エンケンの顔を考察した

わたしは遠藤憲一さんがだいすきです。わたしの人に対する「すき」は「描きたい」につながっていたりします。 これははじめて描いたエンケン。とにかく衝動で描いた感。…