見出し画像

YUIとわたしの15年

私が小学6年生の時だった。
ふとCMで流れていた曲がどうしても気になって、
当時異常にハマっていたインターネットで色々と調べてみた。
結果、CMで流れていた曲は今度の月9(不機嫌なジーン、このドラマもおもろかったなぁ)の主題歌で、新人歌手が歌っているということがわかった。
feel my soulというタイトルのその曲は幼い私に今まで味わったことのない衝撃を与えた。
それからはひたすらに毎日毎日その曲を聴いた。
MV冒頭の「私にとっての音楽とは、無いと生きていけないもの」という彼女のセリフが頭から離れなくなった。
それまでの私には「無いと生きていけないもの」という言葉の概念がなかったので、そのセリフを聞いてからは自分にとってのそういう存在のことをずっと考えたりした。
答えは出なかった。

それが私とYUIとの出会いだった。

中学生になった。
YUIの音楽が私の日常にはあった。
お小遣いはいつCDが発売されてもいいように、少しずつ貯めていた。
CDはその頃2ヶ月に1回くらい発売された。
貯めては使い、貯めては使い、お小遣いがCDに変わるのがとても誇らしかった。
その頃は、はじめて、好きなひとができたりした。
ちょうどCHE.R.RYが出た時期だったので、それはそれは毎日聴いた。
自分と重ねちゃったりした。
恋しちゃったりした。
でも個人的にはシングルじゃないけどReady to loveという曲の方が自分によく重なる気がしていた。(少し重い気がするけども…)
中3の時にはMy Generationに進路を決める背中を押してもらった。
「覚悟があればはじめから自由よ」という内容の歌詞にひどく心を揺さぶられた。

高校生になった。
いつのまにかはじめたギターがおもしろすぎて、音楽を学べる学校を選んだ。
しかしはっきり言って初日にやめたくなった。
アホみたいに歌やギターなどのうまい"音楽をするべき!!"みたいな人間たちがゴロゴロいたから怖くなった。
あーやめたいやめたい…。
家に帰って泣いたりした。
でもそのうちすぐに友達ができた。
YUI好きの子だった。
コロッと転じて学校が大好きになった。
タイヨウのうたの話などで盛り上がって、
そのうちにYUI以外の話ばかりするようになり、
こりゃ一生の友達やなと思えるくらいになった。
HOLIDAYS IN THE SUNというアルバムが高校時代のお気に入りアルバムである。
発売日の翌日は「今回のアルバムはes.carという曲が良かったと思う…」などとその友達と語り合ったりした。

大人になった。
私は音楽で生きていきたいと思った。
YUIは活動を休止した。
しくしく涙した。
最後のCDTVも初詣に行きながら友達の車のテレビで泣きながらみてた。
悲しみに打ちひしがれた。
でも、YUIの歌は変わらずにそばにあった。
最後に発売したfightという曲の「頑張れ 頑張れ 命燃やして」というたった一行のその歌詞が、そのあと長いこと私を支え続けた。

私の日常はYUIが活動休止をしても続いた。
バイトにライブに、忙しく過ごした。
くじけそうになるとよく聴くのがTomorrow's wayやLIFEである。
この頃は本当にバイトしすぎてめちゃしんどかった。そんなある日ビッグニュースが飛び込んできた。

「YUIがバンドはじめるらしい」

なんやて?!(服部平次ばりの)
すぐに始動ライブのチケットを取った。
東京まで観に行った。
MCはなかった。
ただただ、歌だけで感動して胸打たれた。

あの日からまたまた私は大人になった。
もちろんYUIもどんどん変わっていっている。
YUIからyuiになったし、結婚や出産を経て書く曲も変わったと感じる。
でも私は新しい曲を聴くたびに、ライブでその顔を見るたびに、再びその音楽に出会ってしまったあの時のような、何というか、底の底から湧いて来るような感情と対面するのだ。
それはたぶん変わった部分よりもっと奥の方の、とても深い部分で変わらない何かがずっと光っているからだと思う。
私はその光にいつも心を動かされてしまうのだ。

"特別"
という言葉をどのアーティストに使いますか?
と聞かれるとするなら、私は間違いなくYUIに使う。

YUIは私にとってスーパーウルトラ特別な存在なのだ。

デビュー15周年…
ほんとうに、ほんとうに、
形なんてどうでもよくって(言い方悪いけども)、
ただその声でその心で歌ってくれることがどれだけ私を動かしてくれるか!!!!!!!
と、大声で言いたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!

私のルーツは間違いなくYUIさんです。
音楽の素晴らしさを教えてくれてありがとう。
自分でやるようになってからは、やる前より更に格好良さに気付かされる日々です。
あんまり天才っていう言葉で終わらせるの、好きじゃないんやけど(努力してる人に向かって才能だけ!って言っているみたいに感じる時もあるから)、やっぱり曲を聴くたびに「はぁ、天才…」って思っちゃいます。
間違いなく、15年前にデビューしてくれていなかったら、マジで間違いなく、大袈裟じゃなくて、私はいま生きてたかもわからない。
というレベルで感謝している。

YUIでもyuiでも、んなこたぁ関係なく、一生大好きです。

おしまい。


p.s.
ただの自己満YUI大好きマン記事を書いてしまい自分でも怖くなってきたので、オススメ曲を記しておきまして、少しでも実のある記事にします。頭いい。

では、

オススメ曲は以下です。

全曲

以上です。
長文失礼致しました。
(ぜんぜん聴いたことない人はベストアルバムから☆)

#YUI
#flowerflower

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んで頂いてありがとうございます。サポートいただいたお金は活動資金とさせていただきます!

ハッピーアイスクリーム!
6
音楽が大好きな、文を書きたいだけの者です。