WeJSの運営がとても楽しいはなし

この記事は、We Are JavaScripters!【執筆初心者歓迎】 Advent Calendar 2018、24日目の記事です。これ一回言ってみたかったんだよね〜

運営ですが完全に遅刻しました、すみません。

先日のWeJSにて「WeJSの運営になって1年経ちました」という話をしました。

この話をするにあたって、私にとってのWeJSとは、みたいなことを考えたので書いてみようと思います。

なぜ運営になったのか

そもそも私はWeJSの一参加者で、当時運営メンバーとは面識もありませんでした。1年前、初代運営のたみーさんからお声がけいただいて、彼女の運営卒業と入れ替わりで参加する事になりました。
ちなみに、何故私に声をかけてくれたのか長らく謎だったんですが、先日参加者としてWeJSに来てくれたたみーさんに聞いたところ「インパクトがあった」と言われたので、髪は染めておくもんだなと思いました。

当時イベント運営の経験も無く、JSもバリバリ書けるわけでもなく(これは今も)、コミュニティ内に知ってる人も殆ど居ない。
そんな状態でしたが、参画を決めた理由としては、
・JSできるようになりたい
・イベント運営楽しそう
友達が欲しい
の3点でした。

3つ目の友達が欲しいに関しては、新卒からn年ほどweb業界にいる割に業界の友人が少ないのが寂しいなぁ、という気持ちです。
人見知りするので勉強会に参加して自分から声をかける事も出来ず…みたいな状態だったので「主催側に回れば声をかけてもらえるのは???」という安易な発想でした。

JSできるようになった?

できるようになったかは正直疑問ですが、JSに触れる機会は確実に増えました。

WeJSでは毎回6〜8人くらいの方にLTをしていただきます。最近ではJS・WeJS初心者に向けての回を開催したりと、話の幅がかなり広いです。
よくテーマに上がるフレームワークだったりとか、出てくる単語などからトレンドみたいなものはぼんやり感じられるかなぁ、と思っています。

また、運営枠での発表が2ヶ月に一回ある割に、仕事でJSを書くことがほぼ無くLTの内容が枯渇しています。
毎回LTの為にネタを探して何かしら作って…とやっているので運営が自らTDD(登壇ドリブンデベロップメント:WeJSで掲げている方針)を実践しています。

運営楽しい?

これは、めちゃくちゃ楽しいです。

先日のLTでも話したんですが、まず運営がなかよしです。
毎月LT会をしているため、マメに連絡をしているんですが、個人的にはそこで嫌な気分になった事が一度もないです。
コミュニティの方針やら会の決め事などを相談している際に「それは違うんじゃないかな?」って事があっても、それを伝える事で険悪な空気になったり、逆に伝えられて嫌な気持ちになったりすることがありません。
相手の発言を否定する・自分の発言を否定される、というのはなかなか労力が必要だなと思います。WeJS運営では「否定された!」と感じることなく「今その案はマッチしないよね」「じゃあこうしようか」という流れになります。

もちろんお互いの配慮・信頼もありますが、全員がWeJSを良くするためにどうしたらいいか?という認識を明確に持っているからだな、と思っています。
何の縛りもない他人が善意によってのみ集まっているので、共通の認識がある・お互いを尊重できるというのは重要です。
イベントを開催できるのもこのなかよしの賜物だなあと毎月感じています。

友達はできたの?

ありがたいことに(目論見通り)声をかけていただけることが増えました。他の勉強会で一緒になった際にお話ししたりとか、しがないラジオに呼んでいただいたりとか。

sp.27a【ゲスト: atsuco_02】今日から始める楽しいフリーランスWeb屋さん
sp.27b【ゲスト: atsuco_02】楽しいフリーランスWeb屋の死なない生存戦略
sp.27aでWeJSの話をしているのですが、先日のLTと同じような事を言っていて一年ブレずにやってきたなと思いました。

オンライン・オフライン問わず仲良くして下さる方が増えてとても嬉しいなあと思っています。これからも仲良くしていただけると嬉しいです。

なんか今後とか

一年続けてみて、嫌になるどころか「これやったら面白そう」とか、「こういう風にしていきたい」とか、いろいろ出てくるので参画して本当によかったです。
WeJSは「私こんな楽しい事やってるよー!」って言えるものになったし、これからもそうでありたいです。

コミュニティとしての今後は、初心者歓迎感が薄れているんじゃないか問題をどうにかしたいです。
ビギナー登壇枠の設定・初心者回の開催などをやっていますが「思ったより初心者向けじゃなかった…」みたいな声をいただくことがあり課題だと感じています。
ただ、単純にテーマを絞るとか参加資格を限定する等ではなく初心者でも楽しめる会にしていくことは出来ないかな?と思っています。

それと同時に、初心者にスポットを当て過ぎず中級者・上級者でもコミュニティを楽しんでいただきたい想いもあります。
マサカリが無い安心して参加できるコミュニティをと掲げているので、参加者への間口を広く持ち続けていたいと考えています。

今後もLT会という形に拘らず、JSコミュニティとして楽しい事をいろいろやっていけたらな、と思っているので、機会があれば是非参加してください。

最後になりましたが、一緒に運営をしている深見くん清水さんにはいつもとてもお世話になっています。
途中参画した時も快く迎え入れていただいてありがとうございました。これからも引き続きよろしくお願いします。ノベルティは来年作ります。
初代運営のたみーさんには、声をかけてもらえてとても嬉しかったです。お陰で今とても楽しくやれています。
あなたの作ったコミュニティはこんなに大きくなりましたよ、次は登壇者で是非遊びに来てください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。