見出し画像

【稿本】気の作用とは何か?

気の作用には、血や津液を体内に循環させて、あらゆる生理活動を推進する「推動作用」、エネルギー代謝により人体を温めて体温を維持する「温煦(おんく)作用、病邪の侵入を阻止したり、侵入した病邪に抵抗してそれを排除する「防御作用」体内にあるべき血・津液・精が体外に漏れ出るのを防ぐとともに、内臓を定位置に保持する「固摂(こせつ)作用」、物質代謝や物質転化機能に相当する「気化作用」があります。(「幸井俊高「日経DI2020.11,PE013,ステップアップ漢方道場)

気の作用


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もし私のnoteがあなたのお役に立てたのであれば、これほど嬉しいことはありません。

士気凛然 勇気百倍ありがとうございます!
1
四国在住の薬剤師です。薬剤師としてどのような行動を起こせば現実社会がより良くなるのかを探求しています。アウトプットを意識した「稿本」を思いのまま綴っています。誤謬もあると思いますがご容赦ください。