見出し画像

女子ラグビーへの想い。

本投稿のGOAL:執筆者(私)の、女子ラグビーに対する想いの一部がわかる。

アルカスユース熊谷、ヘッドコーチの菅原です。

何かと息苦しい今日ですが、自分の考えを整理するいい機会として、私は前向きに捉えています。
こうして割とゆっくり考えを整理し、アウトプット、発信できるのは、今しかありません。
改めて、それを積極的に行っていくつもりです。

*************************************

私の前任校である、島根県・石見智翠館高校には「四心会」という同窓会があります。

在任時の昨年11月、その時期定期的に発行される四心会の会報に、女子ラグビー部のこれまで、というテーマで執筆依頼が来ました。

今日はそれを載せます。

その前に。

様々な方々のご尽力のおかげで、女子ラグビーというものの裾野が広がってきました。
そのおかげで、私もアルカスユース熊谷ヘッドコーチにチャレンジするチャンスを得られました。
本当にありがたい限りです。
石見智翠館高校女子ラグビー部の生徒、卒部生のみんな、磯谷先生、アルカス熊谷トップチームの皆様、その関係者はじめ、他チームの選手やスタッフの方々も、日本の女子ラグビーを少しでも多くの人に知らしめんと、多くの困難に立ち向かい、「今」を作り、残してくださっています。
しかし、こうした方々よりも前に、日本に女子ラグビーを根付かせるために、戦うことを諦めなかった先人たちがいました。
なぜ日本女子ラグビーの「今」が残ったのか。
改めて、今日まで脈々と受け継がれるその人たちの戦いに、最大限の敬意とともに想いを馳せたいと思います。

以下、太字が会報に掲載された部分です。

前任校の会報ですので、石見智翠館高校女子ラグビー部のことも多く出てきますが、あくまで最後は女子ラグビーのこれまで、そしてこれからについて綴っています。

長文ですが、根気よく、是非ご覧ください。

目次もつけておりますので、気になる部分からお入りいただいても結構です。


石見智翠館高等学校女子ラグビー部の9年間と「文化」、そして女子ラグビーのこれから

 2019年11月現在、我々石見智翠館高等学校女子ラグビー部は、部員48名、スタッフ3名の総勢51名という大所帯である。これまで全国大会優勝延べ7回、世界大会優勝1回。その他、今や世界中が注目する国内7人制ラグビー大会「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ」に大会唯一の高校生単独チームとして2015年シーズンから2018年シーズンまでの4年間出場した他、7人制、15人制日本代表選手をはじめ、国内はもちろん世界のトップクラスで活躍する選手を数多く輩出する、日本屈指の女子ラグビーチームとなった。

1、創部の目的、女子ラグビーにおける問題点

 そんな我々の始まりは2011年4月。本校数学科教員である磯谷竜也監督の下、当時の高校2年生1名、1年生4名の総勢5名で活動をスタートさせた。2016年、ブラジル・リオデジャネイロで開催された夏季オリンピックにおいて、女子7人制ラグビーが正式種目となることが決定されたのが2010年。女子ラグビーというものがにわかに注目を集め始めたその翌年、全国に先立ち創部された。創部の最大の目的は「全国の高校生女子ラグビー選手たちの受け皿になること」。女子で中学生までラグビーをプレーする選手たちは、実は当時から少なくなかった。兄弟や親の影響で幼年期からラグビーを始め、学校の部活動と並行しながら週末の活動を中心とするラグビースクールに通うのだ。しかしここには、今なお横たわる大きな問題点がある。それは「高校で女子がラグビーを続けられる環境、つまり高校女子ラグビー部、クラブの圧倒的な少なさ」である。この問題解消を少しでも応援すべく、石見智翠館高校女子ラグビー部が誕生した。

