Anyflow | 業務自動化iPaaS

ビジネスの成長は、自動化から生まれる。 AnyflowはSaaS間を連携させ、業務の自動化を実現するプラットフォームです。 https://anyflow.jp

Anyflow | 業務自動化iPaaS

ビジネスの成長は、自動化から生まれる。 AnyflowはSaaS間を連携させ、業務の自動化を実現するプラットフォームです。 https://anyflow.jp

    マガジン

    • Anyflow | プロダクトアップデート

      • 23本

      Anyflowのプロダクトアップデートをお知らせします。

    • iPaaS (アイパース)

      • 11本

      iPaaS (integration Platform-as-a-Service) についての情報を発信します。

    • Anyflow導入事例紹介

      Anyflowを導入している企業様が、Anyflowでどのように業務を効率化できたのか、どういった効果があったのかなど、詳しい事例紹介していきます。

      • Anyflow | プロダクトアップデート

        • 23本
      • iPaaS (アイパース)

        • 11本
      • Anyflow導入事例紹介

    最近の記事

    • 固定された記事

    iPaaSとは何?導入するメリットやどんな製品があるのかを解説します

    今回は、最近盛り上がってきている iPaaS ( Integration Platform as a Service ) について、じっくり解説していきます。 今まで知らなかった方も、「名前は少し聞いたことがあるな・・・」という方も、次世代の業務自動化である iPaaS について理解を深めていただければなと思います。 iPaaS とは何か? ガートナーによると Integration Platform as a Service (iPaaS) は、個人または複数の組織

      • Anyflow公式note、再スタートします。

        はじめまして、Anyflow編集部です。 Anyflow公式noteは2020年4月より運営していましたが、社内で新たにnote編集部を立ち上げました。 すでにAnyflowと繋がりがある方も、これから繋がってくださる方にも、Anyflowがどんなことを実現する企業なのか、またこのnoteで届けたいことを改めてお話しようと思います。 AnyflowとはAnyflowは、「人の時間を創る。」というビジョンを掲げ、2018年に日本初のクラウドネイティブなiPaaSサービスを

        • 【アップデート】ワークフローの権限をグループごとに行えるようになりました

          みなさまこんにちは、SaaSを繋ぐ業務自動化iPaaS・Anyflowの中の人です。 今回は、Anyflowでの権限管理機能がアップデートされました。 該当のメンバーのみを招待したグループを作成することが可能に🎉 👆Anyflowの組織内でグループを作成 👆グループに該当のメンバーを招待することが可能になりました。 そして、グループは左上の画面から切り替えることができます。 本アップデートにより、セキュリティ性が向上し、情報統制がしやすくなります。 例えば、給与の

          • Zoomとの連携でオンライン商談に関する業務を自動化!インサイドセールス向けレシピ

            みなさまこんにちは、SaaSを繋ぐ業務自動化iPaaS・Anyflowです。 Anyflowでは、Zoom連携の開始と同時に、オンライン商談に関する業務を自動化するインサイドセールス向けレシピをリリース致します。 Salesforceの商談作成からZoomリンクをメールで自動送付 コロナを機に、テレワークを導入した企業が増えています。 東京都を対象とした調査によれば、2020年6月末時点でのテレワーク導入率は約58%となっており、令和元年度の導入率と比較すると2.3倍にな

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Anyflow | プロダクトアップデート
            Anyflow | 業務自動化iPaaS 他
          • iPaaS (アイパース)
            Anyflow | 業務自動化iPaaS 他
          • Anyflow導入事例紹介
            Anyflow | 業務自動化iPaaS

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            G Suiteと連携すると業務効率化できるアプリ4選

            2019年末に、月間アクティブユーザー数が20億人を突破したG suite。 仕事で(あるいはプライベートでも)使ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。 Gmail、Googleカレンダー、Googleドライブなど、業務に必須となるサービスが多数提供されています。 今回は、G suiteと連携するともっと使いやすくなるアプリをお伝えします。 Slack チャットツールのSlackですが、Googleカレンダー・Gmail・Googleドライブと連携することが可能で

            ビジネスマンはすぐにやるべき!目的別Slackアプリ連携5選

            リモートワークが浸透し、爆発的に使われるようになったチャットツール・Slack。 実は、普段使用している他のアプリと連携するともっと便利に使うことができます。 今回は、Slackのアプリ連携のメリットとその方法、またおすすめの連携アプリについてまとめます。 Slackをアプリ連携するメリットチャットにメールに資料管理など、普段の業務では様々なツールや情報を扱っています。 その管理だけで一日が終わってしまった・・・。なんて経験ありませんか? Slackは、普段使っているア

            Salesforceと外部連携すると便利になるツール8選

            営業支援ツールのSalesforce。 顧客情報から商談の管理、CRM(顧客関係の管理)まで、営業からバックオフィスの様々な業務を効率化する便利なSaaSです。 今回は、SalesforceとAPI連携できるSaaSとその用途を、ニーズごとにまとめました。 営業活動をもっと効率化■Sansan 名刺管理サービスのSansan。 Salesforceと連携すると、Sansanによってデータ化された名刺情報をSalesforce上で顧客情報と関連付けたり、情報の修正が可能に

