産総研デザインスクール

産業技術総合研究所が運営する「産総研デザインスクール」の公式note。これからの社会で…

産総研デザインスクール

産業技術総合研究所が運営する「産総研デザインスクール」の公式note。これからの社会でほんとうに必要とされること(共通善)を探究、技術の社会実装をリードする共創リーダーを育むための教育プログラムです。HP:https://unit.aist.go.jp/innhr/aistds/

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

研究の社会実装を加速する「デザインの力」 〜 研究者とデザイナーの共創が生み出す、持続可能な未来

産総研デザインスクールシンポジウム2024 研究の社会実装を加速する「デザインの力」 〜 研究者とデザイナーの共創が生み出す、持続可能な未来 〜  国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)が主催する「産総研デザインスクール」では、研究成果の社会実装を加速するための手法を学びます。本シンポジウムでは、その実践例として、産総研の研究者とグローバルに活躍するデザイナーによる意欲的なプロジェクトをご紹介します。  持続可能な社会の実現に寄与する素材を開発した産総研の浦田

    • 2024年度カリキュラム

      2024年度カリキュラムを紹介致します。 9月に欧州視察演習(10日間程)の実施を予定しています。欧州視察演習は希望者による任意参加としますが、共創型リーダーの育成にあたり非常に重要な位置づけであるため、参加を強く推奨致します。参加にあたり渡航費用、宿泊費、食費、現地交通費などは、受講費とは別に各社負担となります。ただし、新型感染症や国際紛争等により中止となることもあります。 毎週金曜日 10:00〜17:00(講義内容によって変動します) 目的開発とリーダーシップ開発

      • 「母校から母港へ」地域の創造性を引きだし新たな社会実現に向かう i-GARAGE HUB発起人に聞く

        福井県の地域企業と学生、自治体、産業支援機関の職員が協働し、デザイン思考による実践的な地域イノベーションを共創するi-GARAGE HUB。 発起人となった福井大学 産学官連携本部長の米沢晋さん、客員教員として本プロジェクトを支える勝木一雄さんに、プロジェクトの狙いや地域における大学の役割をお聞きしました。 既存の思考を脱ぎ捨て、文化を創出する地域産業づくりを目指す ーー まず、i-GARAGE HUBを立ち上げたきっかけを教えてください。 米沢: 産学官連携本部長に

        • 江渡浩一郎講師からメッセージをいただきました!

           皆様、是非シェアしてください!

        • 固定された記事

        研究の社会実装を加速する「デザインの力」 〜 研究者とデザイナーの共創が生み出す、持続可能な未来

        マガジン

        • 公開シンポジウム
          8本
        • デザイン研究
          4本
        • AISTDSアンバサダー
          9本

        記事

          総探の授業を共創デザインする

          みなさん、こんにちは。 産総研デザインスクール事務局長・最高学習責任者の小島です。 みなさんは、小中高の総合的な学習(探究)の授業(以下、総探)をご存じですか? 今回は、高校の総探をデザインしてみたよって話しです。 総探とはまずは、文部科学省のホームページを見てみましょう。 Googleで「総合探究 事例」で検索すると事例が色々出てきます。 各学校で工夫がされているようです。 私のWill(行動意志)前回、Willに関しては紹介しました。 さて、私の社会課題意識は「1

          総探の授業を共創デザインする

          経営者として培った方法論や自負を一旦脇に置いて考えてみる(後編)

          写真右が産総研デザインスクール校長 小島一浩 左は株式会社ディープビジョン研究所代表取締役 江上隆夫さん いま経営者に必要なのは、成功バイアスを壊すバイアスブレイク江上さん:小島さんから事前にいただいた最後の質問の「経営を目指している人達に向けたアドバイス」ですが、基本的に経営者は成功体験により、強烈に自分の中の方法ができてしまっていて、これはいい、あれはいいという、ものすごいバイアスになっています。僕のクリエイティブディレクターの仕事も、ある種の成功体験であり強烈なバイア

          経営者として培った方法論や自負を一旦脇に置いて考えてみる(後編)

          経営者として培った方法論や自負を一旦脇に置いて考えてみる(前編)

          写真左は産総研デザインスクール校長 小島一浩 右が株式会社ディープビジョン研究所 代表取締役 江上隆夫さん 産総研デザインスクールは、オンラインの最高峰かもしれない小島一浩(以下、小島):今回は卒業生が当時仕事とどうやって両立してきたか、卒業後どのように活かしているかなど、これから受講を考えている方にイメージをしてもらいたく、江上さんには経営者の視点でお聞きしたいと思っています。 江上隆夫さん(以下、江上さん):僕、ちょっと特殊かもしれないです。 小島:はい。みんな会社員

          経営者として培った方法論や自負を一旦脇に置いて考えてみる(前編)

          デザイン思考に必要なマインドセット - Will(行動意志)

          みなさん、こんにちは。 産総研デザインスクール事務局長・最高学習責任者の小島です。 「あなたが死ぬまでにやり遂げたいことは何ですか?」と問われたら、どのように答えますか? マインドセットって何?KESIKI Inc.のnoteで、さよなら、さよなら、デザイン思考 と述べています。 みなさん、マインドセットって何でしょうか。 後輩から「○○さん、マインドセットってなんですか?」と質問されたとき、どのように答えますか? マインドセットとは、各個人がこれまでの学習や経験に

          デザイン思考に必要なマインドセット - Will(行動意志)