2、高校女子ラグビー界の変化

 我々のポリシーに共感し、初年度に5名、次年度に7人、その翌年度に8人と、年々部員数が増えていった。この中には県外出身者のみならず、県内出身者や初心者も含まれる。呼応するように、全国各地に高校女子ラグビー部やクラブが徐々に増加していった。ここから、女子ラグビーという競技への関心の高まりがうかがえる。チーム数の増加に伴い、競技レベルも一気に向上、現在では、男子顔負けのプレーが随所で見られるまでに急成長を遂げた。
 女子中学生ラグビー選手たちが、高校でも女子だけでラグビーができる環境を長く維持するために、生徒募集にも力を入れた。「高校でも女子ラグビーがやりたい」「でもその勇気がない」「県外に出てまでラグビーをやるつもりはない」…。高校入学前の中学生のモチベーションは様々だ。こちらが待っていても人は集まらない。集まらなければチームが存続できない。存続できなければ全国にいる女子ラグビー選手たちの受け皿になれない。そうならないために、磯谷監督を中心に、とにかく全国各地を回り、我々の熱意を伝え続けた。他の高校に比べ、さして設備が整っているわけではない。地理的にも、対外試合をするためには県外まで出かけなければならない。しかしそれでも、年々石見智翠館高校女子ラグビー部の部員数は増加していった。

3、我々の熱意、想い

 今年日本で開催された、ラグビーワールドカップ2019をきっかけに、ラグビーという競技、そしてその魅力が日本中に知れ渡った。その一方で「ラグビーは男子のスポーツ」「ラグビーをする女子なんて…」といった意見も割と多く耳にした。女子サッカーや女子バレーボール、その他競技の女子アスリートが、様々なメディアに取り上げられるようになって久しい。しかし、日本列島を覆うラグビー熱を肌で感じながら「女子ラグビーというものは、日本でまだ市民権を得ていないのではないか」。こうしたネガティブな感情が私の胸中を複雑にさせた。だが今日、県外の高校に進学してまでラグビーを続ける女子がいかに多いことか。ラグビーに対しての素直さ、ひたむきさといった観点では、男子選手を遥かに凌ぐ。女子だってラグビーをやりたいのだ。そんな彼女たちの想いを無駄にしてはならない。彼女たちにラグビーを諦めさせてはならない。年々増える部員たちを目の当たりにし、この想いを強くしていった。島根県内で試合をする機会は、我々にはほぼない。だが県外に遠征するとなると費用がかさむ。だから、経費を少しでも抑えるべく、スタッフ自ら大型バスを運転し、大小関わらず全国各地の大会に参加した。関西、関東圏の保護者にお願いし、ホームステイや食事、大型バスの駐車場、宿泊先の手配等等、協力を仰いだ。我々を突き動かしているのは、これら周囲の厚意、そして何より「ラグビーをやりたい女子たちの想い」であることは言うまでもない。

4、これまでの戦歴

 ※公式戦のみ
〈2011年〉
・「KOBELCO CUP 2011 第1回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会」準優勝
 ※「WEST 2」として出場
〈2012年〉
・「第1回全国高等学校選抜女子セブンズラグビーフットボール大会」第4位
※「石見智翠館/中国・四国選抜」として出場
・「KOBELCO CUP 2012 第2回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会」第3位
 ※「中国ブロック選抜」として出場、同大会以下同じ
〈2013年〉
・「第2回全国高等学校選抜女子セブンズラグビーフットボール大会」優勝
・「サニックスワールドラグビーユース交流大会2013」第4位
・「KOBELCO CUP 2013 第3回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会」第3位
〈2014年〉
・「第3回全国高等学校選抜女子セブンズラグビーフットボール大会」優勝
・「サニックスワールドラグビーユース交流大会2014」第5位
・「KOBELCO CUP 2014 第4回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会」第3位
〈2015年〉
・「第4回全国高等学校選抜女子セブンズラグビーフットボール大会」優勝
・「サニックスワールドラグビーユース交流大会2015」第3位
・「KOBELCO CUP 2015 第5回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会」第3位
・「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2015」総合10位(12チーム中)
〈2016年〉
・「第5回全国高等学校選抜女子セブンズラグビーフットボール大会」優勝
・「サニックスワールドラグビーユース交流大会2016」第5位
・「KOBELCO CUP 2016 第6回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会」第4位
・「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2016」総合10位(12チーム中)
・「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2016」入替戦準優勝(2017年シーズン残留)
〈2017年〉
・「第5回全国高等学校選抜女子セブンズラグビーフットボール大会」第3位
・「KOBELCO CUP 2017 第7回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会」第2位
・「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」総合11位(12チーム中)
・「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」入替戦準優勝(2018年シーズン残留)
〈2018年〉
・「サニックスワールドラグビーユース交流大会2018」優勝
・「KOBELCO CUP 2018 第8回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会」第2位
・「第1回全国U18女子セブンズラグビーフットボール大会」優勝
・「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018」総合12位(12チーム中)※規定変更により、翌年以降出場不可
〈2019年〉
・「サニックスワールドラグビーユース交流大会2019」第2位
・「KOBELCO CUP 2019 第9回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会」優勝
・「第2回全国U18女子セブンズラグビーフットボール大会」優勝

