作詞メモ (テーマ:探偵もの)

作詞メモ (テーマ:探偵もの)

Sudou Mizuha



真っ白なノートに一文字ずつ刻んでく
今は空白でもそのうち埋まってくから


歩く道すがらに見つけた小さな花
一緒に遊んだ君はかわいいというかな

共有した思い出たちが陽の光をあびて
希望に変わる瞬間を見届けたい

真っ白なノートに一文字ずつ刻んでく
今は空白でもそのうち埋まってくから
瞳に映る真実も 受け止めきれない事実も
誰かの時を止める事はできない



夜の帳がおりた静かな街の中
冷たい空気に頬をなでられ目を瞑る

逃げ場をなくした感情の行先などなくて
外に出して暴れることしか知らなかった

真っ暗闇のなか 正義を振りかざしては
無理矢理火をつけて小さい明かりを灯した
おさえつけてた切なさも あふれだす救いの声も
誰かに届かなければ意味ない



誰でも良かった
この部屋を明るくしてくれるのなら



おさえつけてた切なさも あふれだす救いの声も
誰かに届かなければ意味ない
真っ白なノートに一文字ずつ刻んでく
今は空白でもそのうち埋まってくから
瞳に映る真実も 受け止めきれない事実も
誰かの時を止めることはできない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

探偵もの、ということで、真っ白なノートに〜部分は物事を整理するというイメージ付けで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また読んでください!
Sudou Mizuha
創作活動してます。物書き、シナリオを書くのが好き。 icon&カバー画像&ヘッダーイラスト:柑橘コウ様 https://twitter.com/kankitukou