マガジンのカバー画像

アル開発室

【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリース背景、PR戦略などの考えや知見を、ほぼ…
けんすうの視点でわかりやすくまとめた記事が毎月20本ぐらい読めます。ビジネス書1冊ぐらいの金額で様…
¥980 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

自己肯定感が低い時に、認知の偏りから治していく

こんにちは! 今日はこんな質問が出たので答えたいと思います。 自己肯定感の低さが問題という話ですね。これ系の話はよく聞くので、ちょっと答えたいなと思います! 前提として基本的には僕も自己肯定感は低いです! なので、参考になるかはわからないですが、まず大前提として「自己肯定感を高くしよう」としても短期的にはあまり効果がないなーと思っています。 というのも、自己肯定感の高さ低さというのは、もともと持ってる性格や、そこから来る環境的な要因によって、長い間の積み重ねがある状

生成AIがあれば、家計簿ほぼつけなくてもいいのでは?という話

こんにちは! 今日ちょっとAIでやったことがすごくよかったので、共有したいなと思います! といっても、やることは簡単で「クレジットカードの履歴のCSVをダウンロードして」「それをAIに読ませる」というものです。 生成AIの初期の頃からやっている人はいたような気がしましたが、あまり僕はやっていなかったんですよね。なんとなく。でも「サブスク、無駄なものが多い気がするな?」と思ったのでやってみたらすごくよかったんです。 なのでやり方を共有します。 やり方やり方は簡単です、

未来にいきすぎたことをやると、早すぎて失敗するよね

こんにちは! 今日は「未来にいきすぎたことをやると、早すぎて失敗するよね」みたいな話を書きます! どういうこと?僕個人でいうと「技術とかビジネスにおいて、未来を予想するのはある程度派できる」と思っています。 もちろん、かなり制限がある中ですが・・・。インターネットが出た時に、以下のような未来予測はたくさんでました。 人々はインターネットで買い物するようになるだろう インターネットを経由して映画やテレビを見るようになる 多くの人が新聞や雑誌のようなものを作り、情報を

無職から年収400万円を目指すとしたらなにをする?

こんにちは! 今日はこんな質問が来たので答えたいと思います。 これ系の質問って意外と多いんですよね。でも答えるのが難しいなぁと思ってなかなか答えれてなかったんですけれども、、今回はちょっと頑張ってみようかなと思います。 前提まず前提として、基本的には「正社員をやったことない人は、社員を目指さない方が良い場合もあると言う事もある」は先に言っておきたいです。 もちろん、正社員を目指すことがダメと言ってるわけではありません。 例えば、新卒の人や年齢がまだ若い人は、正社員を

仕事における「スピード感」とは何か?

こんにちは! 質問に対して答えていくスタイルが割と読みやすいという話を聞いたので、今日も今日とて、マシュマロの質問に答えていきます! これは面白い質問ですね。早速答えていきたいと思います! スピード感とは何か?まず「スピード感」とは何かについて言語化する必要があるかもしれません。 先方が言った「スピード感」は、おそらく想定するプロセスの数が関係しているのではないかと思います。(面接を実際には見ていないので完全に想像になります)。 例えば、公務員などではプロセスが非常

「器の大きさ」と「人間性の分厚さ」って何よという話

こんにちは! 今日も今日とて、マシュマロの質問に答えたいと思います! 定義したことがなくて面白そうなのでやってみます! 器の大きさとは?まずは、器の大きさとは何か?と言うのはなかなか良い質問ですし、難しそうです。 実用日本語表現辞典によると、「 小さなことをいちいち気にしない人のこと。 多少のことで怒ったり悲しんだりしない人のこと。」らしいです。 何となく「そうだろうな」とは思ったんですが、ビジネスにおいてはもうちょっと文脈が入ってそうです。 器が大きいというのは

未来の自分を他人だと思わないようにできる方法

こんにちは! 今日も今日とて「マシュマロ」にきた質問に答えたいと思います。 答えます! まずは認知をちょっとずらしてみるまずは、一つづ「思い込みや認知がずれてそうなところを指摘する」みたいなのをやらせてください! 一つづついきたいと思うのですが、まず「35歳を超えると、人から指示を受けて働く立場というのは厳しくなる」は、別にそんなことないんじゃないかな、、と思います。というか、そういう人の方が圧倒的に多数だと思うんですよね。 社長とかにならない限り、誰かの指示を受け

