見出し画像

■noteで有料コンテンツを売るなら個人情報を全て開示する必要がある


http://anond.hatelabo.jp/20140415172145

を書いたと思われる人からnoteの事務局経由で個人情報をさらせというメールが届きました。


一部伏せ字にしておきます。


タイトル:[note] ユーザーからお問い合わせが来ています。​

note 事務局 

4月15日 (4 日前)


To 自分

送信者名
特定商取引法に基づく販売者情報の開示依頼

送信者Email
tatsuya■■■@gmail.com

本文
特定商取引法に基づき、販売事業者としての
 ・氏名
 ・住所
 ・電話番号
を、開示いただけますようお願いいたします。

【note(ノート)の使い方】
https://note.mu/help

---------------------------------------------------------------------
note(ノート)
http://note.mu

ご意見、ご要望は以下までお送りください。
support@note.mu

運営会社:株式会社ピースオブケイク
---------------------------------------------------------------------
Copyright(c) Piece of Cake, Inc. All Rights Reserved.


以上。


こんな感じで送られてきたので、noteの事務局から送られて来たのかなと思いましたが送り先がtatsuya■■■@gmail.comというあきらかに捨てアドだったので放置していました。(放置っていっても数時間です。突っ込まれたので書きますが。たぶん、6時間くらいで以下の反応です)

するとどうでしょう!!!

http://anond.hatelabo.jp/20140415172145


に、得意気に書いているではありませんか!(ビフォーアフター風に脳内で再生してください)


プロファイリングしてみましょう。

たつやくん

1980年生まれ。男性。現在34歳。東京には住んでいません。住んでいても23区ではないと思われます。両親健在同居してます。はてなダイアリーの黎明期にネットにはまりました。ネットの情報が一時情報だった青春時代を送り、とても楽しかった思い出があります。あまり家から出たりすることはありません。外は退屈ですからね。日がな一日、インターネットを眺めているうちに夜は更けます。2ちゃんねるに立てたスレがまとめサイトに載るとちょっとうれしい気持ちになります。自分の部屋は落ち着きます。魚肉ソーセージが好きです。

いつものようにインターネットサーフィンをしていると、noteという新しいサービスが話題になっていることに気がつきました。調べてみると自分がネットをよくやっていたとき、いろいろ文章を無料で書いていた人たちがこのサービスをはじめ100円玉を投げ合っているではありませんか。しかも、無料でブログを書いているときよりも、もっと親密そうに。

ためしに、自分もnoteに登録してウォッチしてみました。うきうきです。おもしろい文章をアップし、100円に設定しました。しめしめ、きっと誰かがクリックするぞ。たつやくんはそう思いました。けれど、いつまでたっても誰もたつやくんに100円を投げつけてはくれませんでした。

なんだ、けっきょく有名人が有名になって得するだけのサービスか。クリエータ様は作品を生む機械だからな。内輪受けで気持ち悪い。これがいわゆるダサイクルってやつだな。

たつやくんはけらましい、という懐かしい感情を思い出しました。そして、こんなサービスきっとセキュリティホールだらけだ!水をさしてやれ!冷や水浴びせたれ!という気持ちになったのは当然のことでしょう。

たつやくんはほんとうはいい子です。お母さん子だったもんね。

セキュリティホールはつぶしておいたほうが健全な運営はできるので、こういう指摘をしたことはとてもいいことです。たつやくんは結果的にいいことをしましたが、悪いこともしました。もらった個人情報をさらすぞというようにもとれる脅しっぽい書き方はやめましょう。他の方がどのような内容をたつやくんに知らせたのかわかりませんが、一人暮らしの女性が自分の住所を知らない第三者に知られていることはとても怖いことです。

悪いことをしたのです。


悔い改めよ!!!



まあ、わたしは送らなかったのでどうでもいいですが。




あと、note運営は偉いです。すぐに規約が変わりましたから。

https://note.mu/info/n/n03bb7c61251d

おかげで、noteの運営の意気込みを知ることができました。はてなはユーザー間のもめ事の際、何にもしてくれなかったので、嫌いです。インターフェースも古くてダサイし。わたしはこれからはこっちを更新していこうと思います!!!note最高っ!ひゃっほー!!!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33
前衛家・文筆家・即興演奏家。超高音ハウリング・ヴォイスの第一人者。2003年アルスエレクトロニカ・デジタル・ミュージック部門ゴールデンニカ受賞。仕事の依頼はお気軽に!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。