note用4

『am』vol.3┊おんなのこのカラコン事情

「大きな黒目はときめいた証拠」

きまぐれ季刊誌「am」とは・・・
現代のおんなのこの「可愛いへ執着する心理」を紐解き考えるペーパー誌。
 |紙媒体でのご購入は こちら ( 通販価格 ¥100 ・オンライン未掲載のイラスト付・A3サイズ・新聞風なレトロ印刷)

ー 今回はあんころもちこ先生と「おんなのこのカラコン事情」について考えたいと思います。インタビュワーは助手が務めます。

どうぞよろしくです〜。

突然ですが!助手は『裸眼メイク』という言葉を知ってますか?

ー 『裸眼メイク』…?人類みなうまれつき裸眼なのに。

裸眼メイクとは、「裸眼でもカラコンを入れてるみたいに黒目が大きく見えるメイクのこと」です。

そんなヘンテコな言葉が生まれるほど、おんなのこ界隈ではカラコンが普及して、裸眼で外出する自信のない子が増えたということです。

ー カラコン依存症ですか。そう言われてみれば、僕の知り合いも、カラコンが手放せないおんなのこ多いかもです。

私も仲の良いおんな友達の6割がカラコン経験者です。

では、「裸眼で外出するのが怖くなる」リスクや、眼球への負担を覚悟してまでなぜカラコンをするのでしょうか。

ー おしゃれだから?ファッションとかお化粧感覚?ん〜…

それもあるかもです。瞳のカラーを変えるファッション感覚で使うおんなのこもいます。でもそれは昔からある戦法。近年カラコンが流行っている一番の理由はコレでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「黒目が大きいと可愛いから」

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが「カラーコンタクトレンズに関する意識調査」の結果をもとに打ち出した瞳の黄金比率は「1:2:1」

ー たしかに黒目がちなおんなのこは可愛い!でもどうして黒目が大きいと可愛くみえるのでしょう。

それは、黒目が大きいと、ときめいているようにみえるからだとされています。

人間は好きなものを見ると、瞳孔が開いて黒目が大きくなります。つまり大きな黒目は興味があるメッセージなんです。

ー なるほど。人は無意識に瞳の大きさで相手の気持ちを読み取っているのかもしれませんね。

そう思います。たまに、カラコンのおんなのこの瞳に違和感を感じることはありませんか?

ー あります…。ナチュラルなカラコンでも、なんとなく目が笑ってないように見える時が…。

それは、黒目の動きがカラコンで遮られて無表情に見えてしまうのかもしれません。やっぱり人は無意識に瞳から感情を読み取っているのかなと思います。

カラコンの弱点は、自撮りや鏡ではどんなに自然に可愛く見えても、対人ではどうしても不自然になってしまうコト。

それでも、自分と対話はできないので、その弱点にはなかなか気付かないし、カラコンしてると写真には可愛く映れるし、「黒目が大きい=可愛い」の法則から自信がもてる。それがカラコンが手放せないおんなのこの心境かなと思います。

ー さしずめカラコンはずっと可愛く見えるけど対人だと少し不自然で、裸眼はときめいた瞬間だけ可愛く見えて自然、って感じですね。

そうですね。つまり、どちらも一長一短!

カラコンは可愛いし、裸眼も可愛いってことです!なのでおんなのこはカラコン外すのをこわがることはないし、カラコンはダメなんて言う必要もないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

話を最初の『裸眼メイク』に戻しましょう。

繰り返し言いますがカラコンはダメではありません。

でもおんなのこは必ず、カラコンを外さなければならない時があります。就職活動やバイトのとき、目の病気になってしまったり…。

「裸眼でもカラコンを入れてるみたいに黒目が大きく見えるメイク」もいいですが、裸眼ならではの可愛いを楽しむのもいいかな、と思います。

カラコン取って外歩くのやだな〜ってなったら「裸眼のほうがときめいた時、相手に”ときめいたよ”って視線で伝えやすいんだ」って思ってみてほしいです。ときめいて瞳孔きゅるんってなるのは、かなり可愛いです。

「え?そんなの伝わるの?」と思うかもですが、微妙な黒目の動きが相手に気持ちを伝える効果は意外に大きいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

男性には、どっちのおんなのこにも可愛いところがあるのを理解して、受け入れてあげてほしいです。

ずっとおめめくりくりのカラコン可愛いし、ときめいた時だけきゅるんってなる裸眼も可愛いし、どっちもたのしんじゃえおんなのこ特権!いえ〜い!

ー わかりました!ありがとうございました!いえ〜い

あんころもちこ先生
HPTwitterInstagram

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16
可愛い研究所の所長。イラスト作家。元デザイナー。可愛くなりたいおんなのこへ向けて「可愛いとはなにか」を研究し、イラストを中心に発信。イラストのほかに、おんなのこ心理を調査する季刊誌『am』を自主発行。2016年10月より活動開始。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。