見出し画像

『HiGH&LOW THE MOVIE』と間違って『HiGH&LOW THE RED RAIN』を見に行った話

いままで、エグザイル・グループさんとは関係のない人生を送ってきた。エグザイル・グループさんについて知るところは「歌って踊れるイケメンがいっぱいいる集団」というざっくりしたもので、普段の会話はおろか、TwitterやFacebookのタイムラインにもエグザイルさんの名前が出ることはほとんどなかった。

だがそれが覆されたのが、この夏の劇場版『HiGH&LOW THE MOVIE』だ。同じくエグザイルさんが出現しない世界線の向こうで生きてきたオタク女子や映画オタクの皆さんが、口々に『HiGH&LOW THE MOVIE』が面白いと言っているのである。

なんで今?「HiGH&LOW」(ハイロー)にオタ女子が大量流入してる!

一瞬でオタク女子の心を虜にする『HiGH&LOW』の魅力とは? オタク女子たちの熱すぎる2時間トーク

宇多丸、『HiGH&LOW THE MOVIE』を語る!(2016.9.17放送)

そしてやたらとタイムラインに出てくるこの画像..

なにこの車の乗り方?!おかしくない?!

こういう人たちがマッドマックスみたいにたくさん出てきて、口々に

なんでわかってくんないんすか琥珀さん!

とか、

MUGENは仲間を見捨てねえ

とか言っては喧嘩をしまくるという映画らしい...

あとこれ。すごい。

琥珀さんが誰なのかもわからないが、とりあえず、、

お、、、面白そうすぎる.....

と思ったのだけど、気がついたら既に『HiGH&LOW THE MOVIE』の上映は終了。続編の『HiGH&LOW THE RED RAIN』が公開しているということで、じゃあ続編を見てみようかなと思って行ってみたらすごい間違ってしまったというお話を今回はしようと思います...

私が行ったのはT・ジョイPRINCE品川でのレイトショー。売り場でチケットを買おうとすると、「こちら赤の席が既に埋まっている席です」とおねえさんがアナウンスしてくれた。のだが、全席真っ白である。

客が私しかいなかった

ヒルズの映画館に客3人とかは経験していたが、たったひとりは初めて。なんと私だけのために『HiGH&LOW THE RED RAIN』を上映してくれる..スマホ見放題、ツイートし放題。誰かに電話をかけようかとも思ったけどそれはやめておいた。

そして始まった本編!!!ドキドキ。もう「琥珀さん!なんでわかってくんないんすか!!」と叫ぶ準備は万端である。

これは家族を無残に殺された兄弟の復讐劇らしい。雨宮兄弟ことイケメン3兄弟はみんな喧嘩が強い。親を殺され天涯孤独の身となり、それでも強く生きていたが、突然兄がいなくなった。

真ん中が長男、左が次男、右が三男。

「拳は大事なものを守るために使え」と教えてくれた兄。それが、僕らが兄貴を見た最後だった...

場面は変わり、それから1年後。

「兄貴がいなくなってから1年か...こんなに探しているのにどこにもいない...」と嘆く次男と三男。1年って結構最近だな..

そして迎えた、殺された両親の命日。ドボドボとウイスキーを両親のお墓にかける次男と三男。ウ...ウイスキーを...?!亡くなった両親の墓の十字架に生でかける...?!和式の墓に水をかけるのと間違ってないか...?!

そして家族揃ってケーキを食べた、幸せな思い出に浸る兄弟。あの頃は幸せだった...今日ならきっと、兄に会える...そう思った次男と三男だったが、長男は来なかった。

そこにこつ然と、手ぶらの美女が現れる。町外れの墓に突然手ぶらの美女が現れた。レストランのトイレに行くのだってもうちょっと電話とか手に持ったりしてるだろうぐらいの身軽さだった。

美女は長男を探してここに来たのだという。そんで悪者に追われていので、ひとしきり拳で救ったところで、彼女はかつて長男と一緒に暮らしていたのだとわかった。だがその家に行ってみると、何者かによって部屋が物色され、荒らされていた。一体彼らはなんのトラブルに巻き込まれているのだろうか...

ここで美女が語る、長男のエピソード。長男の家に止むに止まれぬ事情で一緒に暮らすことになった美女は、「知らない男の人と暮らすなんていや!」と言う。そんな美女に長男は「じゃあ、ここからここがお前のスペースだ。俺は立ち入らない」と言うが、美女は「だってトイレはそっちにあるじゃない!」と反論する。すると長男が「それなら俺を壁と思え。」と言うのである。これはギャグなのかなと思ったのだが、その後、美女がギャングかなにかに襲われたときに、長男が守るために美女を抱きしめて「俺を壁と思え。」と言って、すごくしんみりした雰囲気になっていたので、これはギャグではなく名言だったのだとわかった。

この段階で既に上映開始から1時間ぐらい経っているのだが、画面ではイケメンたちが意味深なキメ顔をしたり、家族を殺されたりしている悲しい場面ばかりで、全然ヒャッハーも琥珀さんもMUGENは仲間を見捨てねえも出てこない。

さらに悪者が狙っている重要な情報が入っているUSBの暗号化を解くのにヤミの女ハッカーみたいなのが登場し、普通ならUSBの中に入っているファイルかなにかの暗号を解くのだと思うが、「このUSBをどうにかしてくれ」とか「こんなUSB手に負えないわよ!」という会話が繰り広げられて、これはUSBをどこかにはめ込むと扉が開くとかそういうことなのかな...みたいな感じで、もうついていけない...

そうか!!!!!『HiGH&LOW THE RED RAIN』は続編だけどマッドマックスじゃない!!スピンオフのファンムービーなんだ!その世界観を良く知っている人や、俳優さんのファンにとってはものすごく良いものだけど、ニワカがいきなり見ても、その深淵な世界を知らないのでついていくことが難しい。

ヒャッハーを見たいなら『HiGH&LOW THE MOVIE』を見なくちゃだめなんだ。と、やっとここで気がついた。

帰ろう...と席を立つ私。すみません、間違いました...ごめんなさい...

最後にずっと気になっていたのは、近未来感と無国籍感を出すために、柱とか壁とか机とかが光っているのだが、

テープLEDを貼っているだけなので、それが丸見えなうえに、

これがテープLED

喧嘩とかで机や壁が壊れると、貼ってあったテープLEDが剥がれてベローンとだらしなく垂れ下がるので近未来感がぶち壊しになっていたことでした。しつらえはちゃんとしよう!後処理の美しさが良い作品をつくる!

ということで、結局わたしは「琥珀さん」の顔もわからず、いまは『HiGH&LOW THE MOVIE』のソフト化を楽しみに、家で正座して待つ日々を過ごしています。

なんでわかってくんないんすか琥珀さん!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きです!!!!
18
ブロガー。伊達藩出身。比類なき「ゲーム帝国」で本名明かしの刑を受けた実績を持つ手負いの獣。メール: akikosaito1120 at gmail

こちらでもピックアップされています

映画とドラマの話
映画とドラマの話
  • 62本

見た映画やドラマの感想などの話

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。