愛とは、死とは。
見出し画像

愛とは、死とは。

昨日は友人の舞台を観てきました。

愛とは、死とは、
を考えながら観ていた。

それぞれ生きてきたかたちが違うように
それぞれ愛のかたちも違う。

突然ですが私は、この世の生き物の中で
人間はとても愚かだと思っている。
(もちろん自分も含む。)

でも、何が起きたとしても
人が人を想う気持ちに変わりはなく
それは無限で素晴らしいものだとも思っている。
そしてそこには必ず、愛がある。

その人が生きてきた過程で
どうやってその愛を積んできたのか、
結んできたのか、紡いできたのか、

死に直面した時に分かるものなのか…
自分はどうだろう…

そんなことを考えながら。

楽しかったあの頃
あたたかかったあの場所
心地よかった空気

私は悲しい場面よりも、
そんな懐かしさがあふれる
ほっこりするシーンで涙がぽろぽろ。

とにかく素敵な物語でございました。

そして
岩永ゆい、
めちゃくちゃ綺麗だった。

ありがとう♡


舞台「春の終わりに」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
本間愛花(Aika Honma) 1988.4.24生まれ シンガーソングライター、女優 釣り、アウトドア、海、猫が好き