見出し画像

今月のひと駅-2203年1月

安藤進一

宇田郷 (山陰本線)

うたごう駅 山口県阿武郡阿武町
昭和6年開業

波が洗う造形の美学

 その空中遊覧はあまりに唐突で、しかも儚い。
 須佐から次の宇田郷にかけては、海岸沿いの崖の上を辿る山陰本線最後の開通区間。行く手は切り通しやトンネルが連続するので、もどかしい車窓が続く。そんな中で、いきなり視界が開け、大海原の圧倒的な迫力はもちろん、波が真下まで打ち寄せる、ほかでは体験できない瞬間が訪れる。
 小さな川の河口に当たる絶壁の切れ目、深い谷の地形になっている所を、列車は芸術的な意匠のコンクリート橋でするりと渡る。そこが、沿線でも屈指の撮影名所として知られる惣郷川(そうごうがわ)橋梁。観光列車だと徐行のサービスがあるものの、ほかはみなスピードを落とさず、ほんの数秒で200メートルの跳躍を終えてしまう。シャッターチャンスを待っていた人々からは、一様にため息が漏れる。
 橋梁を渡り切った後、ようやく日本海をゆったりと見晴らす車窓が広がり、眼下の集落を過ぎると国道が乗り越してきて宇田郷駅に着く。簡易な待合室のみに差し替えられた駅前は、波除けの鋼板が立ちはだかり、周りに1軒の民家もない殺風景さ。それでも、今や惣郷川橋梁にはインスタ映えスポットとして若い女性グループも目立つ。駅からのアクセスも、本格的に講じてよさそうに思える。

惣郷川橋梁 上り方
惣郷川橋梁 下り方
惣郷川橋梁 夕景

(駅路VISION第30巻・山陰本線Ⅲより抜粋)

あかつき舎MOOK「RED SHOES KITA-Qクロニクル」もよろしくお願いします。