人も減ってさみしいところへ、ようこそおいでくださいました。 しかし、以前にも手紙でお伝えした通り、このお話はあなた様に、命の危険を齎す可能性が高い。 その点をよくご留意いただいて、お聞きください。 ……よろしいでしょうか。 敗戦間もないころ、私が高砂市で宮司をしていたときですから、今年でちょうど五十年になりますね。 当時、隣市の加古川市で、二十三歳の女が進駐軍の米兵に非道な扱いを受けました。それで女は、自らの不幸を苦に飛び込み自殺を

      • 「赤い部屋」の、異聞

        僕と山川は、ある団地の、ある棟に住む高校生だ。 仲の良い幼馴染で、同じ学校に通学している。同級生だがクラスは違うし、それも離れている。今日の場合は帰りしなに一緒になったから、帰宅前に棟の最上階の廊下で、夕焼けでコントラストが際立った街を二人で見下ろしつつ、近況報告のような世間話を交わしていた。 山川は、進級してから僕の知らない男と友達になったようである。暗部、という男だ。 彼はインターネットに熱を上げているそうで、様々な遊戯を山川に伝授している。脱衣ブロック崩しやエロフラッ

        • 「This Man」の、異聞

          第一夜 PROPATOR 夢を見ている。 人工島に聳り立つ巨大な大車輪。 世紀末の建築物である。 車輪の直径100m。最高頂115m。 十六分間の回転。 六十四台のゴンドラ。その裡の四台、骨子以外が硝子張りの透明ゴンドラ。 僕は、西陽でオレンジに染まる透明ゴンドラの中、男と向かい合って座っている。 彼は神なのだと思う。或いはもっと適当な表現があるのかも知れない。とにかく、世界にとって至高の存在である。 彼の生際は可なり後退している。芋虫のように太い眉。赤児のように無垢な瞳を

          • 大怨霊・平将門の歴史

            怨霊・平将門について、関連する史蹟である将門塚、神田神社に絡ませて調べたことをまとめておきます。 生前の将門にはあまり触れていません。伝説の中の将門像について掘り下げて行きます。 ちょっと長めかも。 平将門は十世紀の東国在住の豪族で、はじめ親族間で争っていましたが、常陸国国衙を襲撃したことを皮切りに東国を制圧し、国家の反逆者「朝敵」と見做され、藤原秀郷、平貞盛らによって追討されます。 一般的に将門は、菅原道真、崇徳院と併せて日本三大怨霊の一人に挙げられ、日本史上きっての大怨