見出し画像

キャラメルアーモンドシューガーの ヒグマドーナッツ

ドーナッツ屋をやろうと考えたほど、ドーナッツが好きな僕。
日本でも海外でも、穴の開いた甘いヤツを見かけると
絶対に食べてしまいます。
そんな僕が選ぶ、学芸大学の「ヒグマドーナッツ」が
冷凍生地を販売するというから早速、作ってみたら
家で揚げたてのこれが食べれるなんてと、ハイテンションになって
ひとりで3つも食べてしまった。

材料 9個分(冷凍なので、お好みの量で作ってくださいね)
・冷凍ドーナッツセット…9個入り(ヒグマドーナッツ)
・揚げ油……………………適量
・グラニュー糖……………適量(仕上げ用)
・アーモンド………………80g
<A>
・グラニュー糖……………大さじ3
・水…………………………大さじ1

作り方
1.クッキングシートをドーナッツよりひと回り大きく切る。

2.①に冷凍ドーナッツを表を上にしてのせ、常温で40~50分おいて解凍する。
(袋のロゴがついている面が生地の表です)

3.②にラップをかけて、室温で1時間〜1時間半おき、発酵させる。

4.鍋に<A>を入れて中火にかけ、鍋を揺すりながら加熱する。

5.茶色くなって、キャラメルの香りがしたら、「アーモンド」を加えてゴムベラで和える。

6.クッキングシートを敷いたバットに⑤を広げて冷ます。

7.⑥をフードプロセッサーに入れて、パウダー状にする。
(フードプロセッサーがない場合は、すり鉢で根気よくすり潰します)

8.③のラップをとって5分ほどおき、表面を乾かす。

9.150℃の油にクッキングシートを下にして入れ、トングでクッキングシートを取り出す。

10.菜箸をドーナッツの真ん中に入れてクルクルと回しながら、表と裏を3分ずつ揚げる。

11.熱いうちに、キャラメルアーモンドをまぶし、仕上げ用のグラニュー糖をふる。

 出来上がり。

今回のおいしい人。
ヒグマドーナッツ代表
春日井 順さん

ヒグマドーナッツを知ったのは、まだ実店舗を持たずに青山ファーマーズマーケットに出店していた5、6年前のことだ。
ある日、いつものように携帯でFacebookを開くと、友達がドーナッツを食べていた。
当時、真剣にドーナッツ屋をやろうと考えていた僕は「どんなもんじゃい」とヒグマドーナッツの門を叩くことにしたのだ。
ファーマーズマーケットに着くなり、他のものには目もくれず、鼻息を荒くして、ヒグマブースへ向かう。
そこには大柄の男性が、無骨なダッチオーブンになみなみと油を注いで、
せっせと可愛いドーナッツを揚げていた。
「ミスマッチ?」いいや、一週回って「ベストマッチ」だ。
揚げたてのドーナッツは、見るからに美味しそうだった。
確かプレーンを頼んだと思う。
ひとくち食べて「あぁ、こんなに美味しいドーナッツがあるなら、わざわざ自分でお店をやらなくてもいいや」と自分の夢をひとつあっけなく捨て去った日となった。

その後、順さんとは共通の知り合いを通じて、友達なり、仲良くさせてもらっている。

そして先日、おうちでヒグマドーナッツという「冷凍の生地」の販売がはじまり、
久しぶりに揚げたてのヒグマドーナッツを食べた。
ひとくち食べて「自分でお店をやるのは辞めよう」と再び心に刻んだ。
順さんは、僕の夢を奪った人であり、好物をくれる人。いい友達です。(Y)@EdhiAdam

詳しいレシピや購入はこちらから。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コクが足りない時はオイスターソース。
142
料理と旅をテーマに立ち上げたand recipeという会社ですが、現在は「おいしそう」にまつわる様々な仕事をしています。お家にいることが多くなっている日々、「冷蔵庫にあるもんで」レシピを公開していこうと思います。(7月から毎週水曜日、更新をお休みさせて頂きます)

こちらでもピックアップされています

Reizoko ni ALMONDE
Reizoko ni ALMONDE
  • 119本

-冷蔵庫になるもんで-では、 毎日、本当に食べたいものだけをレシピにして公開中です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。