見出し画像

web古地図散歩 丸の内・大手町3

日頃町歩きイベントとして開催している「古地図散歩に行こう!」をweb上で楽しめるようにしました。約5キロを3時間ほどで歩きながらしゃべっているものですが、文章にするととても長くなります。そこで6回に分割しました。1回目だけ無料でお読みいただけます。2回目以降は有料でのご購読となります。2~6回はそれぞれ150円、1~6すべてと配付資料が載っているマガジンは600円です。

歩き旅応援舎のホームページはこちらから


大事件の現場へ

東京停車場

完成したばかりのころの東京駅

大正3年(1914)に完成した東京駅は、レンガ造りの3階建て、北と南の屋根がドーム状になっている特徴のある形をしています。昭和20年(1945)の空襲によって大きな被害を受けた東京駅は、70年あまりの間2階建てに平べったい屋根という姿でしたが、平成の大修繕によって平成24年(2012)には建設当初の姿に復元されました。

画像1

この誰でも知っている東京駅、実は一般にはあまり知られていない「秘密」がいくつもあるのです。

たとえば、なぜ北と南と2つの入口があるのでしょう? 今は北口も南口も用途は同じです。でもできたばかりのころはちがったんです。

東京駅ができた当初は、南が入口で北が出口だったんです。東京駅の中で、南口から北口へと人の流れができるように造られていたのです。

画像2

それでは南口に入ってみましょう。ドームの屋根がありますね。よく見ておいてください。後で北口に行きます。そのときに南口との違いをクイズに出しますから、この南口の風景を目に焼き付けておいてください。それが無理という人は、写真を撮っておいてください。

画像3

あれ?全員写真にいっちゃうんですか?

ところで、東京駅では総理大臣の暗殺事件が2回起きています。1回は改札の内側、現在の新幹線乗場の真上にあるホームで起こったとされています。昭和5年(1930)に第27代内閣総理大臣の浜口雄幸が銃撃されたんです。

この続きをみるには

この続き: 4,898文字 / 画像32枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
東京を代表するオフィスビル街の丸の内と大手町。新しいビルばかりに見えますが、実際に歩いてみると江戸時代の武家屋敷からの発展や、明治から昭和初期にかけての近代建築の遺構などがあちこちに見ることができる面白い町です。まだ知らない丸の内と大手町を発見しに行きましょう!

web古地図散歩「丸の内・大手町」コースの1~6と配付資料がまとめてご購読いただけます。 歩き旅応援舎で開催している町歩きイベント「古地…

または、記事単体で購入する

web古地図散歩 丸の内・大手町3

歩き旅応援舎

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。町歩きのお役に立てればと思います。
3
歩き旅応援舎では、「京都まであるく東海道」「古地図散歩に行こう!」などの“歩く”イベントの開催しています。 ここでは外を歩くのと同じように古地図散歩をweb上で楽しめる「web古地図散歩」や、実際にイベントで使用した配付資料を有料で公開しています。

この記事が入っているマガジン

web古地図散歩 丸の内・大手町
web古地図散歩 丸の内・大手町
  • 7本
  • ¥600

web古地図散歩「丸の内・大手町」コースの1~6と配付資料がまとめてご購読いただけます。 歩き旅応援舎で開催している町歩きイベント「古地図散歩に行こう!」をweb上に再現しました。町歩き体験を楽しんでください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。