見出し画像

休むことの罪と罰と

この続きをみるには

この続き: 2,436文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
自己啓発書と「あの教科書」との意外な接点は? 女子大学がどんな女の子を育てようとしてるの? 健康にいい飲み物っていったいどうやって作るんだろう?など、雑多な内容でお届けします。

閲覧数が多かったり好きが多かったりした記事の詰め合わせマガジンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

昔のことや未来のことを考えるための、書籍代や、旅行費や、おいしい料理を食べたり、いろんなネタを探すための足代になります。何もお返しできませんが、ドッカンと支援くだされば幸いです。

冬のあいだになんとなく作った氷の角が丸くなりますように
27
ーすなわち。きらら短歌。

この記事が入っているマガジン

閲覧数が多かったマガジン2
閲覧数が多かったマガジン2
  • 7本
  • ¥500

閲覧数が多かったり好きが多かったりした記事の詰め合わせマガジンです。

コメント (1)
人の目を気にして休めないとボヤくのは、その仕事を支配できないでいる己のポンコツさが招いている事。仕事を支配する側に回るという事は即ち、その(付加価値たる)能力が発揮されているからである。そのためには個人的な努力や研鑽が必要であり、年がら年中遊ぶことに夢中な愚か者には不可能なことである。
 皆勤賞を貰うことも十分に褒章されるべき「努力」であるし、虐められぬようコミュニティに貢献しようとするのもまた「努力」である。
 本質的には『努力』を怠る人間に神は何も報いを与えることなどしない。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。