40代はオリジナリティが大事じゃないか?という話

こんにちは! こんな質問が来ました! 気になる人も多そうなので答えます! 元々どう考えていたのか僕が元々どう考えていたのか、というと「20代は色々やる、30代は専門家になって、40代はオリジナリティで勝負する」みたいなやつです。 これは僕の発明じゃなくて、どこかの自己啓発本に書いてありました。 よければこちらの記事をお読みください。 んで、上記の記事を書いてた時には、多分まだ30代だったので、40第二なってどうだった?ということを答え合わせすると・・・。この方針は

「ハイパー起業ラジオ」というPodcastをやっています&利用をオープンにします

こんにちは! 実はこっそりとハイパー起業ラジオというPodcastをやっておりました。 https://open.spotify.com/show/1jqqag2PGUtWIHgQ2AU9zg ぜひ、登録、高評価など、よろしくお願いします!Podcastは本当に拡散されないので、聴いてくださる方の地道な口コミが大事なのです。 ハイパー起業ラジオは、プロデューサーとして、コテンラジオなどのパーソナリティを務めてらっしゃる樋口さんにお手伝いいただきながら、IT批評家の尾原

怒りは反応が欲しいけど優しさは反応がなくても大丈夫

こんにちは! 今日はちょっと適当なコラムです!ショートで書いてみました。 怒りと優しさの違いとあるPodcastに出てきたんですが、そこで出た話題として、自分で話してて「お、そうだな」と思ったのがあったのですが、、 それは「怒りは反応が欲しいよね」「でも優しさって反応がなくてもいいよね」ということです。

悩むコストは高いから、「これは本当に悩むべきか」には敏感になるべき

こんにちは! マシュマロでこんな質問が来ました。マシュマロに答えていくの、記事でやってみようと思っているので、よければ質問ください。 面白いですね。 カフェの探し方とかよりも「瑣末なことで悩んでしまうほうが解決するメリットが高そう」と勝手に判断したので、その軸でお答えします! はじめに質問に答えるとはいえ、まずは質問に答えると・・・。 やはり写真をたくさん見るのが一番参考になるので人並みですが、食べログ、Googleマップのレビューを見ます。そこで大体わかるので・・

情報商材を売るのってどう?

こんにちは! こんな質問が来ました。 情報商材に関してですね!こちら、一度記事を書いたことがあります。 上記の記事は、「情報商材がマッチする層はだいぶ狭いと思うけど、手っ取り早さを求める人が買っちゃうので、ミスマッチが凄い起こっている」ということが書かれています。 で、売るのはどうか?というと、シンプルで「価値がないものを売ってたら良くないし、価値があるならいいんじゃない?」くらいです。 ただし、数十万円する情報商材は、「価値がない、またはマッチしないと思った時にダ

転職活動でよく聞かれる「弊社に何が貢献できるの?」に対しての答え

こんにちは! こんな質問が来ました。簡単に言うと転職活動などの面接で「あなたはどのように、うちの会社に貢献できますか」と聞かれた時に、なんて答えるのがいいのか?と話です。 難しい問題ですが答えてみます! 結論基本路線としては、「段階をつくっておくこと」がいいと思っています。 その段階とは 「仕事において必要とされる分野」 と 「業界において、必ず必要とされる分野」 と 「個別の会社で必要とされそうな分野」 の3段階がおすすめです。つまりは 「仕事全体」→「業界全

ロールモデル見つからない問題を解決する2つの手法

こんにちは! マシュマロでこんな質問が来ました! 良い質問ですね!ありがとうございます! 答えていきます! 分割しろ!ロールモデルがいないよ、論というのはとても聞く話なんですが、これを解決する一番の方法は「分割」です。 例えば「仕事の時はこの人」「プライベートはこの人」みたいに分けてしまうというイメージです。 しかし、それで見つからない、という場合もあると思うんですね。その場合にはシンプルに「もっともっと細かくする」です。 ここでのルールは「自分の理想全部にロー