森口瑤子さんネイタルチャート

Keiyatlong


「プレバト」というテレビ番組をみて、独特の俳句を出している森口瑤子さんの星を見てみたいと思い作ってみました。ウィキペディアの情報に基づいて作成しました。生まれた時刻は分かりませんでした。

生まれる前の日蝕は牡牛座の28度台(数え29度)で、サビアンシンボルは「テーブルの前の二人の靴職人」です。新しさへの憧れと古い伝統の間で揺れ動く意味があるそうです。プレバトでは新しい感じのする俳句を出しているのも興味深いですね。

獅子座に水星と太陽。女優さんにはぴったりのサインかなと思います。

蟹座にウルカヌス、火星、金星、木星の合で蟹座ステリウムと云えますね。蟹座の星たちは乙女座の天王星・冥王星の合と魚座の月・カイロンのオポジションを調停する位置にあります。「メールぴこんぴこん シャワー中だってば」など、メールが出てくる句がありますが、乙女座の天王星・冥王星と、蟹座の星のセクスタイルにぴったりな感じがします。「加湿器の給水せよに起こさるる」のような句もありますね。蟹座ステリウムが利いているのか、生活感のある句が多いですね。

蟹座の星たち、蠍座の海王星、魚座の月、カイロン、土星で水のグランドトラインが出来ています(さらに乙女座の天王星と冥王星もいれるとカイトですね)。「ジェラシーを 折ってたたんで白日傘」という句もありますが、情感の強い方なのだろうと思います。蠍座の海王星にもぴったりの句のように思います。海王星は獅子座の太陽とスクエアもありますし。ジェラシーも感じやすいかもしれません。

魚座の3つの星の合と乙女座の天王星・冥王星のオポジションを見ると、魚座的なもの(感性、感情)が傷ついていたりコンプレックスがあったかもという気がします。ウィキペディアにも「『やまとなでしこ』『汚れた舌』『八日目の蝉』など幅広く出演したが、それ以前は「『個性がない』『面白くない』とダメ出しされていた」と述べている。」との記事があります。

今日は、書けないかと思いましたが、ホロスコープの記事を書いてしまいました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!