            クラウドサインを”連携”でもっと便利に使う方法まとめ

            電子契約サービスのクラウドサイン。押印・郵送の手間がかからず、素早く契約を締結できるため、導入している企業様も増えてきているのではないでしょうか。 非常に便利なクラウドサインですが、実は普段使っている他のSaaSと連携することでもっと便利になるんです。 今回は、クラウドサイン上で連携できるSaaSと用途についてまとめました。 契約の進捗状況をSlackへと通知Slackとの連携で、送信した書類締結の状況の通知を受け取ることができます。 関係者による同意、却下、締結完了・

            Salesforceのレポートを定期的にSlackに通知連携!チーム数字達成の意識向上へ📊

            みなさまこんにちは、SaaSを繋ぐ業務自動化iPaaS・Anyflowの中の人です。 今週は、Salesforceのレポートを定期的にSlackに通知させる機能の紹介です。 Salesforceのレポートを定期的にSlackに通知連携メンバーに数字意識を持ってもらうため、「マネージャーがSalesforceにログインしてレポートをコピペしてSlackに添付」したり、「Salesforceのアカウントを持っていない人にレポートを共有するために、スクショをとったりしている、、

            営業事務の作業時間が1/3に!最大の導入効果は「社内へのカイゼン意識の浸透」

            オンラインプログラミングスクール「TechAcademy」や法人向けIT研修事業を運営するキラメックス株式会社(以下、キラメックス社)。過去3年で「TechAcademy」の受講者数は約6.5倍に成長し、法人向けIT研修事業でもさくらインターネットやコロプラなど600社以上の実績を誇るなど、Edtech企業のトップランナーとして認識されています。 2016年2月のユナイテッドグループ入り以降、急速な成長を遂げる同社では、主に営業メンバーの行動及び商談に関するマネジメントの漏

            クラウドサインの書類が締結されたら、自動的にPDFをGoogleDriveにアップロードする📄

            みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 今週はクラウドサインとGoogleDriveを連携して、自動的に締結したらPDFファイルをGoogleDriveにアップロードする機能の紹介です。 クラウドサインで書類を締結したら、自動的にPDFをGoogleDriveにアップロードするリモートワークが活発になり、紙で契約を締結するのではなく、クラウドサイン等の電子契約サービスを使う会社が増加しました。 クラウドサインの導入企業は10万社を突破したそうです🔥 電子解約

            SlackとSalesforceを連携して、リアルタイム通知📣情報共有を効率化しましょう!

            顧客データ管理ツールであるSalesforceと、コミュニケーションツールのSlack。 この2つのツールを連携させ、社内の情報共有をもっと早く、かんたんにしたい..と思ったことはありませんか?? 今回は、SalesforceとSlackの連携をかんたんに実現する方法をお伝えしていきます! SlackとSalesforceを連携させると何ができる? そもそも、SlackとSalesforceを連携させると何ができるのか、何が嬉しいのかをご説明します。 SlackとSal

            クラウドサインの書類が締結されたら、書類の解約通知期限をGoogleカレンダーに登録する🕑

            みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 今週はクラウドサインの連携強化のお知らせです。 クラウドサインの書類が締結されたら、書類の解約通知期限をGoogleカレンダーに登録する 「あれ、この書類の解約通知期限って昨日だったの!?」といったことを経験した方はいらっしゃらないでしょうか。 なかなか覚えてられないですよね..。 今回のアップデートは、クラウドサインで締結した書類の解約通知期限を、Googleカレンダーの予定として登録することで、期限を忘れなくするように

            【GAS不要】スプレッドシートからGmailを自動で一斉送信!

            今回は、非エンジニアでも簡単にGoogleスプレッドシートの情報から、Gmailでメールを自動で送信する方法について、解説します。 Google App Script(以下、GAS)等を使う方法については、既に多くの記事がネット上にありますが、非エンジニアの場合、GASを使った方法もハードルが高いと感じる方も多いのではないでしょうか? また、記事を元にGASで作成できたとしても、「細かいカスタマイズ方法が分からない..」「エラーが度々発生し、メンテナンス工数が掛かる..」

            クラウドサインで申込書を締結したら、自動的にSalesforceの活動を記録する📝

            みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 今週も、先週に引き続きSalesforce のアップデート情報です。 Salesforceの商談の活動記録を自動的に残すこの度、AnyflowでSalesforceの活動の記録をかんたんに作成できるアクションをリリースしました。 上記のワークフローでは、クラウドサインで申込書が締結されたら、商談の活動に「申込書を送付」という記録を残すというワークフローです。 このワークフローを設定しておけば、フェーズ以外にも活動を記録で

            ノーコードでSalesforceのToDoを自動的に作成し、お客さんを手厚くフォロー📝

            みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 今週は、Salesforce のアップデート情報です。 SalesforceのToDoを様々な条件で自動的に作成この度、AnyflowでSalesforceのToDoがかんたんに作成できるアクションをリリースしました。 上記のワークフローでは、Salesforceの商談フェーズが「申込書送付依頼」になったら、期限を1日後に設定したToDoを自動的に作成するというものです。 このワークフローを設定しておけば、申込書送付を忘