〇卒業生の活躍
 以下、これまでに日本代表(一部海外含む)に選出された選手たちを紹介する。なお、日本代表候補、育成選手には枚挙にいとまがないことも、併せて明記しておく。
〈2013年度卒〉
・中美咲:7人制学生日本代表
・平田彩寧:15人制オーストラリア・クイーンズランド州代表
・福島わさな:7人制U20日本代表、7人制学生日本代表、7人制日本代表、15人制日本代表 
〈2015年度卒〉
・黒川碧:7人制学生日本代表
・永井彩乃:7人制U20日本代表、7人制日本代表、15人制日本代表
〈2016年度卒〉
・阿部恵:15人制日本代表
・黒木理帆:7人制U25日本代表、7人制日本代表、15人制日本代表
・小林花奈子:15人制日本代表
・佐藤優奈:15人制日本代表
〈2017年度卒〉
・大塚朱紗:15人制日本代表
・永岡萌:15人制日本代表
・原わか花:7人制U17日本代表、7人制U25日本代表、7人制日本代表
〈2018年度卒〉
・人羅美帆:7人制U18日本代表
〈在校生〉
・今釘小町:15人制日本代表、7人制U18日本代表
・尾崎夏鈴:7人制U17日本代表

5、生涯忘れられない一戦

 前述の通り、毎年タイトルを獲得している我々だが、単独チームとなって大会に出場し始めた2013年度以降、唯一公式戦で一度も優勝できなかった年がある。2017年シーズンだ。井上藍主将(現、四国大学)率いるこの学年は、5連覇のかかった全国選抜大会、準決勝で國學院栃木高校に同点抽選の末決勝進出を逃し、3位。その結果、サニックスワールドユースへの出場権も失った。コベルコカップでは、過去最高成績の2位となるが、優勝はならなかった。
しかし、まだ舞台は残されていた。
太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017入替戦。
今や7人制日本代表として東京オリンピック出場を目指す原わか花(現、慶応義塾大学)、先日15人制日本代表に選出された大塚朱紗、永岡萌(ともに現、流通経済大学)らを擁し、シリーズ4大会に臨む。原が高校生ながらトライ王、得点王に輝くなど奮闘するも、大学生、社会人の強豪にことごとくはね返され、総合成績は12チーム中11位。来シーズンの4大会に常時参戦できる権利を持つ「コアチーム」への残留をかけ、入替戦に回ることとなった。
その入替戦。予選を順調に勝ち上がり、迎えた準決勝。上位2チームが、つまりこの試合に勝てばコアチームに残留できる。相手は山口県に本拠地を置く、ながとブルーエンジェルス。創設間もないながら、ニュージーランド、日本代表経験を持つ選手を大量加入させ、急速にチームを強化、準決勝まで駒を進めたチームだ。
下馬評は、ながとブルーエンジェルスの圧倒的有利。それどころか「このマッチメイク自体に問題がある」「勝敗以前の問題だ」「高校生がけがをする」「危険だ」といった声まで聞かれた。それくらい自力に差があった。少なくとも観客席のほぼ全員にそう思われていた。ちなみにこの試合にも出場していた、ながとブルーエンジェルスのスタンドオフ(司令塔)、ヘーゼル・トゥビック選手は、入替戦の2か月前に行われた、15人制ワールドカップアイルランド大会で圧倒的強さを見せ優勝したニュージーランド代表の正スタンドオフである。
一方決戦前、我々の選手らの雰囲気はどうか。自信、決意、覚悟…。どう形容するのが適切なのかわからない、とにかく監督の磯谷や私に「何かとんでもないことをやってくれるのではないか」と思わせる雰囲気に満ちていた。高校カテゴリーの大会では、この年一度も優勝できなかった。でもまだ終わっていない。石見智翠館高校女子ラグビー部の誇りを胸に戦いに挑んだ証を必ず残す。こうした心境であったことは想像に難くない。
