あく
新聞社で学んだ暢子…今週の『ちむどんどん』
見出し画像

新聞社で学んだ暢子…今週の『ちむどんどん』

あく

復帰前の沖縄で、4人兄妹の次女として生まれ育ち、復帰とともに、東京で働き始めるヒロイン・比嘉暢子(稲垣来泉さん→黒島結菜さん)が、やがて沖縄料理の店を開くことになる朝ドラ『ちむどんどん』の第8週「再会のマルゲリータ」。

暢子がイタリアンレストランで働き始め、1年半が経過した月曜日。淀川(本田博太郎さん)への接客で、不勉強ぶりが明らかになりクビを言い渡されますが、田良島(山中崇さん)の新聞社で雑用係をすることで、復帰のチャンスを与えられるといういきなり展開。

一方、沖縄では歌子(上白石萌歌さん)が歌手オーディションの夢を抱く中、良子(川口春奈さん)の妊娠が判明。教師を辞めて育児に専念することに。比嘉家の借金を考えたら、教師を続けて欲しかった。2馬力は強いよ。

暢子が新聞社で働き始めた火曜日。かつて沖縄に転校してきて、比嘉家と親交があった和彦(田中奏生さん→宮沢氷魚さん)も記者になっており、暢子と再会。さらに、偶然にも暢子の下宿先に引っ越してくることに。恋愛フラグ立ちました。

しかし、和彦の父親・史彦(戸次重幸さん)はすでに死去していて。本作で、数少ない真面なキャラクターだっただけに残念。和彦の彼女・大野愛(飯豊まりえさん)は、嫉妬キャラになるのかな。

和彦が新聞の人気企画「我が生涯最後の晩餐」にチャレンジすることになった水曜日。有名なイタリア人シェフ(パンツェッタ・ジローラモさん)に取材するも、肝心のことを訊き出せず、デスクの田良島(山中崇さん)激怒で追加取材することに。

一方、歌手オーディションが始まった歌子。暢子の田良島受け売りの言葉の励ましもあって、「翼をください」を見事に歌うも、審査員の表情カットがないと『あさイチ』朝ドラ受けの華丸さんコメント。

イタリア人シェフへの追加取材の条件として、昔の新聞投書欄を和彦や暢子らが徹夜で探した木曜日。歌子は最終予選で倒れ、失格。悔しさと胸の内を訴える。そんな時、良子が産気づき、無事女の子が誕生。三姉妹の物語だけだと、普通の朝ドラとして見られますね(笑)。

和彦が「我が生涯最後の晩餐」の記事を書き上げた金曜日(ほぼデスクの赤入り)。暢子もレストランに戻れることに。時が過ぎ、歌子も就職。相当給料がいいのか、いきなり家に電話を設置。賢秀はまた前借したまま、養豚場から姿を消し。来週予告も怪しい展開。賢秀の出番が多いと、炎上しがち。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あく
毎クールほぼ全ての地上波ドラマをチェックせずにはいられないドラマ好き。サブカルからハイカルチャーまで幅広い興味と、初級者程度の趣味が多数。ドラマ情報一覧も http://blog.livedoor.jp/aku1215/archives/46025858.html