アイカツ!に感謝を込めて

先日、遂にアイカツ178話を完走しました…!少女達の成長と新たなる世界への旅立ちはワクワクの連続で、それら全てが収束へ至る節目のお話は今までのすべてを肯定して、そしてさらなる高みへとそれぞれがまた歩みだす喜びと、道がまた別れていく寂しさに包まれながら私は彼女たちの歩みを見届けました。

 アイカツは4thシーズンで作品として終幕を迎え、178話に及ぶ彼女たちのアイカツは、我々が見届けることのできるアイカツはそこで終わりです。これ以上これから先の道を我々は決して見ることは出来なません。しかし私は彼女たちのアイカツに未来をみました。今より先を目指してずっとずっと前に進み高みに上り詰めようとする彼女たちの姿をみたのです。たとえ観測者たる我々が存在しなくても、紡がれるべき物語が存在しなくなってしまったとしても彼女たちは未来へ進み続ける。そう感じさせてくれる素晴らしい178話分の物語、それを飾る178話だったと私は思うのです。

 憧れに追いつき、肩を並べ、さらに多くの人を笑顔にしていく、世界を救ったわけでも学園の危機を防いだ訳でもなく幼き少女の頃に抱いた憧れを最高の形で叶えることが最終回を使った至上の命題として扱われる。憧れから始まった物語の終わりとしてこれ以上ふさわしいものはないでしょう。

 ただ一つだけ納得してないことがあって。

 ただでさえ最近はソレイユで活動も出来てないし一緒にいられる時間も少ない霧矢あおいからこれ以上星宮いちごを奪いますか!?いやまじでさぁ渡米させて一年間も離れ離れにさせて戻ってきたと思ったらま〜た忙しくなって会える時間も少なくなっちゃってるのにどうしてそんなことができますかね…?霧矢あおいはいちごのプレゼントを直前まで知らなかったしもし仮にユニット結成がいちごからの提案だと勘違いしてしまったらめちゃくちゃショック受けると思いますよ(祝福はするけど)まあにしても一生懸命いちごを手助けした結果が会える時間を減らすことだと可哀想なので同棲してくれ…!二人で…!いやしとったわ。

 思えばアイカツでは別々の道を歩むけど心は共にあるよって展開を重視してた気もします。黒沢凛のプレミアムドレス回ではジョニーとサニーの本人たちの道が交わることはないけれど彼らの努力が作り出した新たな道を手繰り寄せて歩む少女の誕生を、ソレイユの三人は言わずもがなですが、2wings、ダブルM、一度交わった道が分かれ道へといたり別々の方向へ進んでいく…だがそこには必ず祝福がある。アイカツの温かいところだと思います。

 ルミナスは競い合う仲間として各々が辿るべき道を進みスターライトクイーンカップで再び戦う事を誓いますがそこには超えるべき相手がいるとかなしに全員が全力で、力を出し切ってただ一つの称号を奪い合う。今までは神崎美月という大ボスを超えるための舞台であったり、一種の通過儀礼的な扱いであったスターライトクイーンカップを競い合う場所として改めてお出ししてくるのとっても良いな〜って思えました。

 今までは憧れを超えることがそれぞれのシーズンのラストで描かれてて、未だ届かなかったから修行の旅へ…とか遂に憧れを越えて、そして新たなるアイカツへ…って感じが多い中、あかりジェネレーションのメンバー、それぞれのアイカツの帰結を丁寧に描いてそれでいてなおそれぞれのさらに未来を感じさせるそんなライブであったように思います。

 皆に、ライバルである氷上スミレにも笑顔を届けるために限界を越えて最高のライブを本番で成し遂げる大空あかりの姿にはかつての編入試験の全然上手じゃないけど一生懸命やってみせて人の心を動かすという点が完全にアップグレードされて一生懸命な最高のライブで皆を笑顔にする。

 大空あかりがアイドルを目指した理由を目標として全力で貫いたからこそ訪れた帰結だと思います。

 アイカツ!は終わってしまいましたが彼女たちの物語はまだきっとどこかで続いているのでしょう。彼女たちの未来が明るいものであることを祈りながらこの感想を終わらせていただきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
👍
6
文章を書くアカウント