試合が始まる。先に観客席を沸かせたのは我々だった。準備されたプレーをひたひたと繰り返し敵陣に侵入、ラインアウトのアタックから副主将の吉田萌香(現、四国大学)、大塚のロングパスを受けた2年生エース、大谷芽生(現、立正大学)がディフェンスラインを突破、大谷をサポートしていた原へラストパスが渡り、先制。しかし前半終了間際、体格、スピードに勝る相手選手の個人技で2本のトライを許し5-10、5点のビハインドで折り返す。
迎えた後半、個人技にものを言わせる相手に長くボールを保持される時間帯を作られてしまう。だが智翠館はひたむきなタックル、ジャッカルを繰り返し、徐々に相手の体力を削っていく。運動量、タックル回数は明らかに我々が上回っていた。たまらず相手が反則をおかす。
再び相手陣深くへの侵入に成功した我々は、ゴール前でラインアウトを獲得する。確実にボールを確保し、吉田から大塚へパス。準備されたプレーは、先制トライ同様、大谷が大塚からパスを受け突破するものだ。パスをする直前、大谷に気を取られ自分のマークが外れたのを、大塚は見逃さなかった。自ら突破を試みる。意表を突かれた相手は、ディフェンスにほころびを作る。ちなみに大塚にかわされたこの選手こそ、前述のヘーゼル選手だ。そのほころびが修復する前に吉田が素早くボールをリサイクル、パスを受けた永岡が原へラストパスを送り、相手にタックルを受けながら原がトライを決める。10-10の同点。その後のコンバージョンキックはタッチライン近くの難しい角度だ。しかしそのキックを何と大塚が見事に沈め、再逆転。
そして歓喜の瞬間が訪れる。12-10。耐え難いほどの苦難に耐え続けたこの学年は、最後の最後に日本、もしかすると世界の女子ラグビー史上最大の下克上をやってのけた。
「準備を万全にした組織」は「強烈な個」を凌ぐのだと、選手たちが教えてくれた。試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、磯谷と私は、グラウンドで泣き崩れる選手たちの元に両手を挙げて乱入し、喜びを爆発させた。
普段は試合後、ベンチで待ち選手たちを迎える。こんなことをしたのは後にも先にもこの時だけである。

画像1

6、石見智翠館高等学校女子ラグビー部の「文化」

 我々石見智翠館高校女子ラグビー部は、今年で創部9年目を迎える。来年は10年目の節目の年だ。本稿執筆を通し、過去を振り返ると、本当に様々なことがあった。その様々が、昨日のことのように思い出される。前述の成績に加え、2017年には、2013年度卒業の福島わさな、2016年度卒業の黒木理帆の2名が、アイルランドで行われた15人制ワールドカップに出場した。来年の東京オリンピックでのメダル獲得へ向け強化を進める7人制日本代表には、現在黒木、2017年度卒業の原わか花の2名が名を連ねており、いよいよオリンピアンになるという目標達成が現実味を帯びてきた。しかし、こうした華々しい成績とは裏腹に、部の運営は決して順風満帆ではなかった。学校の上司、同僚の先生方、保護者、後援会の皆様、関係協会、中学校、ラグビースクール、交流チームの皆様…、そして生徒たちに育てられたこれまでだった。
 我々には、過去の卒業生たちが築いてくれた「文化」がある。
 チームに対する「誇り」を絶やさない活動である。
 彼女たちの壮絶な戦いの日々は、すなわち「誇り」を守るための日々だった。磯谷監督の下、日本初の高校女子ラグビー部で自由を志した1期生5名。そこから始まった石見智翠館高校女子ラグビー部の歴史。その戦う姿に憧れ、下級生たちはその過去を超えようと努力を重ねる。とにかく練習の手を抜かない。自発的に自主練習にも取り組む。部内の問題は生徒自身で話し合って解決する。こうした自主性は試合でも存分に生きた。そして望んだ結果が出る。更にチームが誇らしくなる。いっそう自主的に努力をする。また良い結果が出る…。こうして好循環が生まれた。今なお脈々と受け継がれるこの「文化」は、石見智翠館高校女子ラグビー部としての「誇り」に育まれたものだ。我々に「誇り」を与えてくれた卒業生たちには、感謝の念が絶えない。

