見出し画像

〜ば、〜なら 【JLPT N4/N3】

<生徒からの質問>
TRYN3問題より

Q「急げば、次の電車に乗れますよ」「急ぐなら、次の電車に乗れますよ」 どちらが正しい?

TRYN3の教科書に出てくる問題
<答え> 急げば、次の電車に乗れますよ。

<TRYN3教科書の説明>
「〜なら、・・」は、「〜の場合は」と限定して、アドバイスをしたり申し出をしたりする時に使う。

という説明なので、生徒からは「次の電車に乗れますよ」はアドバイスではないか、「急ぐなら」が正解ではないかということだった。

確かに、アドバイスっぽい(この質問はほぼ来ると予想していたが)

Step 1.  まず、文型の機能面から整理して教えることにした。
アドバイスならN4文型「〜たほうがいい」、申し出(提案)ならN4文型「〜るといい」となる。

<生徒と一緒に作った例文>
・ 急ぐなら、タクシーで 行った方がいいですよ。(アドバイス) 
・ 急ぐなら、タクシーで 行くといいですよ。(提案)    

であるなら、「次の電車に乗れますよ」はアドバイスや申し出の形ではない。

Step 2.  「〜ば、〜」文型の意味

急げば(条件) → 乗れる(希望、望ましい) 
・薬を飲めば、病気は治ります。
・たくさん勉強すれば、日本語が上手になります。

・希望を実現するために必要な条件をいうときに使うことが多い。(TRYN4)
・後件(後ろの文)は判断を表す表現が多い。(レベルアップ日本語文法)判断:だ、です、だろう、と思う、はずだ、かもしれない etc. 

理解できているか確認するため、生徒に例文を作ってもらった。

・ たくさん話す練習をすれ、日本語がペラペラになります。
・ もっと漢字を勉強すれば、日本のマンガが読める。
・ 明日9時に電話すれ、ジョンさんと話せると思います。
・ 日本に行け、日本人の友達がたくさんできるはず。

💡 今回の対応Point    
文型の機能で頭を整理した
・アドバイス:〜たほうがいい/ないほうがいい
・提案:〜るといい

今回は、選択問題で限定的な「ば」「なら」の違いの質問だったので、これで生徒への説明を終わらせた。

「ば」と「たら」はどうなの?という突っ込んだ質問もくる可能性があるので、仮定表現「ば」「なら」「たら」「と」は、必ず説明できるように授業準備しておく必要がある。

<準備のための参考文献>
「日本語表現文型辞典」「日本語文法ハンドブック」「初級日本語文法と教え方のポイント」など。今回の生徒からの質問には「レベルアップ日本語文法」の解説が似たような例文も示されていて、個人的には一番参考になった。

<実際に教える際に使える教科書>
仮定表現文型の違いを整理して教えるには「初級日本語文法総まとめポイント20」「レベルアップ日本語文法」が練習問題もあって良い。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カナダトロントの日本語教室でカナダ人に日本語を教えています。 このNoteでは、授業で生徒から受けた質問に自分がどう答えたかをメモとして残していこうと思っています。