甲31号証、岡本光樹による文書 / A家に「ゴミ漁りを指示」

甲31号証、岡本光樹による文書 / A家に「ゴミ漁りを指示」

 岡本光樹弁護士は横浜副流煙裁判において原告A家に対し、喫煙の証拠を掴むために藤井家の「ゴミ漁り」を行うよう指示した人物なのである。※ 文中「護美箱」は「ごみ箱」のことである。

 この事実が本当なのかについては、後日ジャーナリスト黒薮哲哉氏が岡本光樹弁護士に確認し、岡本氏は自分がゴミ漁りの指示を出したことを認めている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横浜・副流煙裁判・冤罪事件における裁判資料及び未公開記録の公開~事件をジャーナリズムの土俵にのせる~

このような冤罪は誰に身にも起こります。信頼すべき医師が診断書を悪用し捏造を生み出し、弁護士が提訴する。今後この様な事の起こさぬよう私達は闘います。本人訴訟ではなく弁護士と共に闘っていくため、カンパをお願いします(note経由で専用口座に振込み)。ご理解の程よろしくお願い致します。

不正とは闘います。応援よろしくお願いします。
横浜・副流煙裁判・冤罪事件における裁判資料及び未公開記録の公開~事件をジャーナリズムの土俵にのせる~
【ジャーナリスト黒薮哲哉氏による全面取材。事件詳細《メディア黒書》⇒https://bit.ly/3a28rTj】【音声動画による記録⇒https://bit.ly/2UVIq40】【署名サイト⇒https://bit.ly/2JSVxN9】 記録⇒藤井敦子・横浜市青葉区すすき野