7、女子ラグビー界のこれまでとこれから

 前述の通り、リオデジャネイロオリンピックで正式種目に採用されて以来、女子ラグビーは日本でにわかに注目を集め始めた。来年には自国開催となる東京オリンピックを控える。国内では社会人クラブ、大学、高校各カテゴリーの全国、地方大会も盛んに開かれ、競技人口、レベルともに右肩上がりの発展を見せている。そんな日本女子ラグビーの歴史は意外と古く、1983年、国内で最初の女子ラグビーチーム「世田谷レディース」が発足する。1988年に「日本女子ラグビーフットボール協会」が創設され、1989年に日本代表を初結成。1991、1994年の15人制ワールドカップ出場を経て、2002年に日本ラグビー協会に加盟し、女子ラグビーは日本で正式に認められた存在となった。その後2010年に、リオデジャネイロオリンピックでの女子7人制ラグビー正式種目化が決定したことを受け、日本女子ラグビーフットボール協会を発展的に解消、日本ラグビーフットボール協会内に女子委員会が設けられ、現在に至る。
 簡単に歴史を述べたが、当事者に話を伺うと、大変な紆余曲折があったそうだ。当時はまだ、女子がラグビーをすることに偏見があった。家族、友人らの反対をはじめ、職場の理解を得ることも難しかった。仕事を休んで遠征に行こうものなら、有給休暇が認められなかったケースもあったという。遠征費の多くは当然個人負担である。日本代表初結成からしばらくの間、日本代表でありながら、その象徴である桜のエンブレムをウェアに刺繍することすら許されなかった。
 当時の女子選手たちは、今日の日本女子ラグビーを見て何を感じているか。後進の成長に目を細めているか。はたまた恵まれすぎだと心配しているか。いずれにせよ、日本女子ラグビーの「今」は、不遇の時代にラグビーを諦めなかった女子選手たちの戦いの産物である。彼女たちが諦めなかったから、女子ラグビー選手たちが絶えなかった。彼女たちが戦い続けてくれたから、後進たちが身を置く環境が残った。簡単に諦めることはできたはずだ。でも彼女たちは諦めなかった。戦い続けた。
 東京オリンピック後、女子ラグビーはどうなってしまうのか。メダルを取れなかったらまた暗黒の時代に戻ってしまうのではないか。危惧の声は聞こえる。しかし、本当にそうだろうか。大好きなラグビーをやりたくても満足にできない者たちがいた。想いが伝わらない時代の中で、必死にもがいた者たちがいた。偏見や絶望をことごとく乗り越えてきた者たちがいた。だから「今」が残った。
次は我々の番である。
語られずとも確かな足跡を残した日本の女子ラグビー選手たち、見ていてください。

執筆者:菅原悠佑(石見智翠館高校女子ラグビー部長)


本日も拙文、長文をお読みいただき、ありがとうございます。


ARUKAS YOUTH KUMAGAYA ヘッドコーチ 菅原悠佑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。今後ともアルカスユース熊谷をよろしくお願いいましたす♪

今後ともアルカスユース熊谷をよろしくお願いいたします♪
16
2020年4月1日から、埼玉県熊谷市に本拠地を置く高校女子ラグビークラブ「ARUKAS YOUTH KUMAGAYA(アルカスユース熊谷)」でヘッドコーチをしています。

こちらでもピックアップされています

哲学
哲学
  • 31本

日々学んだ考え方(哲学)についてまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。