見出し画像

web版古地図散歩 本郷~茗荷谷3

【日頃町歩きイベントとして開催している「古地図散歩に行こう!」をweb上で楽しめるようにしました。約5キロを3時間ほどで歩きながらしゃべっているものですが、文章にするととても長くなります。そこで5回に分割しました。有料部分には配付資料も掲載してあります。】

※実際に町を歩く「古地図散歩に行こう!」のお申し込みはこちらから


樋口一葉終焉の地

夏目漱石は崖の上、樋口一葉は崖の下に住んでいました。それでは漱石の家の跡から、崖の下におりていきましょう。この坂道は東京大学の正門前から台地の上を突っ切ってきた道と同じ、明治13年(1880)に造られました。明治は今からすれば昔ですが、造られた当時は新しい道だということで、「新坂」と名付けられました。またの名を福山坂、この崖の上に屋敷を構えていた阿部家の領地が福山だったからです。

画像1

新道を下りきった道には、江戸時代の地図を見ると水路が描かれています。ここは神田上水の支流が流れていた場所なのです。

画像4

ここから南に向かうと白山通りに出ます。この白山通りにある紳士服のコナカのお店の前に碑があります。これが樋口一葉終焉の地の碑なのです。

画像4

色別標高図清水橋

樋口一葉はこの図に出てくるYの字型の谷間の1つ、菊坂に住んでいるときに作家としての活動を開始します。しかし書いた小説は売れず、一葉はいったんは小説家になる夢を諦めて、浅草の竜泉に転居して駄菓子屋を始めます。

この続きをみるには

この続き: 3,064文字 / 画像22枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
豊富な写真と地図で古地図散歩を再現。当舎のイベントにご参加できない場合でも、これを見ながら歩きに行くことができます。

歩き旅応援舎で開催している江戸時代の古地図を見ながら町を歩くイベント「古地図散歩に行こう!本郷~茗荷谷」をweb上で体験。イベントで使って…

または、記事単体で購入する

web版古地図散歩 本郷~茗荷谷3

歩き旅応援舎

180円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。町歩きのお役に立てればと思います。
5
歩き旅応援舎では、「京都まであるく東海道」「古地図散歩に行こう!」などの“歩く”イベントの開催しています。 ここでは外を歩くのと同じように古地図散歩をweb上で楽しめる「web古地図散歩」や、実際にイベントで使用した配付資料を有料で公開しています。

この記事が入っているマガジン

web古地図散歩 本郷~茗荷谷
web古地図散歩 本郷~茗荷谷
  • 6本
  • ¥600

歩き旅応援舎で開催している江戸時代の古地図を見ながら町を歩くイベント「古地図散歩に行こう!本郷~茗荷谷」をweb上で体験。イベントで使っている配付資料も付いています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。