見出し画像

自信と過信

メンタルについて質問があったので、今回はそれについてのお話です。

自分に自信を持つことは大事。しかし、自分を過信してはならない。

これはいつも自分に言い聞かせていることです。自信を持つことで自分は強くなれる。しかし、過信してしまえば成長は止まると僕は考えるからです。

僕は試合の際、自信を持ってコートに入るようにしています。なぜなら、自信を持ってプレーをしてない選手は怖くないと思うから。
攻撃でも、守備でもそれは同じだと思っています。
例えば、自分がディフェンスをしていて怖いと感じるのは、自信を持って仕掛けてくるようなオフェンスの選手。消極的で逃げるようなプレーはあまり怖いと感じません。 
だから、積極的なプレーを出せるそんなメンタルで試合に臨むために自信を持つようにしています。

自信を持ってプレーするために僕がやっていることは

・とにかく日々練習する

・自分の強みを理解し、伸ばす

・反省は試合後にする

この3つです。

まず、とにかく練習する。これが自信につながる1番の要素かなと思っています。
"自分はこれだけやってるんだ!"という気持ちが持てる、そして練習をすればするほど、試合でも"これは練習でやった!"という場面が増えるからです。人間が恐れるのは知らないこと。練習を重ね、知っていることを増やせばいいのだと思います。

次に自分の強みを理解し、伸ばす。「これだけでは負けない。」そんな自分の強みを見つけて伸ばしてあげる。もちろん、誰にも負けない努力も必要です。でも、自分の得意なことなら自信が持てるのではないでしょうか。それをもっと伸ばして、自分の"武器"にする。武器を持つことが自信にも繋がります。

そして、反省は試合後にする。試合中ミスが出たとして、試合中にくよくよしても仕方ありません。だから、反省は試合後。もちろん同じミスを繰り返さないように意識はしますが、試合中はあまり気にしません。
終わってからしっかり反省する。そして練習する。それを繰り返していくうちにミス自体も減っていくと思います。

練習、試合、練習、試合を繰り返す中で、僕はいつもこんなことを考えています。
メンタルを保つという意味でも、常に自信を持てるように向上心をもって取り組んでいることは良い影響を与えてくれているのではないかなと思います。

自分を取り巻く様々な出来事の中でメンタルを保つというのは簡単ではないです。自分もそれができているのかわかりません。でも、自信を持って前を向き続ける、これは大切なことだと僕は思っています。そうしていく中で、過信しないように。これが僕のメンタルの保ち方です。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
FC TUCANO→ 國學院久我山→ LAZO FC#24 ソサイチ日本選抜 選手やりながら普及活動してます。『誰もが知る "ソサイチ選手"に』 GRANADA(ソサイチ普及団体)代表 FALES 契約選手
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。