見出し画像

助詞 「で・に・へ」の違い 【JLPT N5】

自分の周りの日本語学習者に「日本語の何が難しいか」尋ねると、多くの学生が次の3つを挙げる。

1 助詞 
2 漢字 
3 敬語

助詞は、日本語が後置詞であるのに対して、英語では前置詞のため学生には厄介である。例えば、こんな感じ

名詞+助詞 → 学校で 勉強する⭕️ 助詞を名詞の後ろに置く(後置詞)
助詞+名詞 → で学校 勉強する❌ 
英語ではat school として、school の前に置く(前置詞)

この助詞の使い方で、日本語学習の初級者が最初に難しさを感じるのは《所の助詞》「で・に・へ」の違いである。

どのようにシンプルにわかりやすく学生に教えるか。その答えは、言葉で説明するよりも下の絵のようにイメージを使うといい。

スクリーンショット 2020-07-24 午後2.16.01

1 動きがない→存在「に」
  例:Aさんは学校います。日本に住んでいます。

2 動きがある→場所「で」
  例:Aさんは学校勉強しています。踊っています。

3 移動する→方向「へ」 
  例:Aさんは学校行きます。日本へ帰ります。

<留意>
・到着点「に」、方向「へ」のどちらを用いるかは使用教科書による
・例文は生徒の学習段階に応じて変える必要あり

要するに、「どの助詞を選ぶかは文末の動詞で決まることをイメージで教えるのが大切だ。

このイメージを意識するようになったのは、自分の英語学習経験によるものでもある。例えば、「バスに乗っている」は英語で何というか。 I'm on the bus / I'm in the bus どちらが正しいか?前置詞の選び方にいつも戸惑っていたが、次のようなイメージですぐに理解できて迷わなくなった。

乗り物の中で移動できる、動き回れる →  ON(飛行機、電車など)
乗り物の中で移動できない、中にいる     →  IN (乗用車、タクシーなど)

つまり、 I'm on the bus が正解となる。
文脈で変わる可能性もあるが、基本はこういった違いで説明できる。

このような自身の経験からも、日本語学習者にも「語の持つイメージ」を意識して教えるようにしている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カナダトロントの日本語教室でカナダ人に日本語を教えています。 このNoteでは、授業で生徒から受けた質問に自分がどう答えたかをメモとして残していこうと思っています。