見出し画像

web版古地図散歩 本郷~茗荷谷2

【日頃町歩きイベントとして開催している「古地図散歩に行こう!」をweb上で楽しめるようにしました。約5キロを3時間ほどで歩きながらしゃべっているものですが、文章にするととても長くなります。そこで5回に分割しました。有料部分には配付資料も掲載してあります。】

※実際に町を歩く「古地図散歩に行こう!」のお申し込みはこちらから


台地の割れ目

東京大学を離れます。旧中山道をわたって、東大の正門の正面の道に入ります。

画像6

江戸時代の地図を見ますと、この付近は江戸時代には大名屋敷が多くて、加賀の前田家の屋敷の正面は岡崎の本多家の屋敷、その向こうには福山の阿部家の屋敷がありました。どちらの家からも、幕末の老中が出ています。

画像7

本多家からは本多忠民が幕末に2回老中を務めています。本多家の上屋敷は東京駅南口前、現在KITTEがある場所にありました。その上屋敷の門は現存しています。さっきもお見せしましたがこれです。

赤坂の本多屋敷門

現在は赤坂にある女子校、山脇学園の門になっています。さっき見た赤門と同じように、門扉の両側に見張り番の小屋が付いてますね。

この先に屋敷があった阿部家では阿部正弘が老中を務めています。この人の方が有名ですね。ペリーが日本にやってきたときの老中で、島津斉彬とともに幕政改革をしようとしたんですが、若くして死んでしまった人です。

この2つの屋敷の境目はどこかというと、現在の地図で見るとこの道になります。

この続きをみるには

この続き: 2,509文字 / 画像21枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
豊富な写真と地図で古地図散歩を再現。当舎のイベントにご参加できない場合でも、これを見ながら歩きに行くことができます。

歩き旅応援舎で開催している江戸時代の古地図を見ながら町を歩くイベント「古地図散歩に行こう!本郷~茗荷谷」をweb上で体験。イベントで使って…

または、記事単体で購入する

web版古地図散歩 本郷~茗荷谷2

歩き旅応援舎

180円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。町歩きのお役に立てればと思います。
4
歩き旅応援舎では、「京都まであるく東海道」「古地図散歩に行こう!」などの“歩く”イベントの開催しています。 ここでは外を歩くのと同じように古地図散歩をweb上で楽しめる「web古地図散歩」や、実際にイベントで使用した配付資料を有料で公開しています。

この記事が入っているマガジン

web古地図散歩 本郷~茗荷谷
web古地図散歩 本郷~茗荷谷
  • 6本
  • ¥600

歩き旅応援舎で開催している江戸時代の古地図を見ながら町を歩くイベント「古地図散歩に行こう!本郷~茗荷谷」をweb上で体験。イベントで使っている配付資料も付いています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。