          説明会(4,5月)開催のお知らせ

          ■こんな方にあっています 企業等の研究・開発に携わり成果を社会に送り届けたい人 新規事業開発を模索している人 チームメンバーの強みを活かしたチーム形成をしたい人 自分は「何者であるのか」「何を成し遂げたいのか」を見極め、実際に実行したい人 ■説明会の内容 産業技術総合研究所(以下、産総研)および企業の研究者・技術者、新規事業探索担当の方、自治体などの公的機関の方々を対象に、第7期生となる2024年度募集に向けた説明会(オンライン)を開催します。 説明会といっても

          説明会(4,5月)開催のお知らせ

          産総研デザインスクールの学びを社内へ広めたい。修了生が社内研修を立ち上げた理由

          パナソニック株式会社様:産総研デザインスクール1期生・大江純平さんと嶋田康章さん 産総研デザインスクールで、体験して学ぶ面白さに気づいた小島:お二人は上司の推薦があって産総研デザインスクールに参加されたと伺いました。産総研デザインスクールに参加した時の印象はどうでしたか? 大江さん:産総研デザインスクールでは全体的に話しやすい雰囲気でした。授業の冒頭にアイスブレイク* をする文化も産総研デザインスクールで初めて経験し、とても新鮮だったことを覚えています。 今まで自分が受

          産総研デザインスクールの学びを社内へ広めたい。修了生が社内研修を立ち上げた理由

          共創をデザインするスキルを学び、研究の枠を超え活躍していきたいー日産自動車総合研究所様インタビュー(後編)

          ▼前編の記事 社内のさまざまな場面で活かされる産総研デザインスクールの「学び」小島:前半では産総研デザインスクール受講中のお話を聞いてきました。後半では、産総研デザインスクール修了後のお話も伺えればと思います。みなさんは産総研デザインスクールでの学びをどのように会社で活かしていますか? 竹本さん:私は前半でもお話したように、アートシンキングやプロトタイピングの手法を社内チームで取り入れています。 また海外出向しているとき、とあるコンソーシアムに参加しました。コンソーシア

          共創をデザインするスキルを学び、研究の枠を超え活躍していきたいー日産自動車総合研究所様インタビュー(後編)

          産総研デザインスクールで、研究を社会へつなげるアプローチを学ぶー日産自動車総合研究所様インタビュー(前編)

          日産自動車株式会社 総合研究所様:産総研デザインスクール2期生(2019年度)・竹本圭佑さん、4期生(2021年度)・岩崎裕一さん、5期生(2022年度)・前橋亮太さん、6期生(2023年度)・ゴンゴラ フロレス ダニエルさん、EVシステム研究所・上條元久さん、研究企画部・三浦宏明さん 産総研デザインスクールに求めたのは、研究の先にアプローチする力小島:最初に、みなさんが産総研デザインスクールへ参加しようと思った理由を伺えますか? 竹本さん:私は普段EV関連の研究に取り組

          産総研デザインスクールで、研究を社会へつなげるアプローチを学ぶー日産自動車総合研究所様インタビュー(前編)

          受講費補助を受ける方法

          前回記事でご紹介したように、産総研デザインスクールでは、事業主様は厚生労働省「人材開発支援助成金(人への投資促進コース)」に申請することで、受講費の一部を政府から補助を受けることができます。今回は、助成金の種類と申請方法に関してご紹介します。 助成金の種類 厚生労働省「人材開発支援助成金(人への投資促進コース)」には 高度デジタル人材訓練 自発的職業能力開発訓練 の2種類があります。 2つの大きな違いは、1.高度デジタル人材訓練では賃金助成も用意されていますが、申請

          受講費補助を受ける方法

          未来を探索するノウハウと共創するスキルを活かし、新規事業開発を一歩前へ

          DIC株式会社様:産総研デザインスクール4期生・上村憲一郎さん、6期生・山下太輔さん、新事業統括事業企画部・伊勢恵子さん 新規事業創出のヒントを求めて、産総研デザインスクールへ小島一浩(以下、小島):早速ですが、お二人が産総研デザインスクールへ参加した理由を教えていただけますか? 上村憲一郎さん(以下、上村さん):私は新規事業を創るノウハウを体系的に学びたいと思ったことがきっかけです。私は元々営業職として働いていて、新規事業開発に取り組み始めたのは現在の部署に異動してから

          未来を探索するノウハウと共創するスキルを活かし、新規事業開発を一歩前へ

          経済産業省「Reスキル講座」に認定されました

          この度、産総研デザインスクールは経済産業省「第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)に認定されました。 第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)とは Reスキル講座では、AIやデータサイエンス以外に、デザイン思考やアジャイル開発、DX推進のためのビジネスアーキテクトやデザイナーといったいわゆる上流工程人材の育成に関しても認定をしています。産総研デザインスクールは、デザイン思考、ビジネスアーキテクトの分野で、2024年2月に認定を受けました。 Reスキル講座受

          経済産業省「Reスキル講座」に認定されました

          「イノベーション対話を通じて、地域産業を発信するサウナブランドを開発したい」福井大学と松文産業の挑戦(i-GARAGE HUB)

          繊維王国と名高い福井県。その歴史は西暦2、3世紀ごろに遡るとも言われ、長い歴史の中で技術革新を繰り返しながら、日本の繊維産業を牽引する存在として時代の先を歩み続けてきました。 そんな福井県では、地元・福井大学と産総研デザインスクールがタッグを組み、地域企業とイノベーション対話を重ねながら事業開発に貢献していこうというプロジェクトがあります。それが、「i-GARAGE HUB」です。 i-GARAGE HUBの活動や魅力に迫るため、このプロジェクトで活動する福井大学・大学院

          「イノベーション対話を通じて、地域産業を発信するサウナブランドを開発したい」福井大学と松文産業の挑戦(i-GARAGE HUB)