見出し画像

どんな性でも、生き方が選べるといいな。~国際女性デー~

今日は「国際女性デー」ですね。

ジェンダーギャップ指数「153カ国中121位」とか
毎年ろくでもない数字が出るなか、
さらに過去最低を更新しちゃったのが
今の日本なんですけれども。

わりとね。「そんなに不便ないよね」みたいに思っちゃいがち。

共働きなのに妻が家事のほとんどをやっていて
夫はゴミ捨てだけ担当。

子どもが熱出したとき、
あわてて迎えに行くのは妻がほとんど。
(妻がどうしても行けない場合にのみ夫登場)

こういうのが普通の出来事すぎて、
もう不感症になっている気もするのです。

うちは共働きで、家計の割合は女>男なんですけど、
その事情を聞いた人の一定数が

「もっと旦那さんにがんばってもらえば?」
「あなたはいい人なんだね」
「よっぽど好きなんだ!」

みたいな反応をする。(もう慣れましたが)

でもシンプルに考えるとですよ。
家計が男>女の男性に対して
(数のうえでは多いはずですが)

「もっと奥さんにがんばってもらえば?」
「あなたはいい人なんだね」
「よっぽど好きなんだ!」

とは言わないはず。

「女性デー」という名前だけで
「女性の権利をー!」みたいに受け取って
拒否反応を起こす人も(男女共)いるように感じます。

でも「女性の権利」っていうと固いけど、
「会社が忙しいから、家事(育児)そんなにできない。
やる気はあるのに残念」(多くの場合夫)
みたいなケースがごろごろあり、

それを「文句言ってもしょうがない」「目の前のことをやらないと」
と飲みこむ(多くの場合妻)。
それでまわってる仕組みは、やっぱりなんか違う気がする。

専業主婦でも主夫でも、共働きでも、シングルでも、
同性パートナーでも、どういう形であれ
もっと「生き方を選択できる」ようにできる
社会になればいいな、と思った国際女性デーでした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しい! よかったらこれからも時々読んでやってください!
4
フリーランスで執筆をしています。北海道出身。2018年秋、思い立って東京を離れて横須賀を拠点にしました。雑誌・書籍・ウェブ・広告分野のお仕事を中心に活動。家族は夫と雑種犬。https://www.take-root.jp/
コメント (2)
こんにちは。〜共働きなのに妻が家事のほとんどをやっていて
夫はゴミ捨てだけ担当。子どもが熱出したとき、
あわてて迎えに行くのは妻がほとんど。〜これ全部、育児時代の私に当てはまります。心から賛同致します!
〉ペパーミントシャワーさん
コメントありがとうございます。ゴミ捨ては一瞬で終わるし!とぜひ言いたいです(笑)。性別じゃなく人それぞれにフィットした役割分担ができるといいですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。