16戦目 1990年11月23日

タイ人との連戦4試合目、うち3ヶ月連続の最終戦、
年内最後と思われる試合になります。
「またタイ人?」もう、いい加減そう思うこともなく、
日本人との対戦感覚を懐かしむかのような感じに
なっていました。

高校の出席日数、分かりません。
この年、6戦目です。
全カード決定してからの発表等が当たり前だった
当時では珍しいと思います。
1月の試合は1年生でしたが、2年生になって
春から5戦目です。
前年の苦しみがあったので減量中は登校する回数が
減ります。
留年は着着と近づいています。

1Rから前に出ます。
毎回1Rから5Rまで、体力が続く限り前へという
気持ちでした。

4R、コーナーで左ミドルを右脇腹に蹴られました。
その後すぐにローを蹴り返して、でも、着地に
コーナーで足を滑らせます。
すぐにリングに手をついて、相手とレフェリーの
位置を横目で確認します。
レフェリーは、でも観戦に夢中で、割って入って
くる様子はありません。
でも、相手は踏み込んでくるのです。
次の瞬間、対戦相手は左手をリングに着いたままの
僕の左側頭部を左足で蹴り上げました。
その衝撃は今も頭にこびりついて剥がれることは
ありません。
左から右に視界と共に脳がずれる感覚、濁った悲鳴、
「あ、走馬灯」
そして、走馬燈が左から右に流れるのを見つめながら
それを自覚しているのです。
バンテージを初めて巻いて嬉しかった中学生の頃の
ことや、卒業後にタイに行った時のこと、それらが
映像になって流れるのです。

耳元で騒ぐアルンサックの声で眼を覚まします。
慌てて立ち上がります。
「何?何?」
立ち上がったけれど、分からなくて、理解するのに
少し時間がかかりました。
すぐに試合は再開します。
最終Rのゴングが鳴って判定で敗けました。
不思議なもので、蹴られるこの瞬間と走馬燈は
覚えているのですが、他の記憶がありません。
それ以降、セコンドにつく際は必ずコーナーを拭いて
からリングを降りるようにしています。
全盛期を迎えても後輩のセコンドに着く際はやるように
しています。
「恰好つけるな」
心無い野次を受けたことは数え切れません。
どう思われたって、事故さえなければ構いません。

そのことにインタビューで触れる度、
「それは書かないでください」
傍にいる広報は、そういって掌で抑えるような仕草で
その度、ライターに口止めしました。
でも、発言をやめませんでした。
連盟にも直接云い続けました。
18歳の若手、一選手が云ったところで相手にも
されません。
「それは云うな」と釘も刺されました。
お前如きがが云うなということでしょう。

大切なのは貼り換えにかかる費用分のお金ではなく
選手の命です。
でも、お金の方に傾いて、僕のいい分は通りません
でした。
なので、続けました。

全盛期を迎える辺りで、ようやくリングのペイントは
なくなりました。
そしてインターバル、コーナーに水受けの鉄板を
敷くことを義務付けられるようになりました。
けれど、拭き続けました。
それでも濡れている場合があるからです。
そして、あってはいけないことだと思うからです。
濡れていなくても拭くそれは、事故が起こらない
よう祈る、一選手の願いです。
少し話を逸らします。

最近の選手はこの競技に対してどう思っているのか
わかりませんが、競技に対し云いたいことを発言して
内側から変えようとしないような気がして、勿体ないなと
思います。
ルールのことについてだったり、色色と競技について
思うことはあるはずです。

今の僕が発言しても効果はないし、相手にもされない
でしょう。
それは競技を背負った全盛期の選手が発言するから
意味があるし、競技や世間は注目してくれるのです。
もしかしたら、その発言によって自らを脅かす
ことになるかもしれません。
でも、それは必要な勇気だと思うのです。

人気のある選手らが内側から変えないとこの競技は
変わらないと30年思い続けています。
この一件だけではありません。
「ルールブックを作るべきだ」
それすらない癖に人気が出てきた90年頭に、
そう発言してボクシングライターに同行してもらい、
場を作ってもらったことがあります。
嫌な思いもしましたが、

勇気を出して一歩前に踏み込んで欲しいなと思います。
その方がファンの心に、歴史に存在が残ると思うのです。
本当のキックボクシングファンは、そういう選手の
出現を待っているとも思います。
昔も、今も。
戻します。

試合終了後、セコンドは無事に試合を終えることが
出来て安心してしまうものです。
気を張って集中しているからでしょうか、セコンドに
着いた方が肩が凝ったり背中が痛くなったりするのです。

自軍コーナーばかりではなく、相手コーナーの水も
気になったので、そっちも拭くようになりました。
「恰好つけるな」
その際、幾度か罵声を浴びてきました。

少し前にもリングサイドの客から同様の罵声を
いただきました。
今のキックボクシングの会場に一般客はいないから
相手選手のそれか、もしくは他の選手のお友達でしょう。
恰好つけているつもりは微塵もありませんが、
だとしても、事故がなければそれでいいでは
ないでしょうか。
あれから30年近く、時間が流れました。
もしかしたら真似してくれている人はいるのかも
しれませんが、見たことがありません。

この場を借りて、全てのセコンドにお願いします。
次の試合を想って、自軍コーナーを拭いてリングを
降りてみては如何でしょうか。

勿論、コーナーの水浸しは、前座からの積み重ねだと
いうことくらい重重分かっています。
でも、その次の試合に出場する選手にそれが関係ない
のも事実です。
リングで必要なのは最大限の敵意と、最小限の敬意だと
僕は思っています。
最小限の敬意の中には次の選手らへの、それ以降の
試合への思いやりがあって然るべきだと思うのです。

試合終了後、お互いのコーナーに挨拶に行くだけでなく
その際にお互いのセコンドがお互い相手コーナーを
拭いてからリングを降りるということが当たり前の
礼儀になったとしたら、海外の選手やセコンドや報道陣が
それを見た時に、日本という国はなんて素晴らしい国なんだと
思ってくれるのではないでしょうか。
そんな素敵な話題を日本のキックボクシング界から
発信することが出来ると思うのです。

そうはならなかっとしても、日本国内で自軍のコーナーを
拭いてリングを降りることが当たり前になる日が
来ることを願います。
そして、もし、そんな時がくることが出来たら僕が
痛い思いをした価値はあると思のです。

価値なんて、ないよりあった方がよいに決まっています。
当たり前です。
吃驚する程、痛かったのですから。

長長とご精読ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

これがなんのことやらか、ようやく 理解しました。 どうもです。 頑張ってホームラン打とうと 思います。

本当に?
5
一、キックボクサー。史上初、親子現役キックボクサー。2015年〜2018年千葉県船橋市から富士山頂まで全登山道登頂。著書「ざまぁみろ!」ネコパブリッシング「死にぞこない」ネコパブリッシング文庫「ざまぁみろ!」幻冬舎アウトロー文庫HP asshi-project.com

こちらでもピックアップされています

回想録
回想録
  • 60本

1988年の国内デビュー戦から1試合ずつ 振り返って回想を綴っています。 「キックボクサーな日常」の方に日日更新していますが、 探すのが面倒臭い方や回想録だけを見たい方は こちらへどうぞ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。