10月1日(金) 公開企画会議『オープン・セッション』#0 開催します
見出し画像

10月1日(金) 公開企画会議『オープン・セッション』#0 開催します

はじめまして。クリエイティブ・チーム”Arnect”です。 

私たちはRenaissance Program2020の一企画チームとして集まった3名による創作チームです。

2021年に行われた起業プログラムの発表を経て、同じチームで引き続き創作を行おうと活動を開始し、今回初めての創作発表として、初めての公開企画会議『オープン・セッション』をclubhouseで開催します。

今回の企画立ち上げの経緯や、現在準備中の企画についての情報解禁などお話しする予定です。

創作のプロセスについて、ものづくりについてご興味のある方はぜひご参加ください。

<日時>
2021年10月1日(金)20時30分〜

<会場>
clubhouse
https://www.clubhouse.com/event/PvE4wr5R

<注意事項>
この公開企画会議も含め、創作のプロセスを可能な限り開示して進めたい企画となっています。そのため、アーカイブとしてこの回を録音し、後日noteにて報告記事をアップ予定です。

<Arnectとは>
2020年10月31日より開始された、日本初の文化芸術領域事業に特化したインキュベーションプログラム「Renaissance Program 2020」に参加。このプロフラムの集大成である2021年1月16日に開催されたデモデイでは、「企業とアーティストを繋ぐプラットフォーム」という新規事業についてプレゼンテーションを行った。同日より、団体名を「Arnect」と称し、独立しての活動を開始する。
チーム名は《art》(芸術)+《connect》(つなぐ)から命名。

<メンバープロフィール>

◎砂川真緒 (演出家・Arnect 代表)
東京都生まれ。7歳から10年間、NHK東京児童合唱団所属。19歳から大手テーマパークのショースタッフとして5年間運営に携わり、舞台演出・演出助手としても国内外で活動。主な演出・参加作品に、せたがや文化財団『ラ・ボエーム』、名古屋市文化振興事業団『ランスへの旅』、洗足音楽大学『ヘンゼルとグレーテル』(演出助手)、フェニーチェ堺『まほうのふえ』(演出助手、日本語歌詞作成)。他に、ショー開発、オペラ公演の字幕作成、コンサート構成も務める。

◎成瀬はつみ(ピアニスト・Arnect 副代表)
岩手県出身。京都市立芸術大学音楽学部音楽学科音楽学専攻首席卒業。現在、同大学大学院音楽研究科日本音楽研究専攻在籍。大学卒業に際し、京都市長賞、京都音楽協会賞を受賞。3歳からピアノを始め、幼い頃から数々のコンクールに出場。第72回岩手県芸術祭ピアノ演奏会一般部門にて特別審査員賞を受賞。これまでにピアノを本多昌子、佐野えり子、成瀬ゆかりに師事。

◎藤田侑加(演劇制作)
兵庫県出身。武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒業(2010年度卒)。在学中は川口直次、堀尾幸男に舞台美術を学ぶ。大学卒業後の2011年からフリーの演劇制作として活動開始。自主制作映画のプロデュース、広告のキャスティング業務を経て、2020年よりフリーランスとして活動再開。現在、小劇場から中劇場規模の劇団・プロデュース団体をクライアントに、フリーランスの演劇制作、時にはライターとして活動中。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Arnect(アーネクト)は《つくる》を《つなぐ》をコンセプトに活動しているクリエイティブ・ユニットです。 メンバー:砂川真緒/成瀬はつみ/藤田侑加