ampersands

アートディレクターの飛嶋由馬と中村圭佑が設立したデザインチーム。媒体や形式にこだわらず、デザインを通じて人とプロジェクトとの間に良質な関係を築けるよう活動している。2019年より出版レーベル「applause」を開始。 https://ampsds.jp
    • 旅から生まれた写真集『MOTEL』 『STRANGER』

      旅から生まれた写真集『MOTEL』 『STRANGER』

      • 2本

      アメリカを舞台にロードムービーのような瞬間を記録した柏田テツヲさんの写真集『MOTEL』『STRANGER』についての覚え書き。旅と写真をテーマにあることないことまとめていきます。

    • 写真と器の展示『土と光』の話

      写真と器の展示『土と光』の話

      • 3本

      陶芸家の寺村光輔さん、写真家の小野田陽一さんと開催した合同展示『土と光』について、いきさつや開催中のこと、デザインや思いなど、いろいろな話を取りまとめています。

    • 花か、雲か。北岡稔章『Equally, beautiful』

      花か、雲か。北岡稔章『Equally, beautiful』

      • 2本

      これまでポートレイト作品を中心に、人の感情の揺らぎや美しさの中に垣間見える不安定さを、繊細に表現してきた北岡稔章さんによる写真集『Equally, beautiful』について、隣でみていただけの人があーだーこーだ言ってみようと思います。

「買ってもらう」から離れたところで考える、「読んでもらう」ことを意識して装丁した本について【中・長文】

こんにちは、ampersandsの中村です。 年明けから少しづつ手掛けた案件が芽吹いていく中、昨年末に発行された1冊の大著について思い返してみたいと思います。 ある日、柿…

2つのアメリカ、 2つの写真集。 旅から生まれた記録が物語に変わるまで | 2 「表紙の装幀で伝えられるもの」

「書店に並べたときに、すでにある(いわゆるニューカラーの)他の写真集の表紙イメージに近づけちゃうと先入観で中身を想像されてしまうし、埋もれてしまうので、ちょっと…

誰でも印刷できる時代に向けた、想像力を印刷するための見本帖 『Figures and Details』 に込めたもの |…

こんにちは、アンパサンズの中村です。 グラフィックデザインを職能とする限りほぼ必ず必要とされる「印刷」という技術ですが、それまで何かを作るための「目的」として、…

益子の自然から生まれた展示会 — 写真と器の合同展 『土と光』 の話 | 3 「受け手と作り手を結びつけるブックデザイン…

展示会に広がりをつくるための写真集ですが、そもそも「写真集」という媒体はとても抽象的で、用のないものとされがちかもしれません。特に風景を主題とするような写真集は…

益子の自然から生まれた展示会 — 写真と器の合同展 『土と光』 の話 | 2 「写真集と展示会のつながりを求めて」

(前回の話はこちら) 陶芸家の寺村さんのウェブサイトを進めていく中、写真、陶芸、デザインというそれぞれの作り手が組み合わさることで広がる可能性を、さらに推し進め…

それが何に見えても「等しく、美しい」写真集について | 2

写真集『Equally, beautiful』のページ構成は、デザインをしている飛嶋と作者の北岡さんの間でいくつかのキャッチボールが交わされた後、最初に概ね考えていた構成に収まっ…